Safari 3.1 で、Windows用も正式版に

 アップル、Safari 3.1をリリース (2008.03.18 アップルジャパン)

2008年3月18日、アップルは本日、Mac®とWindows PCのための世界最速のウェブブラウザ、Safari™ 3.1を発表しました。SafariはウェブページをIE7と比べて1.9倍、Firefox 2と比べて1.7倍速く読み込みます。

 お、遂にWindows用も正式版になったんだね。

 決して高機能ではないけれども、すごく使いやすいという、アップルらしいエレガントなWebブラウザ。Windowsユーザも、使ってみる価値はありますぜ。

 こちら http://www.apple.com/jp/safari/ から無料でダウンロードできる。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/11000/trackback

4 thoughts on “Safari 3.1 で、Windows用も正式版に

  1.  Mac版は先攻して出てたんですね。びといんさんの記事を見るまで3.1が出てること知りませんでした。(^^;
     表示速度の速さは、気にして無いせいか実感があまりないんですよね。びといんさんは実感してます?

  2. ka2-yukiさん江
     ん? ソフトウェアアップデートでSafariアップデータの連絡も来ると思いますが?
     Mac版先行ってのは、約半年前のLeopard発売の時点でSafari3正式版がリリースされたって意味で、ka2-yukiさんは、たぶん無意識のうちに最初からSafari3使っているのではないかと(笑)。
     速さについては、画像の表示なんかは以前からFirefoxに比べてSafariの方が目に見えて速いのが解ります。IEは論外です(笑)。
     ただ、Safariは良くも悪くも、基本的には標準制定されたHTMLやJavaScriptを通すだけなので、表示が乱れるサイトも散見されます(特定ブラウザの機能に依存した作りのサイトなど)。

  3. すみません、自分のコメント読みなおしたら、自分でもよくわからんこと書いてるなと思っちゃいました。

     サファリの3.0を先日まで使っててびといんさんの記事をみて3.1にアップデートしました。自動アップデートも来てますが、サファリは自動アップデートがくるより前にびといんさんの記事の方が早かったです。
     Mac版先攻に関しては、なんか勘違いしてた模様…すみません。
     表示速度はIEは論外ですか。(^^; うちとこは、気にしてない他に通信速度が500bps出てないこともあるし断線が多いのでそれも原因なんでしょうね。

  4. ka2-yukiさん江
     あぁ、うちもAirMacExpressの前の無線環境は11Mで、実質1Mくらいしか出てなかったりで、宅内配線環境がボトルネックになってて、どんなブラウザでもあまり速度の差は感じなかったです。
     現在は実質20M前後は出ますので、ブラウザの速度差は、極端な違いなら分かりますよ。Boot CampでWinXP起動した状態ですけど、IE7とSafari3では後者の方がかなり速いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください