伝説のムック「GUNDAM CENTURY」の完全復刻版が再版


 1981年に発行された伝説の超名著「宇宙翔ける戦士達 GUNDAM CENTURY」の完全復刻版(2000年発行)が昨年12月に再版されたというのをつい先日知った。しかも2000円+消費税の特別価格だというので、脊髄反射でポチった(笑)。
 2000円って言ったら、復刻当初の半額(実際、届いた本のカバーには4000円+税」と書かれているので、いつまでこの特別価格なのか分からない)で、81年当時の価格1800円とほとんど変わらない。
 初版ももちろん持っているが、当時何度も読み返したのでボロボロだったため、2000年の復刻の時も欲しかったのだが、ネット通販も盛んではなかったし(ウィキペディアによると、Amazonの日本版が登場したのが2000年らしい)、近所の書店では数部しか入荷せずあっという間に売切れてしまった。
 今回の再版では、カバーもオリジナルと同じというのも嬉しい。

 この本の凄いところは、アニメ本編の画像(いわゆる公式?)は一切使われず、主要スタッフのエッセイの二十数ページ(モノクロ)にキャラの設定画が少し載っているだけで、あとは膨大なオリジナルイラストにより、独自解釈の詳細な設定を記述されているという点。
 もちろん非公式だが、まるで本物のの兵器、歴史の解説書のような緻密さで、夢中で何度も読み返したものだ。

 本文の活字が現代風の書体になっている気がして(それでも復刻から既に19年経過しているのだが)、初版と見比べたら、やはり違う。
 が、奥付を見て納得。元の出版社が解散している等によりオリジナルの製版原版が処分されているため、本文は全て打ち直ししたそうだ。また、図版も極力原板を探したが、みつからなかった物は原本から複写したと。なるほど。
 確かに色味の違うカラーイラストもあるが、特に違和感もなく、文字も読みやすくなっている。
 これなら正規価格は4000円というのは理解できる。

 この復刻版は死ぬまで大切に読もう。


iMacでもMacBookのようにキーボードの手前にトラックパッドを置きたい。


 昨年夏、仕事場のメインのパソコンを、MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)から、iMac (Retina5K, 27-inch, 2017)に更新した。
 長年Macを使っているが、公私含めてもデスクトップ型を購入したのは20年ぶりくらいかな。

 iMacの梅モデル(笑)をCTO(購入時の純正カスタマイズ)でストレージを2TB Fusionドライブに、入力デバイスをトラックパッドに、キーボードをテンキー付USに、それぞれ変更。メモリは純正はクソ高いので、別のところで16GB 2枚セットを購入し、元の8GBと合わせて40GBに。それでも、素のMacBook Pro 15-inchより安かった。
 単純には比較できないけれど、やはりラップトップ機は割高だなぁと改めて思ったわ。

 それはさておき。
 承知して購入したとはいえ、テンキー付Magic Keyboardは横幅が予想以上で「長っ!」と言ってしまった。
 CADを扱うためマウスも必須なので、キーボード、トラックパッド、それにマウスをも横に並べると遠くて使いづらく、右手首の横移動が多くなり腱鞘炎にもなりかねない。
 また、MacBook風にマジトラをキーボードの手前に置きたい。
 でも、純正のキーボードもトラックパッドも、断面は手前が薄い同じ楔形になっていて、もちろん横に並べるとピッタリと合うのだが、手前に並べると段差ができてかなりの違和感。スペースキーが押しにくいこと山のごとし。

 同じ事を思う人は多いらしく、いくつか自作記事を拝見したし、これを解消するようなキーボード台も売っている(売っていた)ようだが、テンキー付のは見つからなかった。
 工作は好きだが、アクリル板の加工や接着はちょっと大変そうなので、自作はしたくない。
 これまでは段差解消にキーボードの下にダンボール紙を敷いていたが、少し沈むし、切断面がほつれてゴミがでるし、なにより見栄えが良くなかった(笑)。
 で、最近、キーボードと同サイズ(110mm×420mm)の6mm厚アクリル板に変えた。

 すべり止めに、百円ショップで購入したゴム足を底面に貼る。快適。

 段差6.5mmに対して板6+ゴム足2.5=8.5と、キーボードが2mm高くなったが、問題なし。
 元々が薄いkeyboardなので、5mmが12mmになっても違和感はない。

 ちなみに、今回はアマゾンのこちらで注文。
 中国からの出荷で10日くらいかかるのと、注文前にメールやり取りでサイズ指定するのがちょっと手間だけど、カット精度はピッタリで近所のホームセンターより安かった。
 注文前のサイズ指定メールのやりとりは、ちゃんと理解できる日本語で丁寧に対応していただけた。
 もっと早くこうすれば良かった。


AutoCAD or Mac 待望の日本語版!

AutoCAD 2019 for Mac 日本語版リリース – Technology Perspective from Japan」という記事。

AutoCAD 2019 for Mac、AutoCAD LT 2019 for Mac のリリースにともない、両製品の日本語版がリリースされました。米国では AutoCAD 2011 から Mac 版が AutoCAD for Mac の名で販売されていましたが、今回のリリースまで日本語化は見送られていました。近年になって Mac 自体が一定の支持を集めていることもあり、以前、コンソール バージョンの AutoCAD でご紹介したマルチプラットフォーム化の改修を経て、今回のリリースとなっています。

 仕事で、今年からボチボチAutoCAD LTを(勉強しつつ)使っているんだけれど、Windows版。
 サブスクリプションでMac版もインストールでき併用可能(複数の同時起動は不可)とはいえ、UIが英語なので馴染めなかった。
 Mac版は、R12以来の日本語版なので、20年ぶりくらいだ。
 今後は、もっと活用できそうで嬉しい。


スカパー!基本プラン

 スカパー!から、新しい料金プランの案内が届いた。
 これまでの「基本パック」「新基本パック」から、「基本プラン」に変わるという。ちょっと紛らわしいが(笑)。
 例のごとく、今後の新規契約は基本プランになるが、従来の基本パック、新基本パック契約者は申請しなければそのまま継続はできる。
 だが。
 新しい基本プランは、これまでの新基本パックより200円高くはなるものの、視聴機器が3台まで追加料金なし。
 うちは今まで新基本パックで2台契約(2台目は基本料金無料、パック料金は半額)していたので、これはもう基本プランに契約変更するしかないだろう。
 さらに、これまではオプションだった東映チャンネルも込みになったのは嬉しい。我慢していた番組も観ることができる。
 いまひとつ活用しきれていないWiFiテレビチューナー SB-TV03-WFRC を3台目登録する。これで、iPad や iPhoneでもCSが観られるようになる。


macOS Mojaveでマウスフリフリ再び

 主に、Parallels 環境下のWindowsで「マウスの中央ボタンクリック」を再現したくてMagic MouseやMagic Trackpad、及びMacBook内蔵のトラックパッドにオリジナルのジェスチャを追加できるツール MagicPrefs をずっと愛用している。
 しかしEl Capitan で採用された「マウスポインタをシェイクして見つける」機能(以下「マウスフリフリ」)と当たっているようで、Magic Mouseをオンにするとマウスフリフリが機能しないでいた。
 老眼でMacBook 12-inch nのRetinaディスプレイを見る時に、マウスフリフリがあると至極便利なのだ。
 MagicPrefsはしばらくアップデートされておらず(機能をパクられたりして、作者が開発のやる気をなくしたようだ)、以後のAppleの標準ライブラリに適応していないとか。
 そういう専門的な話は理解できないが、ともかく便利に使っていたので少々困る。代替になりそうなトラックパッド/マウスのカスタマイズツールをいくつか試したが、どうもしっくりこない。
 しかたなく、(Parallelsで)Windowsを使う時にはマウスフリフリを諦めるという消極的な妥協方法を実行していた。
 が! この度、MacBook 12-inchのmacOSをHigh Sierra から最新のMojaveにアップデートしたら、なんだかMagicPrefsとマウスフリフリが正常に共存できているのだ!
 仕事用のMacはあまり急いで最新OSにしたくはないのだが、これのためだけにMojaveにしてしまった。
 いやぁ、やはり便利だよ、ないと困るよ、 MagicPrefs!


落語協会 謝楽祭2018


 先の9月9日(日曜日)に湯島天満宮(湯島天神)で開催された、落語協会のファン感謝イベント「謝楽祭」に、嫁さんを誘っていってきた。これまでも気にはなっていたけれど仕事で予定が合わず、この第四回にて初見。

 着いて真っ先に、福扇を買うための列に並ぶ。9時50分に着いたが、すでに500人目くらい。先頭の人が6時半から並んでいたそうだ。
 今年の福扇のデザインは、大好きな柳家小三治師匠の書ということもあり、なんとしても入手したかった。
 並ぶこと1時間で無事購入。

 福扇に付いていた福引(空クジなし)は、鏡味仙三郎さんの直筆サインミニ色紙。
 福扇と一緒に、謝楽祭手ぬぐいも購入。この日、家から手ぬぐいを持ってくるのを忘れてしまったので、まず早急に欲しかった。実用の意味で。

 福扇の次は、これまた大ファンの古今亭菊之丞師匠が出店するたこ焼きへ。さすがは大人気の噺家さん。ここでも行列。俺が並んだ時は20人目くらい。
 今年は菊之丞師匠は実行委員長ということで、店にいらっしゃらないかもしれないと思ったが。お会いできた(今年は自らはたこ焼きを焼かないけれど、とはおっしゃっていた)。お客さんひとりひとりのサインや写真に応じてくれて、丁寧なやりとりをしてくださる。
 俺も少しお話しでき、菊之丞師匠とツーショット写真も撮らせていただいた。


 菊之丞師匠の奥様(NHKアナウンサー藤井彩子さん)がソースをかけてくれるという贅沢な(笑)たこ焼き。美味しかった。

 他には(笑)、桂文楽師匠がペヤングを売っていたり、柳家喬太郎師匠とニアミスしたり、林家たい平師匠が笑点座布団のコスプレをして歩き回っていたりに遭遇。境内のいたるところに有名な噺家さんがうろうろしている光景はすごい。

 本日の戦利品。

 暑くて耐えきれず、昼過ぎ早々には退却してしまったが、とても楽しかった。
 来年も行こう。


遠近両用コンタクトレンズ、やっと慣れてきた

 遠近両用ハードコンタクトの使用を始めてちょうど3週間。途中で度数変更したのでちょっと時間がかかったが、やっとコレを装着しての“見方”に慣れた。
 メニフォーカルZという製品にしたのだが、これはレンズの中心部が遠く(近視)用、周辺部が近く(老視)用、その中間が移行部ということで、遠近両用眼鏡と同様、手元を見る時は視線を下に向けるようにする。
 とはいえ、遠近両用眼鏡のようにはうまく見えなかった。瞳より小さいレンズなんだから視線コントロールもシビアなんだろうね。
 それが、今日になったら急によく見えるようになったのよ。遠くも手元も。
 もしかしたら、意図的に視線をコントロールすることよりも、瞳孔や脳の方が慣れてきたのかも知れない。いわゆる「体に覚えさせた」ってやつ?(笑)
 いや、冗談ではなく、人体の補完能力ってすごいもんね。


Adobe CC の年間契約を更新。今年は半額以下で。

 2年前からAdobe CC コンプリートプランを年間払いで契約している。
 全てのAdobe製品が2台にインストールして使えるので確かに安いが、PhotoshopとAcrobat、たまにIllustratorを使う程度の極零細個人事業主としては、それで年間6万超は、やはり絶対的な価格としては高価だ。以前はPhotoshop Elementsを使っていたくらいだし(笑)
 と、更新時期である8月は毎年ちょっとだけ悩むわけだが、結局はコンクリートプランを更新している。仕事で使うので、あまり変な事(笑)もできないしね。

 さて、今年はどうしたものかと、一応またちょっとは考えてみた。で、結論からいうと、投稿タイトルの通りだが、今年は半額以下で契約たよ、という話。

続きを読む


こいつ、動くぞ! 怪我の功名で「command+クリック」の技を発見

 俺はMac使いである。家族も全員Mac。かれこれ四半世紀になるので、子供達が物心ついた頃にはすでに我が家はMac環境だった。

 某鴻池の猫兄の口癖の一つ「世界人類がMacでありますように」にも全く異存はないが、Windowsを使わざるを得ないことも少なくない。
 前職、給与生活者だった頃はもちろん、個人事務所を主宰する建築士である現在もそれは変わらず。
 現在は自分の裁量にもよるのでなんとかなる部分は何とかして、極力Windowsを使わずに済むようにはしている。
 しかし、前職の時から長年使い慣れたJw_cadや、お客様へ納品する品質を考えるとExcell、WordもWindows版が必須。

 仕事で使うWindowsは、Macの仮想化アプリケーションとして定評のある Parallels Desktop にWindows 7 と Windows 10 を入れた環境になっている。
 Jw_cadとMS Officeの為だけにWindowsパソコンを使うなんて御免なのだ(笑)

続きを読む


書棚を買い替えた


 仕事部屋でこれまで使っていた木製本棚が、書籍と建材カタログだけでも一杯になり、さらには(仕事部屋にする前の娘の部屋だった時から使っていた安い本棚だったので)棚板が湾曲してダボも緩みそうで危険な状態になっているので、さすがに買い替えた。
 評判の良いスチール製書棚。東洋事務器さんの「クールラック(大)」という製品。
 全てはめ込み式で工具不要。簡単。2台導入したのだが、1台目を20分、2台目を10分くらいの合計30分で組立て完了した。
 自重でささえる仕組みのようで、組み立てやすさとはうらはらに頑丈そう。耐荷重は各棚あたり15kg。
 見た目がシンプル——というかむしろ無骨——で、昔、小学校の図書室で見たような感じの、いかにも事務用什器という佇まい(笑)。でも、俺はこういうデザインはわりと好みだな。
 W800×D250×H1800。一応壁に固定するためのフックとワイヤーが付属しているが、それでは不安なので、天井突っ張り式の耐震棒を手配中で、届き次第設置する。
 この書棚、安くて使いやすく、満足。

簡単組立!クールラック(大)(15kg/段)(高さ180cm)(IVアイボリー)東洋事務器工業 [amazon]