MGザク[Ver.2.0]製作(6)

 MGザクVer2.0製作レポート。

MGザクver.2.0
 本体の組立てが完了。シールドと腕外装の表面ペーパーがけは未完。
 明日は、残りのペーパーがけと武器の組立てをやるか。

1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0 1/100 MG MS-06J 量産型ザク Ver.2.0

バンダイ 2007-04-29
売り上げランキング : 17
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10522/trackback

2 thoughts on “MGザク[Ver.2.0]製作(6)

  1. ぬぬぅ。
    そ、そろそろうちの箱入りキュベちゃんを組み立ててみようかしら。ドキドキ

    ガンプラ組み立ての基本がわかるようなサイトってどっかにあるんですかね?
    MGは何度も組み立ててるのにペーパーってどこにかけるの?なんて、きっと「根本的にガンプラをわかってない人」みたいな疑問がわくんですけど。切り離した時に出来る出っ張りをけずって取るとかじゃないですよね?

  2. うるめいちごさん江
     ペーパーがけですかぁ。切り離した後の出っ張り(ゲート跡といいます)や、パーツを組み合わせた時の段差にも、当然施しますよ。
     あと、それこそ、組立てた後に露出する外装全面に、800番〜1200番くらいのペーパーをかけます。
     そして水洗いすると、全体的にツヤ消しになって、プラスチック感が少なくなるんですよ。
     ペーパー掛けすれば、製品成型上どうしても発生してしまうパーツ表面の微妙な凹み(ヒケといいます)を均すこともできます。
     俺の場合、基本的に無塗装素組派ですけど、このちょっと気を使った表面ペーパー掛けでしのいでます(笑)。

     あー、でも、ガンプラの楽しみかたは人それぞれですから、パチ組みでも「作って楽しかった」「このMSは大好きなので、飾っておく!」とか思えるなら、それで十分だと思いますよ。
     趣味なんだからさ、楽しんでナンボでしょ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください