グレンラガン再放送

 アニメネタが続く(笑)。
 先日無事(?)最終回を迎えた「天元突破グレンラガン」。間髪入れずに再放送される。
 かつての「機動戦士ガンダム」「超時空要塞マクロス」なんかみたいだね。

 ガイナックス製作、昭和時代のスーパーロボットアニメを意識した演出、それを踏まえて繰り出されるパロディ。俺も毎週楽しませてもらった。
 なんだかわからん力で勝つ。変形合体。技の名前を叫ぶ。熱い友情。ひと目でわかる各キャラのポジション……。
 さらに、「お前は、お前を信じる俺を信じろ、ダチ公!」とか「今まで、気合いでなんとかしてきた!」と言われると、そのとおり!と頷いてしまうしかないわけだよ。四十過ぎのおっさんとしては。

 (下衆な期待だが)マクロスの時は最初の再放送でいくつか修正が加えられていたけれども、グレンラガンはどうなのだろう(笑)。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10722/trackback

4 thoughts on “グレンラガン再放送

  1. グレンラガンは作画よかったような。
    作画崩壊してた回とかありましたっけ?

  2. mishimaxさん江
     作画崩壊とは違いますが、4話でいきなり画風が変わり、動きもカクカクしちゃってて、かなり話題になりましたね。2chで炎上したり、メインプロデューサーが交代したり。

  3. あ、あれか。ありましたね。
    オレ的には許容だったんで、すっかり忘れてました。

  4. mishimaxさん江
     俺としては、許容範囲外でした。
     製作作業が間に合わないから紙芝居になったというのならガイナックスらしいので苦笑モノで済むのですが(ホントかよ!)、突然素人くさい作画と演出にされたら、不満ですよ。
     ましてや関係者が言い訳にもならない暴言吐きましたからね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください