[ラジオ第11回]復活のびといんポッドキャスト

 深い意味はなく、気まぐれでポッドキャストを配信してみたくなった(笑)。
 3年半ぶりの第11回は、無難に、近況報告をかねて復活のごあいさつを。

 この3年半の間にFC2もポッドキャストジュースもいろいろと変わってしまい、もしかするとこのままではiTunesにフィード登録(購読)ができないかもしれない。
 その場合は、下記の「このブラウザで聴くなら」リンクで、このブログ内でお聴きくださいませ。
 約5分です。

 ↓クリックしてこのブラウザで聴くなら、こちら
 ねこぱんち統合整備計画ラジオ版第11回

 ↓iTunesに登録していただくなら、こちら

癪に障る新聞勧誘

 インターホンが鳴った。エントランス・オートロックからの呼出し。
 応答すると、「あ、間違えました」と。で、切ろうと思ったら、相手が早口で続けるのよ。
「あ、○○新聞なんですけど、あ、只今、キャンペーンでまわらさせていただきましてて、あ、で、お試し購読って形でですね、あ……」
 うわぁ。新聞勧誘ってだけで嫌なのに、なんだこの妙なしゃべりは。「あ」が多い。なんだか癪に障る!
 だいたい、間違いのついでに——が本当かどうかはともかく——勧誘をするってのは、礼儀としてどうよ? もっとも、この類いの連中で礼儀正しいのに会った事ってあまりないけどな。
 早口野郎の言葉の途中で「失礼な態度だね。いらないよ!」とブチ切ってやったのは勿論だが、それにしても腹が立つ。

 ゲルドルバ照準の座標領域に追い込んでソーラレイを発射してやりたいわ。まったく。

転送不要

 引越に伴い、Bフレッツ及びOCNを解約。それより数年前に固定電話も解約しているので、NTT関連とはスッパリ契約がなくなった。
 でも、未だにNTTコミュニケーションズからメールが来るんだよね。以前のOCNの時のメールアカウント宛で、それがGmailアカウントに転送されて。
 メルマガの類いは、もしかして自分で購読登録したのかもしれない。でも、解除できないのよ。OCNメールアカウントでログインして解除しなきゃいけないんだけど、そのアカウントなんて既に無いし。
 なんか解約後90日間はOCNメールアドレス宛のを、指定した別アドレスへ転送してくれるらしいので、解約前に一応それを設定した。でも、なんかスパムメールとNTTからの広告メールしかこないから、転送設定しなくてもよかったと、ちょっと後悔している。
 まぁ、あと1ヶ月で転送処理終了だよね。我慢するか。

ラストシューティング

 今日届いた150号(&総索引号)をもって、定期購読していたガンダムファクトファイルが完結。

ガンダムファクトファイル完結
 当初100号予定が150号に延長になり、イグルーやイボルヴまで採録対象とされるとなった時には、どうしたものかと思ったし、最終3冊にはSD武者ガンダムまで掲載される始末だったが、遂に、本当に完結したんだね(笑)。

頑無駄

 デアゴスティーニガンダムファクトファイル。当初の100冊から150冊完結に延長されたが、途中でやめるのももったいないので定期購読は続けている。
 今週で143号。あと数冊で本当に完結(するよね?(笑))。
 全部揃えるまでにかかる金額とか、150号に延長された不満ってのは、まぁ覚悟の上なので、しかたないと思う。途中でイグルーも盛り込むように方針変更もあったしな。
 だが……。
ガンダムファクトファイルの武者頑駄無
 いくらなんでも武者頑駄無を掲載するのはナシだろ。SDは勘弁してくれ……。
 っつーか、個人的にはSEEDを切り捨てて100号完結にして欲しかったのだが。
 作品なり玩具展開なりとしてのSEEDやSDは別に否定しないけども、別途ガンダムSEEDファクトファイルとかでやればいいのに。武者頑駄無は論外。

[ラジオ第2回]FC2ブログをポッドキャスト化

 ラジオ第2回

 昨日の記事に補足。ポッドキャスティングジュースに登録すると、番組毎の視聴ページも作られるのだが。
 なんだか、ここでオンライン視聴すると、すげー早口になるぞ。例によってうちがMacだからか?
 ダウンロードしたり、iTunes等に登録して購読すれば、正常に聴けるようだが、何か不都合があったら、連絡いただければ幸いです。


 ねこぱんち統合整備計画[ラジオ版]を購読
このアイコンをiTunesなどの専用ソフトにドラッグ&ドロップ登録すると、自動で新しいファイルが届くようになります。

FC2ブログをポッドキャスト化

 ちょっと調べたら、FC2も簡単にポッドキャスト対応化できるんだね。

 ココログのラジオポータル、ポッドキャスティングジュース内の無料サービスPodfeedを利用する。
 登録・設定の仕方は上記サイトを参照してほしい(手抜き(笑))。

 登録して与えられたソースをサイドバーに貼ると、ポッドキャスト用のリンクバナーが表示される。このバナー内のURLをラジオ購読するソフトに登録すれば聴けるようになる。Macの場合は、このバナーをiTunesのライブラリにドラッグすれば登録されるね。

 で、放送の公開は、音声ファイルをFC2へアップロードして(mp3で容量500KB未満)、新規記事作成したら、記事中にその音声ファイルへのリンクを記述するだけ。

 ポッドキャスト用RSSには、上記のような音声ファイルへのリンクがある記事のみが掲載されるので、一般記事との混同は従来通り可能。
 こりゃいいわ。

「初代ハロ」ってアムロが作ったんじゃないのかよ!?

 定期購読している「週間ガンダムファクトファイル」86号と87号が届いた。

 最近、非宇宙世紀ネタの方が多い号が続いているが、今回は、久々に宇宙世紀ネタの方が多かったので、満足。

 86号では、MS運用理論に「ルビコン作戦」が掲載。サイクロプス隊はやっぱり漢だなぁ。かっちょいいよね。

 87号の宇宙世紀ガイドは、「宇宙世紀の技術/ハロ」だった。
 ハロといえば、言わずと知れた、ガンダムシリーズの多くに登場しているマスコットと言っても過言ではない。
 この雑誌のコンセプト上、SEEDはともかく、ファーストからVまでに登場する「宇宙世紀のハロ」については、系統だてて関連性をもたせねばならないのだろう。それは分かる。
 しかしなぁ、これ、読んでいて違和感を感じずにいられないぞ。

 ハロの誕生は一年戦争の前年、U.C.0078、玩具メーカーSUN社から組み立て式AI搭載自立型ペット・ロボットとして発売された。
(中略)
 アムロのハロは、一般キットをベースに独自に改造を施したモデルで、会話能力や判断能力が向上していた他、脳波測定装置や間乳ぴれーターが追加装備されていた。
(中略)
 一年戦争後、SUN社がアムロのモデルを逆ライセンスしてハロIIが発売された。

 えぇー!?
 ブライトのZガンダム劇中での「それは戦後発売されたレプリカ云々」というもあるので、ハロII以降については納得できるが、大元のハロはアムロの完全オリジナル自作じゃなかったのか?

 まぁ読み物として面白かったし、目くじらをたてるような事でもないのかもしれないが、ちょっと意外だったもので。

まぁ「全記録」だからという弁解なのだろうが

 デアゴスティーニの週刊ガンダムファクトファイル
 俺自身は毎号楽しく読んでせっせとファイリングしているし、特に問題はないのだが。
 デアゴスティーニのサイトにあった次号予告。


 ヅダ……!?
 MSイグルーまでも史実扱いとして網羅するのかよ。百歩譲ってよしとしても、これで終了巻数を再度延ばして200号完結とかにだけはしないでくれよ。
 なんかギレンの野望とかSEED DESTINYとかも追加されるらしいが、勘弁してくれ(笑)。
 それでもたぶん定期購読続けるけどな。

Tag(s) [アニメ][ガンダム]

ザクおやじとしての至福の夜

 週刊ガンダム・ファクトファイルを定期購読している訳だが。
 2冊ずつまとめて隔週で配達されてくる。今日届いていたのは、53号54号。
 予定号数の3分の1を過ぎた感じだ(当初は100号の予定だったが150号に修正された)。

 ガンダム用語辞典ページが毎号1シート(2ページ分)あるが、53号はザクだよ。2ページまるごとザクだらけ。


 ザクタンク、ザクII、ザクII S型、ザクII F型、ザクII F2型、ザクII F2型(キンバライト仕様)……中略……ザクII J型……。
 まぁ五十音順の辞典なので「ザク」のバリエーションが並ぶのは当たり前なんだけど、些細なことながら、なんだか嬉しい。小市民な俺。

 ついでに、53号の表紙はわざわざザクレロ。

Tag(s) [ガンダム]