防水防塵デジタルカメラ TG-5


 デジカメを新調。
 可愛いデザインの PENTAX i-10 を長年使っていたのだが、この極普通の——というか、むしろ安価な部類の——機種を、最近仕事で工事現場に携行して使っていたためか、うまく記録できなかったり、画質がおかしかったりと、不具合が散見するようになった。
 なので、今度は、防水防塵のタフな機種 OLYMPUS TG-5を選択した。

 見るからに頑丈そう。GPSとWi-Fiを搭載し、Exifに位置情報を記録したり、iPhoneへ写真を転送したりできるのが便利。
 付属の専用充電池がi-10のそれと形状がそっくり(本機用の方が厚さがあり、充電容量も60%くらい多い)で、型番も末尾にBがついただけなので、もしやと思ったら、やはりi-10の物も使うことができた。これはちょっと嬉しい。
(ペンタックスのブランドはリコーに吸収されたけれど、もしかしてオリンパスもそうなのかな? 又は、両者のOEMメーカーが同じなのか?)

 TG-5、今後しばらく活躍してくれることだろう。
 次回の現場が楽しみ。

 


iPhone4S バンパーを新調した。

バンパー
 愛用していたiPhone用バンパーが、落下させた時に受けたダメージの部分からラバーがはがれてきて、ゴムボンドで補修しようとしたらボンドで溶けてしまい、どうしようもなくなったので、また同じのを買った。
バンパー
 一応最初に述べておくと、ご覧のようにプラ部分が赤、ラバー部分が黒という配色で、純正品ではない(笑)。できればアップル純正品のバンパーを使いたいのだが、気に入る色がないので、アマゾンで見つけたこの赤い製品を購入している次第。
 これ、安いんだよね。USB Dockケーブルと液晶保護フィルムがついて、送料無料の1180円(笑)。まぁ、前回購入したのが6月、5ヶ月ちょっとで壊れた訳だが、落として痛めなければもっと使えたと思うんだよね。納得して使う分には悪くはない。まぁ、オススメというにはアレがアレなので(笑)、リンクを張るのはやめておくが。

 ってことで、同じ商品を注文したのだが、よく見ると少し改良されていた。
 バンパーの内側。中央のプラ部分の見えがかりは、前回品は約4.5ミリ、今回品は約3ミリ。これは、プラとラバーの重なり幅が増した事を意味する。つまり接着強度が向上したのかもと期待できる。
バンパー
バンパー
 写真では解りにくいが、色が少し明るくなった。
バンパー
 左が前回品、右が今回品。

 スリープボタン、音量ボタンは、それぞれ質感が僅かに向上したように思える。ただし、クリック感は若干悪くなった。前回品は問題なく快適だったのに今回品は少し力を入れないと音量ボタンが操作できない事があった。
 このバンパーはiPhone 4 用なので、過日の記事のように今回も4Sに会うようにミュートボタン用穴を広げる加工をしなければならない。
バンパー
 そのついでに、バンパーの音量ボタンの内側にコピー用紙1枚を紙用両面テープで貼ってみた。そうしたら、適度なクリック感で前回品と同様の操作になった。まさに「紙一重の差」だった訳だ(笑)。
バンパー
 俺はガンプラを趣味のひとつとしているし、細かい工作や修理加工なんかも好きなので、まったく苦にならないが、こういった簡単な加工を伴う事を承知していれば、コストパフォーマンスは決して悪くない製品だと思う。


新しい眼鏡

眼鏡

 先週金曜日に依頼してあった新しい眼鏡が出来たと、今日連絡があり、仕事の帰りに眼鏡屋に寄って受け取ってきた。土日を挟んで、都合営業日中1日か。無ければ困る物なので、こういう迅速な対応は助かる。

 半年くらい前に自宅で眼鏡を踏んづけて、つるを折ってしまったのを、瞬間接着剤で接合して使っていた。日中はハードコンタクトを使っていて、眼鏡はほとんど家の中だけだし、これでなんとかなっていたのだが、先日落下させた時に同じ所が取れて、一応再接着して(笑)なんとか掛けられるようになったけど、さすがに違和感があって、今回5年ぶりくらいに眼鏡を新調した次第。

 俺の視力は、極度の近視に加え、乱視と、ちょっと老眼になっている。
 ハードコンタクトを常用していると、乱視の症状は隠れてしまうそうだ。本来の乱視症状を発現させるには、1ヶ月くらいコンタクトを装着せずにいなければ駄目なんだと。ということで、今回は乱視は入れなかった。が、確かに見え方に違和感はないな。
 あと、老眼。簡単にいえば、近視と反対の性質なので、近視矯正を強めれば遠くは見やすくなるけど手元は見えにくくなる。俺の老眼は、初期(12段階のうち3)だそうで、まだ矯正するほどでもないとの事。近視をちょっと弱めて、手元も楽に見えるようにしてもらった。
 いずれにしても、半年間はレンズ交換無料ということだし、これで様子を見る。

 安くはなかったけど、丁番の所に、ツルの広がりを防止するようなテンション吸収機構が仕込まれていて、掛け心地も快適。


マウスを新調

 普段はMacBookに搭載されているトラックパッドを使い、PhotoshopElementsなど細かい操作の時にマウスをつないでいる。以前PowerBookG4を買った時にオマケでもらった、5年くらい前の有線のApple Proマウスなんだけども、俺は右利きなのでMacBookの右側にマウスを配置する。MacBookのUSBポートは左側で、ProマウスのUSBケーブルが短いもんだから、ちょっと使いにくい。
 こんなやつ。↓ デザインは美しいんだけどね。
Proマウス

 ってことで、ワイヤレスマウスが欲しいと思ったんだけど、純正のワイヤレスマイティーマウスは、あのポッチが不評。他のメーカーのはデザインが気に入らないのと、レシーバーをつけるためにUSBポートをひとつ塞いでしまうのが嫌だ。

 MacBookにはBluetoothが標準搭載されているので、せっかくならBluetooth接続にしたい。
 ってことで、今年1月に発売された、ターガスのBluetoothレーザーマウス AMB08APを購入(→メーカーサイト)
 アマゾンで3割以上割り引きだった。

ターガス1
ターガス2
 包装もオシャレ。
ターガス3
 ボールやホイールではなく、タッチセンサー式のスクロール機能。メンテナンスフリーでなかなかいいよ。
 側面にある2つのボタンには、アプリ起動やキーストロークを登録できる。が、ひとつは位置が悪く押しにくい。丁度親指がかかる位置にある方だけ使っている。Dashboard起動を割り付けた。
 純正ワイヤレスマイティーマウスよりかなり安いし、デザインも悪くない。Mac専用ってのも貴重でいいね。お薦め。


イヤホンを新調した

 中学生の息子の誕生日プレゼントに、iPod nanoを買ってあげた。

 約1年半、俺のお古の2時間くらいしか動作しないiPod(第3世代)を使っていたので、現行最新型を開封したら嬉しそうだったよ。よかった。
 このnano(第4世代)はモーションセンサー搭載で、「振ってシャッフル再生」なんかも出来て、楽しそうだ。進化してるなぁ。

 で、イヤホンがiPodと同時購入で1割引だったので、俺用に一緒に買って来た。
 ソニー、MDR-EX300SLの赤。

 iPhoneで使うので、マイク付アダプタも。

 EX300SL。今まで2千円程度のしか買った事が無い俺にはちょっと高いけど、評判良いのでこれにした訳だが、かなり満足。ソニーお得意のドンシャリだけど、メリハリが効いていて、いい感じ。「新形状ハイブリッドイヤーピース」で装着感も向上している。
 つーか、半年間iPhone付属の純正イヤホンを使ってきたので(マイクと簡易リモコンが必要なので)、これより悪いはずはないのだろうけど(笑)。いや、EX300SLはもちろんいい製品だよ。うん。


シャア専用水筒

 今月いっぱいで長距離通勤から解放されるからといって、節約は続けなきゃいけない。毎日ペットボトルのお茶を買うのも、金額が馬鹿にならないもんね。
 ってことで、水筒を新調。
 エコブームというと語弊があるが、マイカップやマイボトルを持ち歩く人が増えているとかで、スーパーの棚にも、色々な携帯用のステンレスマグボトルが陳列されている。
 そんな中で、選んだのがこれ。

ステンレスマグ シャア専用水筒
 象印ステンレスマグ SM-BA35。レッドとグリーンがあったんだけど、どっちにしようか悩んだよ(笑)。まぁ、結局レッドにしたんだけども。これ、絶対に狙っているだろ!? という、シャアレッドなのよ。
 ボディの透明カバーの中に好きな絵柄の物を入れて「着せ替え」ができるってのも、ポイント。

ステンレスマグ シャア専用水筒
 目論見は、もちろんこれ(笑)。
 早速、某茨の紋章のデザインを作製し、厚口マット紙にプリントアウト。
 完全な円柱形じゃないので、まっすぐ横にレイアウトするとボトルに巻いた時に変に斜めになってしまったりと面倒くさいので、全体を30度斜めにレイアウト。

ステンレスマグ シャア専用水筒
 うむ。まあまあの出来。シャア専用水筒の出来上がり(笑)。

ステンレスマグ シャア専用水筒
ステンレスマグ シャア専用水筒


検索ヒットなど(2007.02)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの2月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9694 (1月 12374 対先月比 -2680)
 ユニーク数:6608 (1月 8438 対先月比 -1830)

 2月は短いのだが、それを考慮しても微減。記事更新も少し少なかったからなぁ。

続きを読む


AB5

 もうすぐ、僅かながらボーナスも出るので、久し振りにスーツを新調しようと思う今日この頃。
 近所の店で、いくつか選んで試着してみるが、A5号じゃスラックスが入らん!
 強行突破作戦……して壊したら困るし……。
 思えば、最近買ったのは2年半前。しかも礼服だった。あの時もA体は辛うじて、だったのだわ(笑)。
 ってことで、晴れてAB体デビュー。うはは。
 それはいいんだけど、A体以下だと色々な柄が豊富なのに、AB体以上だと思いっきり地味な色かダブルしか置いてない。
 いや、ダイエーで買おうと思う時点で、それは覚悟しないといけないのかもしれないが。スーパーって、あまり売れない物はすぐに消えるんだよね。
 うむ。青○とかコ○カとかに行くか。


コンタクトレンズとメガネを新調した話

 コンタクトレンズとメガネを新調するため、メガネ屋に行った。
 今春の薬事法改正で、コンタクトレンズに感する規制が厳しくなったため、その都度眼科検診を受けてから処方してもらわなければならないらしく、その予約をしておいたのが、今日。
(ぶっちゃけて言うと、従来も建前上は同じで、法改正により厳しくなった訳ではないが、初来店の時の検診だけでオッケーで、以後度数が変わっても、簡単な検査だけで新しいコンタクトレンズを作ってくれる店がほとんどだった)

 閑話休題。

 なんか、俺の瞳周辺のカーブって、少数派の形状なんだって。
 で、どうしても比較的密着してしまう(させなければ性能がでない)ため、現在では、一般的に容易に入手できるこの形状の機種はハードレンズの2種だと。
 反主流。俺にとっては魅力的な言葉だが。同じ機種のレンズを使い続けて10年、今まで言われた事ないぞ。

 すこし不安だ。
「このレンズは、そのうち製造されなくなるって可能性は?」
「この機種がなくなるということはないでしょう。いいレンズですし、ハードでは使用している方が多いですよ。選択肢が少ないという人も、少なくないですし。そもそも、ハードレンズは、どんな形状のでも、受注加工されるんですから、大丈夫ですよ」
 偏見かもしれないが、メガネ屋に来る眼科医なんて、大学病院の医師がアルバイト感覚でやってるのばかりだと思ってた。今日の医師は、いい感じだった。診察も15分くらいかな、普通に眼科医院にかかった時くらいの丁寧な診察だった。

 すこし不安だ(その2)。
 まぁ、しょうがないんだけどな。
「今回は少し度数を上げても大丈夫だけど、次回はそうはいかないと思います。近視矯正の度をあげれば、当然遠くは見えるようになるけど、手元は見づらくなるんです」
「まぁ、実際、メガネ掛けてて、そろそろ手元がつらいのは実感してますけど……」

 ってことで、ついに老眼も出てきたらしいと感づいていたのを裏付けられた。