メリークリスマス

「ほんの10日間程度の短い間に、一陽来復に柚湯に入り、クリスマスを楽しみ、初詣に出かける。そんな節操のない国民性が大好きだ」とは、とある友人の言葉だが、まったくそうだと思う。ウエディングドレスを着て教会で結婚式をあげて、子供の七五三は神社で執り行い、お墓はお寺にという人も多いしね。もちろん、きちんといずれかの教義宗派を信心し、厳格に一貫している人もたくさんいるだろうけども。
 閑話休題。俺も無宗教だけれども、クリスマス——というか、それにかこつけてささやかな贅沢をして飲み食いするの——は大好きな小市民なり。
 ほぼ毎年、クリスマスケーキを買って帰っていたんだけれども、今年は買ってこなくていいよと言われていた。娘が買ってきてくれるんだと。
 今年春に就職した娘が、自分で買ってきてくれる。感慨深いものがあるね。嬉しくもあり、ちょっと寂しくもあり。なんだか妙な気分だが、ともかく、子供たちも無事に育ち平和な家庭でのんびり過せる日々に感謝、だね。
 こうやって、家族に感謝の気持ちを向けることができるって点でも、いい風習かもしれない。素晴らしき国民性。ビバ小市民!

クリスマスケーキ
 チーズケーキを買ってきてくれた。しつこくない甘さで美味。ごちそうさま!

クリスマスにゃあ
 にゃあは、クリスマスも何も関係なく、床暖房のフローリングでごろごろ。

クリスマスっぽいザク
「シャアザクと量産ザクを並べると色がクリスマスっぽいよね」との嫁さんの言葉に、並べてみる。まぁ、そう言われれば(笑)。


MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


Mac Fan 縮刷版DVD-ROM発売

 3年分の全編集記事を検索できる「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM」の予約販売を開始(2009.12.03 マイコミジャーナル)

月刊のMac専門誌「Mac Fan」は、過去3年分の編集記事をPDFデータ化しDVD-ROMに収めた「Mac Fan 縮刷版DVD-ROM 2007-2009」を2010年1月29日に発売する。価格は5,980円(税別)だが、現在、1,000円安い4,980円(税別)で購入できる事前予約キャンペーンを実施中だ。

 決して毎日コミュニケーションズの回し者ではないけど、これを待ってました! と言いたい。
 昔買っていたMac PowerやMACLIFEという雑誌は、毎年こういう縮刷版CD-ROMを販売していて、重宝してた。物理的な紙バックナンバーを保存しておくには場所の確保が必要だし、家庭でスキャナで読込んでPDF化するには、かなりの時間と労力が必要。もしくは楽をしようとすればそれなりの高性能の機器やソフトを揃える必要がありコストがかかる。
 うちの複合機だと1ページスキャンするのに1分近くかかる。Mac Fan 1冊で広告を抜いても約200ページ。作業に専念して4時間で終わればいい方って感じかな。以前1回やったことあるけど、(専念じゃないけど)ちょこちょこと3日くらいかけて、しかもすげー疲れたよ。毎月そんな事するなら、3年分で5000円なら安いと思うのだわ。
 縮刷版を熱望してて、時々、アンケートを送信する時の自由意見欄に要望を書いていた。やっとかなって嬉しい限りだ。

 事前予約キャンペーンサイト


冷凍保存は、しない

 入浴中にiPodで音楽を聴くのに、リラック・オン[→Amazon]を愛用しているが、iPhoneの場合、このリラック・オンを十分活用できない。前面ゴムカバー越しだと、iPhoneのタッチパネル(静電気感知式?)を操作できないの。
 ってことで、こういう場合における伝統的なアイテム「ジップロック」を使ってみた。
 近所のスーパーには、ストックバッグとフリーザーバッグがあり、前者は密封で常温又は冷蔵程度まで。後者は冷凍と電子レンジ解凍にも対応している。ってことで、単純に、頑丈そうで浴室の湿気にもより耐久性があろうと思い、フリーザーバッグを購入。
 本当は一番小さいサイズでよかったんだけども、中しかなかったので、それにした。
ジップロック
 これに、iPhoneを入れて、なるべく空気を押し出しつつ、ジッパーをしっかり密封。
ジップロックにiPhone
 これを、風呂場に持ち込んだ。iPhoneにはスピーカーがついているので、これ単体でiPod機能時の音も出力可能。タッチパネルの操作も難なく可能。なかなか快適だよ。
 嫁さんには「ジップロックって、防水グッズじゃないよ」と言われた。そんな事は分かっている。でも、一応「密封」と記述されているんだから、剥き出しで風呂場に持ち込むよりはましだろう。もちろん、湯船に落としたらどうなるかわからんし、シャワー等の水しぶきも、極力かからないように注意しなければならない。上の方の窓枠に置くとかね。
 ちなみに、浴室でも家庭内無線LANに最強で接続できた。腰痛緩和のための半身浴もiPhoneでネットアクセスしながらできるかな。


その節はお世話になりました

 プリントゴッコ販売終了 (2008.05.30 スポーツ報知)

理想科学工業は30日、家庭で気軽に年賀状などがつくれる家庭用簡易印刷機「プリントゴッコ」本体の販売を6月30日で終了すると発表した。

 んー。確かに、しばらく使ってないけど、うちにもあるよ、プリントゴッコ。十数年前までは、かなり活用してた。
 間違いなく、年賀状作成時の相棒だった。主宰する草の根ネット内で公開された小説や詩などを集めて不定期に刊行してた冊子の表紙も、一時はプリントゴッコで刷っていたし。
 パソコンでデータ作成してインクジェットプリンタで印刷。これだけ急速に手軽で便利な環境になってしまった今、プリントゴッコは厳しいかもしれない。
 ただ、間違いなく、パーソナル印刷における一時代を築いた、素晴らしい商品だと思う。日本の文化の大きな塚のひとつだといっても過言ではないだろう。

 お疲れさま、プリントゴッコ。


 親父が亡くなって4年半。なんとか資金も貯まり、先日、墓所の申込みをしてきた。
 数年前に「代々の墓は姉さんが継いで、俺はそこには入れない」と言っていた親父。さらに「俺はどうでもいい。お前の代から新しく築いてくれれば、それでなによりだ」とも言っていた。

 もう、家庭を顧みない、どうしようもないバカな親父。
 親父、あんたはどうでもいい。ただ、お袋が可哀想じゃねぇか。呂律も回らなくなった状態で、最期に「苦労をかけて悪かったな」といったそのひと言で全てを許した、というお袋には、これ以上の心労をかけたくない。
 憎まれっ子の親父が、まさかあんなに早く逝くとは思ってなかったからね、蓄えがゼロの俺は、あわてたよ。その辺はあんたに似ているのだろうなと苦笑してしまうね。
 俺一人じゃなく、弟も半分出資してくれた。
 新しい我が家の墓。その片隅に、親父、あんたもいれてやるよ。しばらくはひとりだけどな。

 墓の工事が終わるのは来年3月。


痛風とプリン体についてのメモ

 忘備メモ。

 運動時は、筋肉から尿酸の元となる物質が作られる。このとき、筋肉への血液供給も増えるので尿量が減少し、尿酸の排泄も減る。
 運動時・運動後の水分補給は重要。

 プリン体は、飲食物から摂取した分は肝臓で尿酸に分解されるが、それほど多くない。実は体内から多くのプリン体が作られる。
 細胞の新陳代謝によって、こわれた細胞の核からプリン体がたくさん出てくる。つまり、尿酸の原料の多くは、体内細胞から生まれたプリン体。

 プリン体は飲食物からの摂取だけが問題じゃないみたい。もちろん摂り過ぎない方がいいんだろうけど、神経質になったら何も食えなくなるって。
 運動の時に云々とか、アルコール分解の時とかを考えると、つまり、多くの人が普通にやっている「運動後や湯上がりのビール」ってのは最悪な訳だ。

 All About[家庭の医学] 痛風予防 男性は女性より酸化ストレスが大きいのです! 痛風予防にはこまめに水分補給を

 ためしてガッテン:過去の放送:7月が危険! 痛風対策の新事実


変っても同じ店

 うちの最寄り駅は地下鉄なのに地上駅。しかも駅舎自体は川の上にあって、その前後は必然的に高架になってる。
 閑話休題。
 その高架下は商店が入っていて、まぁ、小さな駅ビル?モール?みたいなものになっている。
 21店舗のうち3軒がラーメン屋。そのうち1軒は、ちょこちょこ潰れるんだけど、また別のラーメン屋になる。
 今まで、有名なフランチャイズ式の全国展開の店になったり、中国人が経営する家庭料理になったり、食軒式の立ち食いラーメンになったり変貌してきた。
 現在の店は3年くらいかな。長く続いているほうだな(笑)。
 それとは別にそば屋が1軒あるが、ここも年末に閉店したと思ったら、先週には別の屋号で改装工事を始めていた。またそば屋だ。
 やっぱり、厨房設備とかをそのまま引き継げるから、同じ業種に譲渡するんだろうか。
 近所には、長年やってる同業者がいっぱいあるんだから、同じ業種だとよっぽどうまくないとまたすぐに閉店になると思うんだけどなぁ。


オタクを5種類に分類したって

 オタクは遍在する——NRIが示す「5人のオタクたち」(2005.10.06 ITmediaニュース) というニュース。

 野村総合研究所(NRI)オタク市場予測チームが、新定義を打ち出したとか。
 それによると、下記の5種類に分類したと。

家庭持ち仮面オタク
我が道を行くレガシーオタク
情報高感度マルチオタク
社交派強がりオタク
同人女子系オタク

 定義内容は、リンク先のニュース本文を参照して欲しい。
 MRIでは「ある分野にのめりこむ≒オタク」という仮定を提示している。多様化しているし、誰でも素養はあるということだね。
 俺はどれに該当するかなぁ。
 全部に該当するようで微妙に全部違う。強いて言えば、

「社交派強がりオタク」独自の価値観を強く持ち、それをみんなに知ってもらいたいと考えて他人を巻き込もうとするタイプ。ガンダムやドラクエの世界観を引きずり、それに気づかずに30代になってしまった大人が典型例という。

かなぁ。んでも、他人を巻き込んでいないよね?(笑)ガンダムの世界観を引きずっているのは十二分に気づきまくって30代になってしまっているし(いや、もうすぐ40だが)。

 ねこぱんち!
紅の館: オタクの定義。 (2005.10.08 追加)
不条理み○きー:「オタク」って、何ですか? (2005.10.08 追加)


自宅サーバ計画

 先日、意外なほどに安かったUSキーボードの PowerBookG4/12″/1.5GHz を購入したので(→関連記事)、恒例の家庭内スライドアップグレードを実施。
 今まで使っていた PowerBookG4/12″/768MHz は嫁さんへ。
 嫁さんの iBook 600 は調子が悪かったけど分解掃除したらまともになったので、娘へ。
 ってなわけで、娘が使っていた初代iBook(貝殻型のタンジェリン)が、前線離脱。FireWireもないし、内蔵HDは3GBだし、丁度いい頃合いかもね。中古で2.5万円で購入して、4年くらい使ったので、十分元は取れた。
 しかし、まだ動く。さすがにTigerはインストールできないが、Pantherはなんとか動く。

 昨年末のブログ移転の時に、参考書まで購入して、真剣に自宅サーバ計画も視野に入れてはいた。

4899770308 自宅サーバーfor MacOS X—全部フリーソフトで作る
ラトルズ

ラトルズ 2003-03
売り上げランキング : 4,427
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 結局、FC2がかなり居心地いいので、それは保留になっていたが、この度iBookが余ったので、自宅サーバについて、勉強してみようと思う。
 とはいっても、MacOS X で簡単に構築するだけなんだけどもね。