今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。


MacBook Pro 購入

 いや、iPadやらエアコンやらを買ってしまったので、今年は買うつもりはなかったんだけどね。
 先日、家族共用にしている初代MacBookが調子悪くなってしまったので、家庭内スライドアップグレードを決行。

 MacBook Pro 13″購入 → 俺のMacBook(Early2008) → 家族共用MacBook(初代) → 売却処分

 予算も厳しいので、MBPとはいっても最下位モデルで、ほとんど白MacBookと変わらないスペックだけど。
 まぁ、光るキーボードは、ちょっと格好良いな。薄暗い所では使わないので、実用性はあまり感じないけども(笑)。

MacBookPro

 データ移行はTimeMachineバックアップから戻そうと思ったんだけど、なんかMBPが有線でも無線でもTimeCapsuleに繋がらないので、今まで使っていたMBに内蔵されているSSDを引っこ抜き、新しいMBPにUSB接続して移行アシスタントを実行して、無事データ移行は完了。

 画面は確かに綺麗なんだけども、今まで使ってたMBよりもずいぶんギトギトして青っぽい。Windowsマシンみたいな色味だよ(笑)。ちなみに、前機でもガンマ値は2.2にしていたので、それのせいではないはず。
 最近のLCDディスプレイって、みんなこんなもんなのかな? 慣れの問題かねぇ。

 ともかく、新しいMacは嬉しいやね。


MacBook、今度はHDDが故障

 うちのMacBook(家族共用にしている2006年前期モデル)がまた故障。
 昨夜、娘が使っている時に、突然のフリーズ。しかたないので電源ボタン長押しで終了したら、以後、起動しなくなった。右パームレスト付近の中から「カツン、カツン……」と嫌な音がする。HDDが逝ったな。
 たまたまTimeMachineの自動バックアップが終了した10分後くらいで、失ったデータはなかったのが不幸中の幸い。やっぱありがたいねぇ、TimeMachineは偉い!
「MacBook HDD故障」でググったら、同じような症状がたくさんあるようだ。
 初代MacBookに搭載されたアップル純正HDDのうち、特定の期間に製造されたSeagate社ブランド(中国製)のHDDで、突然無起動になる不具合が多発しているそうだ。うちのHDDも、まさにそれだった。
 ヒートシンク、液晶ユニット、パームレストの欠損に続いて、4回目の入院となるか。
 うーむ。土曜にアップルケアに電話するか。


MacBook(初代)の外装破損

 以前からあちこちで報告されている初代MacBookの外装破損現象が、うちの家族共用にしているMacBook(2006年モデルの初代)にも発生したのが、約3ヶ月前。外装パームレストの縁などにヒビ我が発生して、かなり醜くなったので、今日、アップルコールセンターへ電話して修理を依頼。
 Macのアップルケア保証期間の2年って、購入から2年だとばかり思ってた。最近、iPodの修理ばかり気にしてたので、iPodのアップルケアが1年延長のトータル2年なのと混同しちゃってた。Macの方は2年延長のトータル3年だよね。長年のMacユーザーなのに、不覚!
 閑話休題。
 初代MacBookの外装破損。これ以上ひどくならないうちに修理しておこうと、アップルに連絡した。
MacBook外装
MacBook外装
MacBook外装
 写真は、上から順番に、パームレスト右側手前の縁破損(約2センチの亀裂)。パームレスト左手前の縁破損(約4センチの欠損)。トラックパッド下中央部の亀裂(クリックボタンと縁の間に縦に亀裂)。
 一番ひどいのは左だね。縁が欠けて剥がれてとれちゃった。中央部の亀裂もパックリと目立って嫌だ。
 外装破損は、本来は有償修理なのだそうだ。アップルケアでも完全無償にはならないらしい。ただし今回については、アップルも確認している不具合なので無償修理になると。
 もちろん、ピックアップ&デリバリー。連休明けの4日(火曜日)に、運送会社が引き取りにきてくれる。

 余談だが、ディスカッションにあった、このMacBookパームレスト縁破損に関するスレッドが、ことごとく削除されている。最近では、新型MacBookではFireWireポートが廃止された事への不満などのスレッドやコメントが軒並み削除されたらしい。
 アップルって、いつも、こういう批判を削除しちゃうんだよね。なんだかなぁ。


中立サイド

 先日導入したTimeCapsule。500GBモデルを購入したのだが、このWiFi HDDの名前。家族共用なので、SIDE6と命名。

20080310_Disk.jpg
 TimeMachineでのバックアップだけじゃなく、10GBくらいのディスクイメージを作製しておいて、それをファイルサーバにしようかと思っていたのだが、なんかディスクイメージを作製するのにすげー時間がかかったので、途中でやめてしまった(笑)。
 アップルはTimeMachineバックアップ用には、それ専用のディスクを使用するのを推奨しているしね。AppleTalkでHDDをマウントして、さらにその中のディスクイメージをクリックしてマウントするなんての面倒くさくて、家族から不評を受けるのは目に見えているし(笑)。
 余ったUSB接続ポータブルHDDでもつなぐか。


あぁ、刻が見え(以下略)

 我が愛機MacBookから「ピキューン!」と音がしたのよ。お、NTとして覚醒したか!と思……うわけないぜ。
 はい。内蔵HDDが逝きました。アクセスどころかマウントすらしない。

 バックアップしたの6月末が最後だから、3ヶ月分のデータが消滅。夏の家族旅行の写真とか、ZAKULOG構築のためのパーツ素材とか、痛いなぁ。

 バックアップファイルが入っているHDDをMacBookに換装するため、今、そのバックアップファイルを別のHDDに再コピーしている所。それが済んだら、換装、初期化、Tigerのインストール、egbridgeやすぐ使いそうなアプリケーションもインストール。
 あ、もちろんユーザフォルダも戻さないとな。

 今は、家族共用Macからアクセスして記事投稿している。
 このMac、今日はしばらく、バックアップ作業に専従。最近は息子がメインで使っているのだが、ごめん、今日は使えないかも。


使えるじゃん

 先日、娘が欲しがっていたiPodを、誕生日兼進学祝いに贈った。
 iPod nanoの一番安いモデルではあるけれでも、喜んでくれた。

 ところで、これを買う時、店員はあくまでも「USB2.0搭載機じゃないと使えません」と言い張った。大手量販店で、アップル公認スタッフだったから、しょうがないだろうけども。
 ネットでは、初代nanoならUSB1.1でも使えたという報告がたくさんあるが、この第2世代についてはあまり情報がない。アップルのサイトでも、しっかりと「システム条件(Mac)USB 2.0ポートを装備したMacintosh」と明記されているからね。
 娘が使っているのは5年くらい前の白iBook/600MHzなので、USB1.1なんだよね。多少の不安はあったけども、長年Macを使ってきた俺の経験と勘で、前述のnanoを購入。
 もしも娘専用機でダメでも、家族共用のPowerBookG3にアカウント作って、それとシンクロしてもらえばいいなと思って。

 結論としては、データシンクロも充電も、USBポート経由でできた。もちろん2.0じゃないので遅いけど。
 初回の曲転送には時間がかかるけど、日々の更新はそれほどでもないだろうし、最大2GBだから、まぁ、我慢してもらおう。

 ちなみに、USB1.1でのiPod nano(第2世代)データ転送等は、アップルの保証外なので、お試しは自己責任で。
 ファームウェアのアップデートにより、将来的にはダメになるかもしれない。

Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A

アップルコンピュータ 2006-09-13
売り上げランキング : 117
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools


久々に無起動に/モブログ

20061123235132
 愛機MacBookが、カーネルパニックを起こして起動しなくなった。何度再起動しても駄目。
 とりあえず、家族共用のPowerBookにターゲットディスクモードでつないだら認識はされたので、Homeフォルダのバックアップはした。
 ここまで凄まじいのは、今世紀初だぜ。
 昔なら爆弾やSadMacアイコンが出る状況だな。やつらは愛嬌があったが、今のMacOS Xのカーネルパニックは、びびるよ。


ユーザータグ機能導入のテスト

 個人的には「ユーザータグ」という呼び方はあまり好きになれないけど(笑)。

 閑話休題。
 タグ機能の搭載が、公式に発表された。
 先日のタグ機能搭載との事前情報を受けて、色々と試していたけど、どうにも不具合が散見していたが、今日の機能公表に伴い、さすがに多くは改善されている。

 早速、テンプレートをいじってみたよ。

 記事作成時に「本文中のユーザータグをリンク変換する」をオンにすると、a href要素(いわゆるリンク)の中にある文字列でも、タグリンクに乗っ取られてしまう現象がなくなったし、本文中に任意に挿入するタグリンクの変数に、自己サイト内のタグ検索画面へのリンク用も用意された(というか、既にあったのだが使い方が明示されてなかった)。

 この2点の改善により、「本文中のユーザータグをリンク変換する」で表示される本文中のリンクは、FC2共用(?)のタグページへジャンプし、他に任意に自己サイト内へのタグジャンプ(うちでは、記事のヘッダー日付ブロックの上の「FC2 Tag(s)欄」)を記述することもできるようになった。

 と、ここまで改善されたら、欲が出てきた(笑)。
「本文中のユーザータグをリンク変換する」は、その記事に設定したタグだけじゃなく、FC2全体のタグを対象にできたらいいかな。はてなみたいに。そこまでいかずとも、せめて、自己サイト内の全タグを対象にするとか。


プラグイン機能が追加されたそうだ

 ブログ管理者用お知らせ プラグイン機能追加についての詳細とカスタマイズ方法 に、ねこぱんち。

 今までは、テンプレート設定でHTMLを直接編集しなければできなかった、サイドバー項目のカスタマイズが、プラグイン設定で、比較的簡単にできるようになった。
 公式テンプレートも、プラグイン対応になったし。

 しかし、共用テンプレート作者には、ちょっと面倒かな。特に既にたくさんのテンプレートを公開している人は、そのひとつひとつをプラグイン対応に書き直すのは大変だろう。
 まだひとつしか共用テンプレートを公開していないが、それを修正するのすら面倒で、やりたくない俺(笑)。

 あぁ、今作成中のテンプレートはどうしよう。もちろん、今のところ、テンプレート非対応仕様である。