macOS Mojaveでマウスフリフリ再び

 主に、Parallels 環境下のWindowsで「マウスの中央ボタンクリック」を再現したくてMagic MouseやMagic Trackpad、及びMacBook内蔵のトラックパッドにオリジナルのジェスチャを追加できるツール MagicPrefs をずっと愛用している。
 しかしEl Capitan で採用された「マウスポインタをシェイクして見つける」機能(以下「マウスフリフリ」)と当たっているようで、Magic Mouseをオンにするとマウスフリフリが機能しないでいた。
 老眼でMacBook 12-inch nのRetinaディスプレイを見る時に、マウスフリフリがあると至極便利なのだ。
 MagicPrefsはしばらくアップデートされておらず(機能をパクられたりして、作者が開発のやる気をなくしたようだ)、以後のAppleの標準ライブラリに適応していないとか。
 そういう専門的な話は理解できないが、ともかく便利に使っていたので少々困る。代替になりそうなトラックパッド/マウスのカスタマイズツールをいくつか試したが、どうもしっくりこない。
 しかたなく、(Parallelsで)Windowsを使う時にはマウスフリフリを諦めるという消極的な妥協方法を実行していた。
 が! この度、MacBook 12-inchのmacOSをHigh Sierra から最新のMojaveにアップデートしたら、なんだかMagicPrefsとマウスフリフリが正常に共存できているのだ!
 仕事用のMacはあまり急いで最新OSにしたくはないのだが、これのためだけにMojaveにしてしまった。
 いやぁ、やはり便利だよ、ないと困るよ、 MagicPrefs!


こいつ、動くぞ! 怪我の功名で「command+クリック」の技を発見

 俺はMac使いである。家族も全員Mac。かれこれ四半世紀になるので、子供達が物心ついた頃にはすでに我が家はMac環境だった。

 某鴻池の猫兄の口癖の一つ「世界人類がMacでありますように」にも全く異存はないが、Windowsを使わざるを得ないことも少なくない。
 前職、給与生活者だった頃はもちろん、個人事務所を主宰する建築士である現在もそれは変わらず。
 現在は自分の裁量にもよるのでなんとかなる部分は何とかして、極力Windowsを使わずに済むようにはしている。
 しかし、前職の時から長年使い慣れたJw_cadや、お客様へ納品する品質を考えるとExcell、WordもWindows版が必須。

 仕事で使うWindowsは、Macの仮想化アプリケーションとして定評のある Parallels Desktop にWindows 7 と Windows 10 を入れた環境になっている。
 Jw_cadとMS Officeの為だけにWindowsパソコンを使うなんて御免なのだ(笑)

続きを読む


スティーブ・ジョブズさん、お疲れさま

 10月5日、アップルの前CEO、スティーブ・ジョブズさんが亡くなった。
 正直に言えば、8月末に体調不良を理由にCEOを辞任した時に——いや、もっと前からの病気療養の頃から——とても心配していた。でも、アップルへの完全復帰は無理としても、今後の生活をのんびりと過して欲しいと願っていた。

 いくら大好きな企業とはいえ、俺の今までの人生において、その会社の社長・会長の訃報に対してこれほどまでに感慨にひたる事は、皆無に近い。というか、企業トップのお名前を知らない企業がほとんどだ(笑)。
 もちろん、ジョブズさんと話をした事も会った事もない。イベント等でお姿を拝見した事すらない。

 俺が初めてMacを購入したのは、たしか1993年頃。ColorClassicだった。当時のCEOはジョン・スカリーさん。それ以前のジョブズさんについては「伝説」として知っている程度だった。偉大な創業者だとは認識していたが、功績などを聞いても実感が湧かなかったな。
 しかし、前世紀末に経営的にどん底だったアップルに復帰してからのジョブズさんについては、リアルタイムで知っている訳で。
 俺としては、Newtonやクラリス社を切ったのは、いまだにちょっと許せないけれども(笑)、それを加味してもなお、ジョブズさんの功績は偉大だと思う。俺ごときが言うまでもない事だが(笑)。

 ともかく、我家では18年間ずっとMac一筋。子供たちなんか、物心ついた時にはすでにMacがある生活だよ。小学校当時のパソコンの授業は「画面の文字が汚くて気持ち悪い」とか「なんでマウスにボタンが2個もあるの?」とか、苦痛だったらしい(笑)。誤解されるのを承知であえて極論を言えば、これがMacの素晴らしさなんだよな。

 なんだかジョブズさんとは関係ないグダグダの文章になってしまったが、ご容赦願いたい。

 ジョブズさん、お疲れさまでした。でも、また新しい世界で何かスゲー物を発明しているかもしれませんね。いずれ俺がそっちへ行った時には、またそちらでもワクワクできる物がそろっているんでしょうなぁ。

 ご冥福をお祈りいたします。


まさにマジック

 昨日、新しいiMacやMacBook等が発表されたが、その中でも、一番の注目は、MagicMouseだろうな。
 うまく説明できないので、リンク先にある動画を見てもらいたいんだけど、いやぁ、またまたやってくれましたな、アップル!
 クリックボタンもホイールもないのに、それらに相当する操作が可能。凄いな。

 個人的にはMacBookのトラックパッド操作に慣れてしまって(これだって、秀逸なのだよ)、マウスはほとんど使わないので、買わないと思うけど、初めてMacに触れるって人には、おすすめかな。
 既成概念を打ち破るのが得意だよね、アップルって。


東スポの一面に載りました

 面白法人カヤックがリリースした、「東スポブログパーツ」をサイドバーに付けてみた。

 リリースニュース

「東スポ一面ブログパーツ」はブログの本文を解析し、一面見出しにふさわしいテキストを自動的にピックアップし、お馴染みの“東スポらしい”一面見出しを生成します。2つ折りの新聞にマウスを重ねれば、お馴染みの東スポ一面が出現し、ブログパーツ内には、東京スポーツの携帯サイト「東スポ芸能」(※2)の最新ニュースがティッカーとして流れ最新情報を入手することもできます。

 ちなみに、設置後最初に表示されたのは、これ。↓
東スポブログパーツ
 なんだか知らないけど、信州のあのお方を暴露するらしい。つーか、このブログパーツに「さなだむし」が表示される確率が高いような気がする。そんなに東スポ一面見出しにふさわしいのだろうか(笑)。


ピタッとはり付く極薄タイプ

 普段、リビングのガラステーブルでMacBookを使っている。ガラスなので、レーザーマウスや光学マウスを操作するにはマウスパッドが必須。だとはいえ、小さいテーブルなので、あまり大きいマウスパッドは邪魔になる。
極薄マウスパッド
 で、ウルトラスリムマウスパッドってのを買ってきた。
 126ミリ×87ミリ、薄さ0.18ミリと、本当に小さく、マウスとほとんど変わらない面積。でも、マウスを動かす時は、手のひらの手首あたりをテーブルに付けてそこを軸にし、マウス自体は数センチ程度しか移動させないので、これだけの面積でも意外と操作に困らない。使わない時は、MacBookに貼付けておけばいい。
 1枚400円くらいと安かったし、満足。
(アマゾンでは売ってないみたい)


マウスを新調

 普段はMacBookに搭載されているトラックパッドを使い、PhotoshopElementsなど細かい操作の時にマウスをつないでいる。以前PowerBookG4を買った時にオマケでもらった、5年くらい前の有線のApple Proマウスなんだけども、俺は右利きなのでMacBookの右側にマウスを配置する。MacBookのUSBポートは左側で、ProマウスのUSBケーブルが短いもんだから、ちょっと使いにくい。
 こんなやつ。↓ デザインは美しいんだけどね。
Proマウス

 ってことで、ワイヤレスマウスが欲しいと思ったんだけど、純正のワイヤレスマイティーマウスは、あのポッチが不評。他のメーカーのはデザインが気に入らないのと、レシーバーをつけるためにUSBポートをひとつ塞いでしまうのが嫌だ。

 MacBookにはBluetoothが標準搭載されているので、せっかくならBluetooth接続にしたい。
 ってことで、今年1月に発売された、ターガスのBluetoothレーザーマウス AMB08APを購入(→メーカーサイト)
 アマゾンで3割以上割り引きだった。

ターガス1
ターガス2
 包装もオシャレ。
ターガス3
 ボールやホイールではなく、タッチセンサー式のスクロール機能。メンテナンスフリーでなかなかいいよ。
 側面にある2つのボタンには、アプリ起動やキーストロークを登録できる。が、ひとつは位置が悪く押しにくい。丁度親指がかかる位置にある方だけ使っている。Dashboard起動を割り付けた。
 純正ワイヤレスマイティーマウスよりかなり安いし、デザインも悪くない。Mac専用ってのも貴重でいいね。お薦め。


エアジャケット

 アマゾンで注文しておいた、パワーサポートの Air jacket (エアージャケット) クリアが届いた。
エアジャケット
 背面に装着する、ポリカーボネート製のカバー。液晶部保護フィルム(前面の全面(笑)を覆う物)とのセット。液晶保護フィルムは別の製品をすでに購入・装着済なので、今回のはとっておこう。
エアジャケット
 厚さ0.8ミリのポリカーボネート製。「iPhone3Gの外観を損なわない事を最優先に考えた背面用クリスタルジャケット」とのこと。
 さっそく、装着。
エアジャケット
 おぉ、これはいい。実は、iPhone購入の翌日に、某社のシリコンジャケットを購入して使ってたんだけども、Dockコネクタまわりがブニブニしてて外れそうだし(実際には外れないが)、何しろ背面のAppleマークが隠れてしまうのが残念だった。
 それに比べて、このエアージャケットはいいね。さすが各種iPod用クリスタルジャケットシリーズで評判いいパワーサポートだわ。いい仕事してるね。

 それにしても、このエアージャケットを装着した黒iPhone3Gの背面。何かに似ているなぁとすっと考えていたのだが、やっと思い出した。なんとなく、以前の黒いApple純正マウス(通称=栗まんじゅう)に似てない?

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71
パワーサポート
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by G-Tools


すげーな、ワコム!

 マウスに代わってペンの時代が始まる–ワコム、決算と事業戦略を発表 (2006.05.12 CNET Japan)

 ワコムは5月11日、2006年3月期の決算および事業戦略を発表した。20年以上にわたってペンタブレットの開発を行ってきた同社は、日本のみならず世界でも大きなシェアを持つ。売上高は前期比35.9%増、営業利益は86.0%増と、売上高、営業利益ともに過去最高を更新している。

ハリウッドにおける映画制作では、ほぼ100%のシェアを持つという。プロフェッショナルの市場のみならず、近年では、ブロードバンドやデジカメの普及などにより、コンシューマー市場でも幅広く受け入れられているという。

 すげーな、ワコム! ほぼ世界的に独占状態か!
 俺のタブレット(最近のナウいヤングは「ペンタブ」と呼ぶらしいが)もワコムだよ。
 たまにミニすしバーを描くだけなんだが(笑)。

 もう少し使ってあげようと改心した。


フィクションです

 あにオヤジ: 3Dキャラ でさなだむしさんが募集していたので、描いて見た。

 もう深夜だし、酒飲んでるし(でも、全然酔ってないですよ?)マウスもグラフィックタブレットも繋ぐのが面倒なので、PowerBookG4に内蔵のトラックパッドで、約5分で描いたものなんで参考になるかどうかわからないけど、参考にしてください。
 一応、白衣着てるイメージ。
 それにしても画力ないな、俺。体はミニすしバーとほとんど同じだし。

 っつーか、俺が描いたミニすしバーが独り歩きしちゃってるのが、いいんだかわるいんだか(笑)。

Tag(s) [イラスト][企画物]