すげーな、ワコム!

 マウスに代わってペンの時代が始まる–ワコム、決算と事業戦略を発表 (2006.05.12 CNET Japan)

 ワコムは5月11日、2006年3月期の決算および事業戦略を発表した。20年以上にわたってペンタブレットの開発を行ってきた同社は、日本のみならず世界でも大きなシェアを持つ。売上高は前期比35.9%増、営業利益は86.0%増と、売上高、営業利益ともに過去最高を更新している。

ハリウッドにおける映画制作では、ほぼ100%のシェアを持つという。プロフェッショナルの市場のみならず、近年では、ブロードバンドやデジカメの普及などにより、コンシューマー市場でも幅広く受け入れられているという。

 すげーな、ワコム! ほぼ世界的に独占状態か!
 俺のタブレット(最近のナウいヤングは「ペンタブ」と呼ぶらしいが)もワコムだよ。
 たまにミニすしバーを描くだけなんだが(笑)。

 もう少し使ってあげようと改心した。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10264/trackback

7 thoughts on “すげーな、ワコム!

  1. るしさん江
     クーちゃんが可愛そうです(笑)。

    さなだむしさん江
     十数年前の黎明期には、サンヨー、東芝、日本電気など、家電メーカーもたくさんペンタブレットを出してたんですけどね。まぁ、当時は20万円以上してたので手を出せなかったけど。
     家電メーカーはタブレットじゃなく、画面タッチセンサーにシフトして現在に至ってますね。

  2. >ハリウッドにおける映画制作では、ほぼ100%
    アマチュア向けの安物なら他のメーカーの物も沢山あるという事ではないですかね?

    実際エレコム製のタブレットとか見た記憶がありますよ。

  3. mokekeさん江
     うん。Windows用の安物なら色々ありますね。
     なぜかMac用はワコム以外はほぼ皆無なんですけど。
     いずれにしても、アマチュア用もシェアのほとんどはワコムだと思われますが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください