macOS Mojaveでマウスフリフリ再び

 主に、Parallels 環境下のWindowsで「マウスの中央ボタンクリック」を再現したくてMagic MouseやMagic Trackpad、及びMacBook内蔵のトラックパッドにオリジナルのジェスチャを追加できるツール MagicPrefs をずっと愛用している。
 しかしEl Capitan で採用された「マウスポインタをシェイクして見つける」機能(以下「マウスフリフリ」)と当たっているようで、Magic Mouseをオンにするとマウスフリフリが機能しないでいた。
 老眼でMacBook 12-inch nのRetinaディスプレイを見る時に、マウスフリフリがあると至極便利なのだ。
 MagicPrefsはしばらくアップデートされておらず(機能をパクられたりして、作者が開発のやる気をなくしたようだ)、以後のAppleの標準ライブラリに適応していないとか。
 そういう専門的な話は理解できないが、ともかく便利に使っていたので少々困る。代替になりそうなトラックパッド/マウスのカスタマイズツールをいくつか試したが、どうもしっくりこない。
 しかたなく、(Parallelsで)Windowsを使う時にはマウスフリフリを諦めるという消極的な妥協方法を実行していた。
 が! この度、MacBook 12-inchのmacOSをHigh Sierra から最新のMojaveにアップデートしたら、なんだかMagicPrefsとマウスフリフリが正常に共存できているのだ!
 仕事用のMacはあまり急いで最新OSにしたくはないのだが、これのためだけにMojaveにしてしまった。
 いやぁ、やはり便利だよ、ないと困るよ、 MagicPrefs!


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/25961/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください