落語協会 謝楽祭2018


 先の9月9日(日曜日)に湯島天満宮(湯島天神)で開催された、落語協会のファン感謝イベント「謝楽祭」に、嫁さんを誘っていってきた。これまでも気にはなっていたけれど仕事で予定が合わず、この第四回にて初見。

 着いて真っ先に、福扇を買うための列に並ぶ。9時50分に着いたが、すでに500人目くらい。先頭の人が6時半から並んでいたそうだ。
 今年の福扇のデザインは、大好きな柳家小三治師匠の書ということもあり、なんとしても入手したかった。
 並ぶこと1時間で無事購入。

 福扇に付いていた福引(空クジなし)は、鏡味仙三郎さんの直筆サインミニ色紙。
 福扇と一緒に、謝楽祭手ぬぐいも購入。この日、家から手ぬぐいを持ってくるのを忘れてしまったので、まず早急に欲しかった。実用の意味で。

 福扇の次は、これまた大ファンの古今亭菊之丞師匠が出店するたこ焼きへ。さすがは大人気の噺家さん。ここでも行列。俺が並んだ時は20人目くらい。
 今年は菊之丞師匠は実行委員長ということで、店にいらっしゃらないかもしれないと思ったが。お会いできた(今年は自らはたこ焼きを焼かないけれど、とはおっしゃっていた)。お客さんひとりひとりのサインや写真に応じてくれて、丁寧なやりとりをしてくださる。
 俺も少しお話しでき、菊之丞師匠とツーショット写真も撮らせていただいた。


 菊之丞師匠の奥様(NHKアナウンサー藤井彩子さん)がソースをかけてくれるという贅沢な(笑)たこ焼き。美味しかった。

 他には(笑)、桂文楽師匠がペヤングを売っていたり、柳家喬太郎師匠とニアミスしたり、林家たい平師匠が笑点座布団のコスプレをして歩き回っていたりに遭遇。境内のいたるところに有名な噺家さんがうろうろしている光景はすごい。

 本日の戦利品。

 暑くて耐えきれず、昼過ぎ早々には退却してしまったが、とても楽しかった。
 来年も行こう。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/25949/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください