MG ギャン 製作(2)

 今日は、左足と腰のフレームを組立てた。


 ほとんど前回と同じ工程なので、あまり書くことはないのだが(笑)、これだけは書いておかないと。

20060629_mg-gyan04.jpg
 股関節。最近のMGとしては恒例の、前後スライド機構が盛り込まれているが、このギャンは、左右独立可動。以前組立てたガンダムMk-II Ver.2.0よりも進化している。
 ネモも左右独立可動なのかな。作ってないので分からんけど。

1/100 MG YMS-15ギャン 1/100 MG YMS-15ギャン

バンダイ 2006-06-01
売り上げランキング : 4373

Amazonで詳しく見る by G-Tools


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9606/trackback

4 thoughts on “MG ギャン 製作(2)

  1. 最近のプラモはメカニカルですね。
    そろそろプラモデルも自動的に動き出すんじゃないんですか?

    ギャンは初代を観た中ではかなり好きなモビルスーツでした。
    初代の一番はゲルググかな?

  2. tsuさん江
     最近乃プラモというか、このガンプラMGシリーズは10年前のシリーズ開始当時から、内部メカの再現ってのもテーマなんですよ。
     ギャン好きな人って意外に多いんですね。俺はどちらかというと嫌い(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください