ザクヘッド

 これ、なんていうシリーズだっけ。ガンダムヘッドなんとかってやつ。
 先週金曜日の仕事帰りに、おなじみ秋葉原のガチャ専門店で、このザクを200円で売っているのをみつけて、購入。
 内部メカが半露出状態で、確かに作り込みは細かいんだけど、モールドが甘い。
 もしやと思って、「四つ穴」を確認すると……やっぱり2つだ。どうりで、モールドが甘い訳だ。だから安かったんだね。
 しかし、まぁ、三版まで存在するということで、当初予定よりも人気があったということだね。その辺は、素直に喜ぶべきだろう、ガンダムマニア(特にザク好き)としては。

 補足。
 バンダイ(系列のバンプレスト、ポピーを含む)のガチャや食玩アイテムをよくみると、その多くに菱形に並んだ4つの穴が確認できる。
 実はこれは、版数管理用ドット。
 再販の度に、型にある突起をひとつずつカットする。すなわち、成型品では再販の度に穴がひとつ減る。
 仮面ライダー関係のガチャで復刻版とかをよくやってるけど、それを見ると、穴2個とかになってる場合があるよ。

Tag(s) [ガンダム]

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9384/trackback

2 thoughts on “ザクヘッド

  1. ウチにはガンダムと量産型ザクと都市迷彩のEz-8、森林迷彩のケンプファーがいます。

  2. 少佐さん江
     ケンプファーは欲しいかも。
     あ、そう言えば、1/400のMSコレクションのハイゴッグも一緒に買いました。
     近日中に、自慢エントリーを書きます(笑)。
     ちなみに、ガーベラテトラも欲しかったんですが、800円くらいだったので断念。シーマ色のゲルググも同じくらいでした。
     超人気アイテムもしくはシークレットかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください