ドラマ化希望

 すしバー氏作の小説「ポリス刑事」

 そのあらすじと解説が、すしバーさんご自身により公開されている。
 何とも言えない味わいがあって、こういうの好きだな。
 俺も昔、似たような事やってたし(笑)。

 すしバーさん、いつも素敵な記事をありがとうございます。

「ポリス刑事」
 ぜひ、ドラマ化してほしい。

 トラックバック
 子育てギャンブル日記:新 続 自画自賛『ポリス刑事』の見所

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8675/trackback

8 thoughts on “ドラマ化希望

  1. ドラマにするなら、ボスは当然あのそっくりさん芸人で決まりでしょう。
    しかし、最後まで犯人が出てこないのに、正直イライラしました(笑)
    「鉄のカーテン」が何だったのか思い出すことができました。
    ありがとうございました。

  2. ゆうたろうでしたっけ?いいですね(笑)。
    そうそう、犯人が誰なのか非常に気になりますが、
    もはやどうでもいいことですね(笑)。
    鉄のカーテンには、まじに爆笑してしまいました。

  3. 「ポリス刑事」完全版、遂に公開!

     きのうの記事で紹介した、小説「ポリス刑事」。  この衝撃の問題作について、作者

  4. うわー!
    どうでもいいけど、いや、どうでも良くはないんだけど、
    びといんさんの奥さんも「mammy」のハンドルなのね!
    いや、びっくりしましたわ!

  5. そうそう。
    同じのようですね。
    奥さん同士知り合いだったらおもしろかったのに、そこまで奇遇ではありませんでしたね(笑)。
    嫁さんがいうには、mammyってのは「母」の幼児言葉だから、このハンドルの人はたくさんいるって(笑)。
    それにしても、これも何かのご縁でしょう。
    これからもよろしくです。

  6. なんか、うちの奥さんは高校時代のあだなが「mammy」だったらしいんですわ。
    そういや、mammyでメアドとか取ろうと思っても、大概ムリですよね。
    いや、「susibar」で苦労したこと一度もありません(笑)

  7. 俺もフリーアカウントなんかを登録する時にbetweenであまり苦労してないですが、これ、固有名詞ではない一般的な単語ですから、時々ペケです。
    susibarなら、まず大丈夫でしょうね。
    余談ですが、「すしバー」でGoogle検索してみました。大量に抽出されましたが、ほとんどは寿司屋さんか、すしバーさんのサイト内記事でした(笑)。
    ちなみに「ねこぱんち」ではエロゲー会社?も抽出されますな。初めて知りました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください