Yosemite で、ファイル名の一括変更が可能になって便利に

 先日リリースされた Yosemite (OS X 10.10)にはたくさんの新機能が搭載されているが、ファイル名の一括変更が地味ながらも便利。

 Appleの紹介ページによれば、

ファイル名を一括変更
Finderにある一連のファイルの名前をすばやく変更できます。複数のファイルを選択して「名前を変更」を選びましょう。各ファイル名には、カスタムのテキストと数字を追加することもできます。

 とのこと。

 複数のファイルを選択して、コンテキストメニューを出すと、
20141027filenames_1
「4項目の名前を変更…」という項目がある。
20141027filenames_2
 一括で置換やテキスト追加ができる。
20141027filenames_3

 ブログ掲載用に、複数の写真を「決まった文字列+連番.jpg」に変更する事がよくあるんだけど、枚数が多いと面倒だし間違う時もあった。
 ファイル名変更のAutomatorスクリプトを作ったこともあるけど、Finderの標準機能で簡単にできるようになったのは嬉しい。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/14094/trackback

Yosemite で、ファイル名の一括変更が可能になって便利に” への2件のコメント

  1. Windowsでは似たような事をユーティリティ使ってやってますが、OS標準で用意されてるのはいいですね。正規表現使えればもっとよさげ。

    Linuxだったら、ウチのやつには簡単なのはコマンドラインでは実装されてます。複雑な変換をするときは、自分でスクリプト書いちゃったほうが早いかもしれません。

  2. さいとうよっちゃん江

     もちろんMacにも同様のユーティリティはたくさんあるけど、OS標準で手軽にってのは歓迎ですね。
     それこそ正規表現使ったりともっと複雑なファイル名一括変換を常用しているような人は、すでにスクリプトを組んでいるように思います。そうじゃなく、いくつかのファイルの前又は後に同じ文字列を追加したいというようなライトユーザ? には丁度いいかなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください