突然、利き目が変わった

 半月くらい前に視力低下が気になり、眼鏡を新調しようと思い眼科及び眼鏡店へ行った。
 特に左目の視力が落ちていた。視力云々については、また別の機会に書くが、その左目が俺の利き目だったのだ。まぁ、記事タイトル通りなのだが。

「利き目」は簡単にわかる。
 片腕を前方に延ばし、親指と人差し指で丸(グッドサイン)を作る。
 あまり意識せずに、その丸の中に、さらに前方の見たいものを入れる。
 腕、頭、視線をそのままにして、片眼ずつその丸を見る。
 目標物が丸の中に入って見える方が利き目。

 あ、もっとわかりやすく説明しているサイトがたくさんあるよね。そのうちのひとつを紹介しておく。
 ハピラボ|利き目を簡単に知る方法

 で、昔からずっと左が利き目だったし、つい最近まで確かにそうだった。それが、今回の視力低下で右に変わっている。
 眼の見え方に限らず、人間の体で左右対になっている物は、お互いをかばい補うようにできているとはよく言われる事。
 そんな事は知識としてはわかっていたが、くしくもこの視力低下で、それをまさに自分の目で実感したわけだ。いや、冗談を言っている場合ではないのだが。
 人間ってすごいなぁと思ったしだい。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/14089/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください