NeoOffice 2.1

 MS Office互換のMac版フリーソフト NeoOffice
 晴れて2.1のβがとれて、正式版になったよ。

 Office2007のワード及びエクセルとの互換性の向上と、エクセルマクロ(VBA)の実装がメイン。
 それは二の次(笑)だが、速度と安定性がかなり向上して、使い勝手がよくなった。

 まず嬉しいのが、起動にかかる時間が大幅に短縮された事。βでは起動に1分前後掛かっていたのだが、Office2004をRosetta起動するよりは速くなった。体感で3分の1位に短縮された感じ。
 個人使用なら、もはやMS-Officeを使う必要は無くなったね。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10439/trackback

4 thoughts on “NeoOffice 2.1

  1.  Mac用のOpenOffice.org ってなかったでしたっけ?
     それより互換性が高いとか、Macらしさがあるとかなんでしょうかね。

     VBA対応については自分ではVBA使わないけど、他人が作った文書がVBA使っていたりすることが稀あるので、安心感がありますね。

  2. mishimaxさん江
     OpenOffice.orgのMac用ありますよ。つーか、NeoOfficeもOpenOffice.orgのコードを使ってます。
     OpenOffice.orgはMac用といってもUNIX環境用なのでX11が必要で、日本語入力も別途用意しないとならんので面倒くさいです。他のMac用アプリとコピー&ペーストもできないし。
     OpenOffice.orgにJavaでAquqインターフェース(MacらしいGUI)を実装して、普通のMac用アプリと同様に利用できるようにしたのがNeoOfficeですね。

  3. >OpenOffice.orgはMac用といってもUNIX環境用

     なんですね。そりゃぶっちゃけ不便ですね。
     やっぱ、自分が使ってないコンピュータ上のことって知らないこと多すぎるなあと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください