語る背中

 仮面ライダー響鬼、四十七の巻。

 明日夢が弟子にならず、別の方向(パネルシアター等のボランティア)での人助けに自分の道をみつけた様子。

「鬼というのは変身する事だけじゃない。鬼になることは怖いと思う気持ちと戦うことだと思う」
 京介と明日夢に言うヒビキさん。自分やイブキに言い聞かせているような印象をうけた。
 ってことで、イブキの代わりに単身「浄めの儀式」に向かうヒビキさん。浄めは独りの鬼で行わなければならない、というしきたりは解るが……、ちょっと前におやっさんが言ってた「関東の鬼を集めよう」はどうなったんだろ(笑)。
 最終回にも出てきそうもないしな。

 あ、最終回といえば、謎の男女の前の水槽に入れられてたのは、モッチーか? モッチーがピンチ?
 うぉー。モッチー派は全員注目せよ。無事を祈れ!
 あと、京介が変身するっぽいね。最終回は、ちょっと先の設定なんだろうか。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10045/trackback

7 thoughts on “語る背中

  1. あの新しい鬼は京介なんでせうか!?
    モッチーのピンチに奮い立った明日夢かも知れないっすよ!
    あー、けど遂に最終回っすね…うう…

    でも新番組予告は前番組最終話後だけにしろよ、テレ朝よ…
    子供たちが早々にそっちにいっちまうだろ…!w

  2. somedayさん江
     新しい鬼、どうでしょう。普通に考えると京介ですけどね。

     新番組予告……は結構ですが、早くもアイテム(おもちゃ)を前面に押し出してたのが、なんとも。

  3. いや、もう、次でしっかりおもちゃ売って、蓄えを作って欲しいですね。

    で、本当に次でまとまるんでしょうかね?
    555の時の悪夢が・・・。

  4. すしバーさん江
     そうですね。2作続けておもちゃ売れないとなると、ライダーが途絶える危機ですし。
     まぁ、無難な線でもいいから、35周年を乗り越えて欲しいですね。

     響鬼の最終回は、なんか、1年後の話らしいですが、一気に収束するのかなぁ。
     童子と姫が今回無意味に消えましたからねぇ。

  5. きょう晋作は、びといんはボランティアへ変身したかもー。
    きのうは鬼は変身したかったの♪
    関東までびといんと変身しなかった?

  6. 変身しないで戦うのがカッコヨカッタ♪

    ヽ(´ー`)ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください