iPhone 7を予約した

 9月9日に予約開始されたiPhone 7を、早速、当日にソフトバンクのオンラインショップで予約。
 日本での取扱いが開始されたiPhone 3Gから6まで毎年購入(機種変更)してきたが、昨年のiPhone 6sにはまったく魅力を感じられず見送り。
 おかげで、iPhone 6は初めて月月割を満額享受できる(笑)。

 iPhone 7は耐水機能、モバイル電子決済、Macのログイン認証解除鍵など、待っていた機能が多く搭載されたので楽しみ。
 特にいわゆるお財布ケータイことモバイル電子決済は、待望の機能。
 Apple Payの体裁を使うものの、日本向けのiPhoneにはFeliCaを搭載したと。各国個別仕様を嫌がり——Apple独自仕様をもって(笑)——世界で同一の商品を売ることにこだわっているAppleにしては異例中の異例。
 日本市場を重要視しているとはいえ、さすがにNFC仕様のままでApple Payを日本に普及させようとするのは断念したと。大歓迎だね。
 交通系は当初はSuicaだけみたいで、他の地域のかたには申し訳ないが、東京在住なので個人的には問題無し。
 最寄りが都営地下鉄と都営バスなので、できればPASMOの方がいいけれど現在は通勤定期券を購入の必要もないので、Suicaでも良い。

 ソフトバンクオンラインショップは毎回、事前予約時点では出荷日がわからない。商品確保の第二報メールで出荷日が確定され、本契約になる。
 予約開始直後の9日16時に予約サイトにアクセスしたが混雑していて、申し込み完了したのが10分くらい。ジェットブラックにしたが、この色が一番人気らしいので、発売日の16日には無理だろうな。

 ともかく、2年ぶりの機種変更、新しいiPhone。到着が楽しみだ。


Suica返却

 新幹線通勤で使っていたSuica定期券。そのチャージ残高を使い切ったので、JR秋葉原駅のみどりの窓口に返却してきた。
 通勤には地下鉄しか使わなくなったので、定期券もPASMOだけでいい。
 面倒が減ってよかった。

 Suica。数年使って、印字面が擦れてぼろくなっているんだけど、長距離通勤の苦楽を共にして、寝て乗り越しての0円清算とか、ちょっとした思い出もあるし記念にとっておこうかなと思ったが、返却すると保証金500円を返してもらえるので、その金の誘惑に負けた(笑)。


改札で不具合

 今朝。JR上野の新幹線改札でSuica定期券をタッチしたら、エラー。数回タッチしてもだめ。しかたないので、窓口改札で処理してもらい、通った。
 月曜日の朝からわざわざ不具合発生で、かなり凹む。
 その後、新幹線の中で考え直してみると、もしかしたら、秋葉原(の一般改札)を、地下鉄のPASMO定期券をタッチして入ってしまったような気がする。
 降車駅の高崎に着き、改札で事情を話して、PASMO定期券を見てもらったら、案の定、秋葉原でこれで入ってしまっていた。それはクリアしてもらい、事無きを得た。
 もちろん俺が悪いのだけど、こういう不具合を恐れていたんだよね。俺の通勤経路だと、地下鉄とJRの乗換は乗り継ぎ処理ができず、SuicaかPASMOの1枚の定期券に出来ないんだよね。っつーか、そもそも新幹線定期券だとPASMOで発行できないのかも知れないけど。
 なんかさ、もしもPASMOの方に1万円とか残高があって、気付かずにPASMOで乗ってPASMOで降りちゃったら、秋葉原〜高崎間の新幹線料金が引かれてしまうのかねぇ。その間のSuica定期券をちゃんと持っているのに。怖いよ。


パスモ不可/モブログ

 JR高崎駅の売店で飲料買って「PASMOで」と言ったら、店員が「申し訳ありません。Suicaだけになります」だって。
 おい。今月からチャージはPASMOにしかしてないから、もうSuicaには13円しか入ってないんだよぉ。
 こんな売店、初めてだぜ。
 駅売店で鞄から財布を取り出しから小銭で払うのって、こんなに面倒だったのかってくらい面倒くさい。
 もう、この売店で買物しない!


読みが甘いとしか言いようがない

 “売れすぎ”PASMO、発売停止——定期券のみに (2007.04.11 ITmedia News) というニュース。

 PASMO協議会は4月11日、FeliCaを利用した交通乗車券「PASMO」の発売を制限すると発表した。

 PASMO定期券は引き続き販売するが、記名PASMO・無記名PASMOの販売は4月11日いっぱいで停止。8月から販売を再開する。またオートチャージ用PASMOについても、4月13日付けの申し込み分で締め切り、9月に受付を再開するという。

 当初の予想発売数は、Suica導入時を参考に割り出したそうだが、もしかしてその当時そのままにしたって事はないよな?
 あれから6年も経って、先輩であるSuicaの功績もあって、ICカード乗車券が何かというのも知名度が桁違いだと思う。ましてや、「電車もバスもこれ1枚」と言われたら、Suicaでも相互利用できるとはいえ、毎日利用する最寄り駅が私鉄やバスだという人は、PASMOを買ってしまうのが人情じゃないかな?
 定期券更新のついでにちょっと早めにPASMO定期券にしておいてよかった。あ、定期券は発売停止にならないのか(笑)。
 ともかく、ちょっとイメージダウンになってしまったね……。

 関連リンク
 PASMO公式サイト


PASMO定期にした

 先週の木曜日、地下鉄定期券の期限だったのだが、すでに窓口は閉まっていた。
 長距離通勤なので20時に間に合うことは滅多にない。それに、この地下鉄定期の分は(通勤手当上限を越えているために)完全に自腹持ち出しなので、財政的に、クレジット引落のタイミングを考慮して5月払いにしたいからギリギリまで待ってたんだよね。
 しかし、窓口も閉まって、翌日朝に切符買うのも面倒くさいし、赤字は数百円でも節約したいし……ってことで、券売機の所で定期券更新したのだが、つい勢い余ってPASMO定期に切り替えてしまったよ(笑)。

 定期入れに、PASMOとSuicaを入れているけど、なんとかなるね。
 二つ折りの定期入れの、左右にそれぞれSuicaとPASMOを入れる。チャージはPASMOのみにした。


電車も、バスも、PASMO

 2007年3月18日(日) PASMO サービス開始! (2006.12.21 東京都交通局)

 だいぶ前に今年度中に始まるという報道はされていたが、この年末のニュースには気付かなかったわ。

 要は、東京近郊のバス共通カードと、地下鉄及び私鉄各社共通パスネットを合併した1枚のICカードでバスも電車も乗れるようになるというもの。しかも、JR東日本のICカードSuica(スイカ)とも相互利用可能。つまり、首都圏のほとんどの公共交通機関に、このPASMO(パスモ)かSuicaどちらか1枚で乗れるということ。キヨスクでもPASMOは使えるらしい。端末機はどうみても同じものだしな。

 俺はバスはあまり乗らないけど、地下鉄とJRとでカードが別なのが不便でしょうがなかった。
 ただ、相互乗り入れしていない地下鉄とJRの通勤定期は、1枚にならないんだろうな。
 っつーか、互換性あるICカード2枚をひとつの定期入れにいれておけないじゃん! それはかえって不便かも(笑)。
 4月から都内に転勤になればいいのだが(笑)。