アキハバラデパート閉店

 さらばアキバデパート (2006.12.26 YOMIURI ONLINE)

 JR秋葉原駅と接続しており、電気製品以外の様々な商品を扱う店が入る「アキハバラデパート」が今年いっぱいで閉店する。デパートの運営会社が全面刷新を検討しているためで、秋葉原の名物の一つとして訪れる人を迎えてきた「実演販売」コーナーも姿を消すことになる。同デパートには連日、閉店を惜しむファンや常連客が詰めかけている。

 既に数年前に閉店は決定されていたんだけど、ついにこの時が来てしまった。

 子供のころ、交通博物館に連れていってもらった時には、まず午前中に神田明神にお参りをしてから、アキハバラデパートで昼食、その後、メインに交通博物館という流れだった。交通博物館も今年の5月に閉館したしなぁ。
 高校生の頃は、秋葉原は通学の乗換え駅だったので、放課後にちょくちょく立ち寄った。その頃(25年近く前)にすでに「百円均一専門商店」が存在していて、小遣いの少ない俺らはとても便利に利用させてもらった。
 もちろん、現在でも、嫁さんや子供と一緒に秋葉原にでかけると、あの電気街口周辺に堂々を存在するアキハバラデパートは、アキバの象徴だという認識でいた。

 闇市〜電気街〜パソコンタウン〜オタクの街……と変貌してきた秋葉原、最近では飲食店も多くなったし、マンションなどの居住区も増えた。
 なんらかの泥臭いマニアックな街のままで存続して欲しいけど、今後はどうなるんだろう。

鈴置さん、ご逝去

 夕方。仕事が一段落した頃。
 友達からメールがとどいた。

 まずは、それに対して「え?何で!?」としか返事できなかった。

 声優・鈴置洋孝さんが亡くなったとの事。
 恥ずかしながら、氏が闘病しているということを全然しらなかった。
 テレビから流れるCMやバラエティ番組のナレーションで、毎日のように、何気なく耳に入ってくる、声。
 単純に「ブライト、今日も居るな!」と、喜んでいた。

 そう、ブライト。
 良いか悪いかは判らないが、俺らの年代だと、鈴置さんといえば、「機動戦士ガンダム」のブライト・ノアか「無敵鋼人ダイターン3」の破嵐万丈だろう。

 第二次ネオジオン抗争(シャアの反乱)をも生き抜いたブライト艦長。
 そのキャラクターに象徴されるように、鈴置さんの存在は、今後も忘れることはできないだろう。

 お疲れさまでした。

 哀悼の意を表し、敬礼!

[オフ会]2005東京新年会レポ(まとめ)

 5回に分けて、俺なりにオフ会の記録を綴ってみました。
 ちょっとこだわった部分がひとつだけあるんです。いつ誰が合流したかは書いたけど、いわゆるお別れシーンは書いてません。
 また毎日ブログで会えるから、別れじゃないし……っていうとキザですが、本当は、やっぱり寂しいのは嫌いなだけです。

 発起人として、いろいろやったつもりでしたが、不慣れなため、皆さんに頼りきりでした。勉強になりました。
 お陰様で、とても楽しかったです。

 ネット歴は15年以上。無数のオフ会に参加してますが、(半日ずつとはいえ)延べ3日間というのは初めてです。

 折に触れて感じることですが、ブログは、かつての草の根ネットに似ていると思うのです。
 各自のブログは「シグ」、ブロガーは「シスオペ兼シグオペ」。どちらかというとシグオペ的役割の方が大きいかな。
 そして、近隣の草の根同士で、共同企画とか、データFD(フロッピーディスクなんですよ(笑))配付とかを始めて、それが徐々に広がるの。
 この辺、説明すると長くなるので、解らない人には、ごめんなさい。おっさんの思い出話だと思って流してください。

 ちょっとは形態がかわっちまっったかも知れないけど、その本質はなんら変ってない。
 ましてや、そういうお付き合いをさせてもらっているみなさんと、直に会って、騒いで……。

 すみません、次の言葉、今回の東京オフを象徴する言葉として、丸ごと引用させていただきます。

やばいことに、昨日集まった連中が頭ん中で、旧知の知人にカテゴライズされているようです。

 みなさん、ありがとうございました。機会があったら、また集まりましょう!

2003/06/25

 職場で、昼休みにチラシを配りにやってきた某生命保険の女性。
 俺の机に飾ってある写真を見て、「西郷隆盛が好きなんですか?」と。しかも、わりと通りの良い声で。
「え?別に好きじゃないですよ」
 と、冷たく返事してやった。当然、意図的にそっけなく。保健勧誘は大嫌いだからね。
「その写真、西郷隆盛じゃないでしたっけ?新撰組?」
「坂本龍馬」
「あー、龍馬。カリスマですよね。島原の乱でしたっけ、隠れキリシタンの反乱」
 ……もういいよ、どっか行ってくれ、という気分。
 勧誘のツカミを探っていたのかもしれないが、残念でした。
 ボケだか天然だかわからんけど、半端な会話を仕掛けてくるな。鬱陶しいんだよ!西郷隆盛と言った時点で、あなたに対する俺の評価は、百段階のうちのマイナス百です。死ね!とすら言いたい。
 貴重な昼休みへの侵害と龍馬を馬鹿にされたような気がして、午後はずっと不愉快な気分だった。

 ゴレンジャー。DVDのVol.8を買って、一部では名作との誉れ高い、機関車仮面の回を見る。
 確かに、面白い。2年間続いたうちの丁度中間くらいで、たしか、これ以後、ギャグ路線に陥っていくんだよね。その端境期に、今後の路線を象徴するかのような、逸品。