柳家喜多八師匠、お疲れ様でした

 寝耳に水とは、まさにこの事。
 昨日5月21日夕方、ツイッターのタイムラインにあった投稿から、柳家喜多八師匠の訃報を知った。
 特に柳家/柳亭、古今亭を贔屓にしている俺としては、大いなる大打撃だ。
 誰か、師匠が寝ている布団の四隅を持って頭と足を入れ替えて呪文唱えてやらなかったのかよ……。

 いつもマクラではやる気がなさそうに「あたしゃ虚弱体質でして」って言うのが定番で、単なるネタだと思って大笑いしていたが……。

 喜多八師匠を知ったのは、ほんの数年前。テレビ番組「TBS落語研究会」で見てから。

 その時の演目が「死神」で、やる気のなさそうな虚弱体質キャラでのマクラから本編での死神登場のくだりまで、スムーズに入り込めた。
 死神は最初はやる気なさそうな飄々とした感じだが、しかし、噺が進むにつれ凄さがます。そして最後は落語ではあまり多くはない「救われない」結末。
 喜多八師匠の風貌とキャラクタに見事にマッチした快作だった。
 すっかり喜多八師匠のファンになっちまった。

 前述のように、師匠を知ったのがつい最近であるため、いつから虚弱体質キャラを演じていたのかはわからないが、近年は、身をも芸に取り込んでいたのかなぁ。

 ついぞ生の口演を聴けなかったのが悔やまれる。

 柳家喜多八師匠、お疲れ様でした。
 あじゃらかもくれん、きゅうらいす、てけれっつのぱぁ!

東スポの一面に載りました

 面白法人カヤックがリリースした、「東スポブログパーツ」をサイドバーに付けてみた。

 リリースニュース

「東スポ一面ブログパーツ」はブログの本文を解析し、一面見出しにふさわしいテキストを自動的にピックアップし、お馴染みの“東スポらしい”一面見出しを生成します。2つ折りの新聞にマウスを重ねれば、お馴染みの東スポ一面が出現し、ブログパーツ内には、東京スポーツの携帯サイト「東スポ芸能」(※2)の最新ニュースがティッカーとして流れ最新情報を入手することもできます。

 ちなみに、設置後最初に表示されたのは、これ。↓
東スポブログパーツ
 なんだか知らないけど、信州のあのお方を暴露するらしい。つーか、このブログパーツに「さなだむし」が表示される確率が高いような気がする。そんなに東スポ一面見出しにふさわしいのだろうか(笑)。

クレイジーケンバンドがメジャーデビュー

 クレイジーケンバンド、メジャーデビュー (2009.05.13 サンスポ)

 男、49にして起つ−。横山率いるクレイジーケンバンドが、結成12年目でメジャーデビューだ。

 えー。今までインディーズだったとは意外。既に大御所の風格なんだが。

 ♪ オレの話を聞け〜。サビのシャウトが印象的な「タイガー&ドラゴン」はTBS系の同名人気ドラマ主題歌で、フジテレビ系「とくダネ!」の芸能デスク、前田忠明氏(67)のテーマ曲でもおなじみ。アルバムは05年以降、毎年1枚ずつオリコン週間チャートのベスト10に入る。

 名実ともに人気バンドだが、実はこれまでインディーズで活動してきた。横山は「基本的に僕の考え方はインディーズ的にでもなければ、メジャー的でもなく、きわめてマイスタンダードなもの、つまり『規格外』なものでありますので、どちらかに振れることなく、それぞれの一長一短を冷静に俯瞰して参りました」と説明する。

 しかし、昨年6月からユニバーサルが移籍交渉を開始。担当者がライブに足繁く通った結果、同社内に初の個人レーベル「ダブルジョイ・インターナショナル」を設立することで合意に達した。

 横山は「『大は小を兼ねる』という想いと、専用レーベルを設立させて頂くという難解な条件を呑んで頂けたことが私の背中を押したわけでございます。ルーキーになった気持ちで勇往邁進したいと存じます。イイネ!イイネ!イイネ!」と決めゼリフで宣言だ。50代を目前にして原点回帰、その生き様でオヤジ族に活力を与える。

 メジャーの力で、テレビ出演とかも増えるのかな。ともかく、これからも「かっちょいいオヤジ」でいて欲しい。

ひっぱれー

 昨日今日の二夜連続スペシャルドラマ「ザ・ヒットパレード」を見た。

 最近の昭和レトロブームに乗った作品といってしまえばそれまでだけど、このドラマは、「手が届かない憧れの存在だけど、身近に感じてしまう」という妙な存在である芸能界を舞台にしているので、素直に楽しめた。
 実際、主人公である渡辺晋氏については俺はまったく知らないから、氏の半生って観点では見てなかったし(笑)。

 とりあえず、特別出演の陣内孝則さんがよかったな。最初は植木等役っての知って、違和感を感じた。
 というのも、陣内さんは、十数年前にコメディアンの青春時代を描いたドラマ「ゴールデンボーイズ」でポール牧役を演じていて、それが似合い過ぎていて強烈だったからね。同じ実在するコメディアン役(いや、植木等さんを含むクレージーキャッツは本来はミュージシャンだけど(笑))だから。
 でも、最後には、陣内さんが植木等さんに見えた気がした。
 しゃべり方もトーンを押えたふうで、植木さんぽかったし。

 っつーか、「ゴールデンボーイズ」も見たくなった。ビデオ残ってるかな。捨てた400本以外の棚にあると思うけど……。

エースのジョー

 クイズ$ミリオネアを見ていたら、宍戸錠さん開さん親子が出ていた。
 開さんは、ウルトラマンマックスのヒジカタ隊長役として、毎週見ていたけど、錠さんは久し振りに見たな。
 それにしても、宍戸錠さん、老けたなぁ。
 頬のシリコンを除去する手術をしてからは普通のじいさんみたいになった感じだったけども、それを割り引いても、なんか、颯爽とした雰囲気がないみたいな。
 良いか悪いかは解らんけどね。

Tag(s) [テレビ番組][芸能ネタ]

ジョジョビジョバァ〜

 通勤利用している山手線の車内広告でみて、すげーなと思っていたんだが。
 サントリー「DAKARA」のキャッチコピー

 ワタシの中のよからぬ物がジョジョビジョバァ〜

 キョンキョンがシーツみたいなのにくるまって寝ている、そのシーツに上記のコピーが書いてあるんだよ。
 すげーと思う反面、キョンキョンらしいな、とも思ったけどね。

 さっき、テレビCMも放送されてた。同じフレーズをバラード調で歌ってる。
 うむ。いい!

 ところでこのCM、「よからぬブルース小泉今日子”篇」ってなってるよ。他の人も企画されてるのかな。

Tag(s) [テレビ番組][芸能ネタ]

レイザーラモン

 昼にテレビに出ていたレイザーラモン。

 住谷さんがHGキャラとしてピンでブレイクしたもんだから、最近は相方の出淵さんもRGなんていうキャラでボチボチ出ていたが、なんかコンビで芸やってるの見たのは初めてだ。
 数分間だけだったので、これだけで決めつけるのはまずいかもしれないけど、あまり面白くなかった。
 いや、二人でフォーフォー言ってるだけだし(笑)。

 住谷さんがフォロー役に回ってたのは好感持てるけども、そもそも奇抜なキャラでひとりで売れてしまったのだから、コンビとしては、その辺のフォローもいれないとね。
 あと、どうでもいいけど、素顔の住谷さんは、なかやまきんに君さんとキャラかぶるよね(笑)。そういう意味ではHGになって正解。

Tag(s) [芸能ネタ][お笑い]

西遊記(最終回)

 正月から放送していた月9ドラマ「西遊記」。
 今夜が最終回だった。

 これまで色々な西遊記を見聞きしたが、天竺・大雷音寺の僧侶たちが極端な教典至上主義者かつ「下々の俗人にはお経は理解できない。ましてや(悟空たち)妖怪など汚らわしい」という形骸化した連中(つまり悪しき存在)って設定は、初めて見た。
 結局、悟空たちは大雷音寺で大暴れして、命からがら脱出。
 で。
 山のふもとまで戻ってきた所で、変なおっさんが待っていた。実はお釈迦様が人間の姿になって現れたのだが、お釈迦様役は、堺正章さんだよ! もうこれだけでツボ!
 最終回に堺さんがゲスト出演するってのは先週発表されたが、放送1時間過ぎても出てこないので、ハラハラしてたところに(笑)。
 おまけに、悟空が落とした如意棒を堺さん扮するお釈迦様が遊んで振り回すというサービスシーンも。その時のBGMがしっかりと「モンキーマジック」だったのも感動した!

 いやぁ、面白かった!

Tag(s) [テレビ番組][ドラマ][芸能ネタ]

喰いタン 最終回

 時々しか見ていなかったけど、面白いね。
 東山紀之さんはやっぱり演技上手いし、かっちょいい。
 っつーか、冒頭でちょっとだけなんだけど、ヒガシのダンスシーンが見れただけで満足だ。

Tag(s) [テレビ番組][ドラマ][芸能ネタ]

なぜか〜さいたまぁ〜

 すぬお。さんの所で脱線コメントを投稿した後、気になって検索してみたら、元気にご活躍なんだね、さいた☆まんぞうさん。
(さっき検索するまで、「☆」が入るの知らなかった)
「歌う審判」とか「芸能界のツチノコ(めったに見られない)」とかって見出しは、どうでもいいけど、さいたさん、ブログもやってらっしゃる。
 うむ。お元気そうで何よりです。
 しかし、「☆」は「姓」なの?「名」なの?
 姓だけで表記する場合は「さいた☆」さん?「さいた」さん? つのだ☆ひろさんにも質問したいけど。
 っつーか、さいた☆まんぞうさん、カツラ着用の岡山県出身だったのかよ!