試験も終わり、連休中

 日曜日に、資格学校で復元図面採点会があり、とりあえず合格予想をもらった。設計製図試験は学科試験の五肢択一式とは違い、配点方法がブラックボックスで採点官の主観による部分もあるので、どうなるかはわからん。資格学校で間違いなく合格だろうと言われた人が不合格になったり、その逆もあるそうだ。
 ひどい話だが、ミスを採点官が見落としてしまうということもあるんだろうなぁ。

 採点会のあと講師の先生や受講生の人たち30人と、打ち上げの宴を開催した。いやぁ、盛り上がったなぁ。
 12月の合格発表の後に、またみんなで笑顔で集まりたいね。
 
 二級建築士試験も終わったので、やっと夏季休暇を取得し、祝祭日にからめて9連休を堪能している。
 今日はほとんど寝ていた(笑)。
 この連休中、あまり天気はよくないようなのだが、後半は出かけるので雨にはならないで欲しいもんだ。

38枚描いた

 二級建築士の設計製図試験(二次試験=実技)が、いよいよ今度の日曜日にせまった。

 7月4日から今まで描いた図面は——課題一式フルに描いたもののみで——39枚(うち資格学校での授業内で描いたもの8枚)だった。
 自宅練習では7月は週1〜2枚、8月に入ってからは週2〜4枚のペース。

 最初は1枚描き上げるのに6時間とかかかり、エスキスも——最初なので簡単な課題なのに——2時間近くかかってた。トータル8時間。本番の4.5時間の2倍くらいだよ。こんなんで本当に受かるのか?と思ってた。
 しかし、さすが高い受講料を払い、2ヶ月間、毎週日曜日に12時間くらい(休憩含む延べ時間)の講義に通った甲斐はある。確かに、エスキス1時間、作図3時間でなんとか収まるようになったよ。

製図
 ↑こんな図面を3時間で描いている。

 描いた図面を翌日見直すと細かいミスはいくつかあるんだけど、一発ドボンの重大ミスはしなくなった。
 試験、なんとかなりそうな気がする。

二次試験へ

 国家試験……ってぼやかして書いていたけど、もういいか。いちいちぼやかすのも面倒くさくなってきた(笑)。
 えっと、二級建築士の試験を受けている。二級建築士って都道府県知事の免許なんだけど、国家資格なんだよね。
 俺の最終学歴は工業高校建築科卒なので、実務経験がどんなにあろうとも、直に一級建築士を受験できない。(´・ω・`)。

 閑話休題。
 昨年、6年ぶり3回目の受験で木っ端みじんになったので、それを省みて今年は自分自身を追い込んで勉強してる。
 昨年の11月からだから、半年以上だよ。
 で、先日の学科試験には合格しそう(資格学校の独自解答による自己チェック)なので二次試験である設計製図試験のための講座に突入したわけだが。

 講座は日曜日に開講なんだけど、その前に、課題解答例をトレース(見本をみて、模写する事)してこいとの宿題をもらった。
 昨日は、しまってあった平行定規を出してきたり製図用具のメンテをしたりしただけにして、今日、本腰を入れて製図の練習(宿題)を始めた。

 今日は「1階平面図兼配置図」を書いた。
 作図時間は、1時間45分。
110706_zumen.jpg

 設計製図の本試験は4時間半。もちろん平面図だけじゃないし、課題に沿ったエスキスも、その制限時間内にやらなきゃならない。
 1階平面図は1時間弱で書かないとダメらしい。うひー。

 本試験までの2ヶ月程度の間の講義で「かならず描けるようにする」と、資格学校はいっている。それを信じて頑張るしかないね。
 建築を生業としている者のたしなみとして、この資格は取得したい。

日曜の朝から数学問題はきついわね

 来年の国家資格受検のための資格学校の講義が開講したので、去る日曜日に出席してきた。
 今年「独学コース」で合格できなかったので、その保障で23年受験用に通学コースに入れるのだ(入らなければ代金が無駄になる)。
 初日だったので、ほとんどがガイダンスだったのだが、最後に専門科目の問題を解くのに必要である数学の基礎テストがあった。四則演算から分数の約分、簡単な連立方程式、三角形の辺の法則など、極簡単な項目なんだけど、日曜日の午前中にふいにやらされると、なさけないことに咄嗟には答えがでてこないものだ。
 12月からは毎週通学。っしゃー!

ミニエレキ

 大人の科学Vol.26「ミニエレキ」を購入。別に楽器が大好きと言う訳ではないし、エレキギターには全然詳しくないけど、なんかいいよね、エレキギター。不良っぽいし(笑)。
 1時間程度で組立てできるようだ。日曜日にやろう。
 これ、4弦なんだね。4弦といえば、10年くらい前のブームの時にちょっとかじったウクレレと同じ。すぐに弾けるようになるかしら。

猫ドア設置完了

 2/13金曜日にマンションの引渡しを受け、晴れて我家となった。
 土曜日に敷物の配達。日曜日に照明器具の配達。照明器具を取付けたら、だいぶ「家」らしくなったよ。
 さて。引渡しを受けたので、堂々と加工できる(笑)。
 そんな訳で、昨日早速、猫ドアを設置してきた。
猫ドア穴開け
 一番最初のドリルはさすがに少しためらいもあったが、その1発目の穿孔をしてしまえば、あとは一気にやった。つーか、穴開けてしまったら後戻りは出来ないが(笑)。
 切り口は多少雑でも、猫ドアパーツの縁に隠れてしまうので大丈夫。小型電動ドリルとホビー鋸でザクザクと大胆に穴を開ける。
 作業途中、ある業者が来訪したのだが、その営業さんも「新築の入居早々のドアに穴をあけるなんて、大胆不敵ですね」と言ってた。うむ。俺にとっては最大の褒め言葉ですよ。
 猫ドアの設置は最初からの予定だったので、問題なし。今までは社宅住まいだったのでドアの改造なんかできるわけもなく、今回の猫ドア設置は楽しみにしていたんだ。
猫ドア設置完了
 洗面所に猫トイレを置くので、リビングと洗面所の入口に猫ドアを設置した。
 にゃあは、ちゃんとくぐってくれるかなぁ。

コンタクトレンズを替えた

 昭和の日だった火曜日から、新しいコンタクトレンズにした。
 実は、去る4月20日に、それまでのコンタクト片方を紛失してしまったのだが、平日はなかなか眼鏡屋に行けず、一週間経過した日曜日に注文したのよ。
 度数から何からまったく同じ製品を同じ店に注文するだけなら、電話で頼めば済むんだけど、前回コンタクトを買ってから2年。その店は、すでにコンタクトの取り扱いをやめてしまっている。それに、そもそも、俺が使っていたメーカーそのものが、コンタクト製造事業から撤退してしまっているんだよね。
 ってことで、十数年愛用してきた製品から変えて、初めて違うやつにしたよ。

コンタクトレンズ
 なんか少し装着感が違う。決して悪くはないんだけど、やっぱりメーカーが違うと同じなわけはない。
 っつーか、フィット感が良すぎる(笑)。
 ドライアイに拍車がかかる。目薬がいくらあっても足らん。
 それと、コンタクトして手元を見るとかなり疲れる。うーむ。昔から極度の近視なのでどうかは良くわからないのだけど、老眼も進行しているっぽい。家ではなるべく眼鏡にしよう。

管理画面の統合

 FC2インフォメーション:【ブログ】新管理画面統合のお知らせ

新管理画面を現行管理画面と並行して運用を行っておりましたが
新管理画面への統合準備が整い、旧管理画面は廃止となりますことを
お知らせ致します。

以下の通り新管理画面への統合の目処が立ちましたので統合を行います。
・新管理画面利用ユーザーが99%を超えた。
・メンテナンス及び機能拡張が容易になる為。

日時:日本時間の2008年2月26日曜日の10時より移行開始
この日時以降、全てのお客様のブログ管理画面が新管理画面となります。

 色々問題あったけど、やっと新管理画面に統合されるのね。って、まだ不具合があるみたいだけど、それは管理画面統合とは違う部分で起きているのかな(笑)。
 個人的には、ずっと新管理画面を使っていたので、あまり不満はないけども。しかし……。

◇新管理画面の特長◇
1.夜間やピーク時間帯でもブログが安定して表示されるように工夫されています

 上記については、ちょっと疑問が残るぞ。遅い状態で安定している日が多いのだが(笑)。

iPodが返ってきた(2度目)

 3日前の日曜日夕方に再修理のために引き取られていった、我がiPod 5G。それが今日には返ってきたよ。早っ!
 またもや素早いので少し疑ってしまうけども、実は先日、アップルジャパンのサイト内で修理状況を確認したら「問題を特定。交換品の発送処理中」となっていたので、うれしかった。
 で、今日届いたのは、ガワに限っていえば(っつーかiPodって簡単に分解できないから中身はわからんよね)シリアルナンバーもあらたな新品の、たぶんまるごと交換品。

 前回修理の時には、ディスクやらメモリやらコネクタやらの動作確認の細かいチェック伝票が付いていたのだが、今回は、それらはまったくなし。でも、問題が特定されたといっているので、不具合が再現されたと考えて良いのだよね。

 いま、まず最初の降る充電が完了。これからMacにつないで復元(初期化&同期設定)させて、あとはまた、初回の完全放電まで使わないとな。

散歩の距離

 週末は、大きな用事がなければ、家の近所を散歩する。基本的に家の中に居るのが好きだが(笑)、多少でも外へ出ないとね。
 今日……あ、日曜日の事。日付が変ってしまったので、正確には昨日だが、俺の感覚としては「寝るまでが今日」なの(……ってのは、誰かも言ってたような気がするな)。
 話を元に戻す。
 今日も嫁さんと散歩に出た。

 まず、川沿いをちょっと進んでから、あまり歩いたことのない脇道のひとつへ逸れて、路地を行く。路地や町なか、公園などを適当に巡る。
 というのが、定番。
 あまり歩いたことがないとはいえ、家から数キロの範囲内だ。例え初めて通る道でも、家の隣の道となんら変わりないと思ってしまう。もちろん「やっぱり家の隣とは違う何か」も感じるわけで、そういうのが混ざった雰囲気を感じるのも、好き。

 2時間くらい歩いて、途中のショッピングモールをおびやかしての帰路、嫁さんが疲れたと言い出す。まぁな。ずっと歩きっ放しだったからね。散歩にしては結構な距離だったと思うよ。
20061029-sazanka.jpg
 定期巡回してるブログでちょっと前に紹介されていた「ジョギングシミュレーター」を思い出して、そこで移動距離を計測してみた。
 6.26キロ。
 正味2時間半で6キロってのは、確かに疲れるかもね。
 それにしても、このジョギングシミュレーター、面白いな。