S.H.Figuarts 非公認戦隊アキバレンジャー

 S.H.Figuarts (SHF/SHフィギュアーツ)アキバレンジャー。
 先日のイエロー発売をもって、三人揃った。
20120814_a-1
 このアキバレンジャーは、元々がSHF化を前提にしたデザインだそうで、なるほど、素晴らしい造形。
 SHFは今回のアキバレンジャーで初めて購入したのだが、このクオリティなら人気なのはうなずけるわ。
 バンダイ驚異のメカニズム!

 同時発売ではないので、三体揃って並べてみて始めて気付いたのだが、番組劇中での各キャラクタの体格の違いをきちんと反映された造形になっているのが凄い。
 ひとり男性であるレッドは、女性のブルー、イエローとは明らかに違う体格のはもちろんだが、ブルーとイエローも微妙に差異を表現している。
 マスク、胸、スカートの違いは当り前だが、他は同じパーツの色違いで製品化されると思っていた。
 が、なんと、他にも違いが!
20120814_a-2
 ブルーとイエローは、足の長さ(太股パーツの長さだけかな?)を変えて、劇中での身長の違いを忠実に再現している。
 こういうコダワリは、いかにも「アキバレンジャーらしい」よね(笑)。
 感動した!


アキバレンジャーにハマっている

「非公認戦隊アキバレンジャー」にハマっている。
 初回から観ていて、すでに第3話まで放送されているが、実は最初はキワモノだと思っていた訳よ。まぁ、キワモノに違いはないんだけど(笑)、意外にしっかりと作られているんだよね。
 ってことで、今さらながら、アキバレンジャーについて書く。

 秋葉原を舞台に、戦隊ヒーローマニア等を主人公にした、東映によるセルフパロディ特撮ドラマ。
 主人公がスカウトされた時に「撮影はいつから?」みたいな事を言っていたり、「テレビ化されて日曜朝に放送されれば公認化」となっていることから、いわゆる「スーパー戦隊」とか「戦隊モノ」と言われる東映作品は、アキバレンジャー内ではフィクション扱い(笑)。さらに、深夜の放送ってのもあって、ちょっとしたお色気ネタもあるので、毎回予告では「よい子は見ちゃダメ」と出る(笑)。

 いやしかし、結構やりたい放題だな。
 係長(毎回の怪人に相当)がアキバブルー(女性)とアキバイエロー(女性)の乳を揉むとか、後ろ姿ながらマルシーナ(敵の女性幹部)の裸が出るとか……。

 毎回、“公認様”からのゲストが登場するの凄い。

 番組名としては「非公認」となっているけど、戦隊やライダー等のスタッフがかかわっていて、しっかり作られている。映像のクオリティも高い。
「パロディ」ってこうじゃなくちゃね。

 タイトルロゴが「秘密戦隊ゴレンジャー」のそれを周到しているってのも泣ける。
 見栄ポーズとともに背後で無意味な爆発とか、素敵すぎる。

 もうしばらく前から“公認”の戦隊モノは観ていないけど、このアキバレンジャーは、公認より面白いんじゃねーかな。

 アキバブルーの可動フィギュア欲しい。


原色の英雄、集結。

 スーパーヒーロー30周年記念企画のひとつとしてリリース。
 個人的には、「スーパーヒーロー」というより「戦隊ヒーロー」と呼びたいけどな。

 レンジャーズストライク

 バンダイ「カードダスマスターズ」のブランドで、トレーディングカードゲーム化。
 トレカは嫌いではないし、ましてや戦隊ヒーローか!
 でも、まともに見たのはゴレンジャーとオーレンジャーくらいだからなぁ。

 っつーか、やっぱりゴレンジャー用のアイテムカードには「カレーライス」とかあるんだろうか。


尾藤博士は、実在した!

 なんか、常温超伝導がどうのこうのと講釈していたので、近寄ってみたら、尾藤博士じゃないか! 最近登場しないと思ってたら(笑)、こんなところに……。
 っていうのはもちろん冗談。
 連休最後の日である今日、家族でお台場にある日本科学未来館に出かけてきたんだけど、この方は、その未来館のインタープリター(展示説明員)。
 低温環境下における超伝導技術について、リニアモーターや偏向レーザーが実用化されていると説明してくれていた。
 その最後に言っていたが、常温環境下でも超伝導を発生させる物質(常温超伝導体)を発見できれば、ノーベル賞モノだって。
 まぁ、オーブファイブ馬場鉄工所関係の話を作っている時にもちょっと調べてた事なので、概要は解っていたが、こうやって実際に目の前で実演してもらうと、ひじょうによく解るね。
 やっぱり科学は面白い。学校の授業としてはそれほど好きではなかったが、(大人になってから)興味のある分野だけを聞きかじるってのが、何とも楽しいね。
 そういえば、未来館への往復に乗った都営地下鉄大江戸線も、リニアモーター式なんだよね。完全な磁力浮上式ではなく車輪式ではあるけど、リニアモーターによってエネルギーコストを稼いでいるとか。大江戸線、名前は変だけど、意外とすげーな。

注:尾藤博士
「玉猫戦隊オーブファイブ」を核とするオーブプロジェクト内に存在する架空の人物。びといんがその中の人を役する。
 本名=尾藤一郎。政府特務機関特種調査室別室・特種装備研究所(通称馬場鉄工所)所属の物理学者。元・城北大学都市環境物理学部研究室助教授。
 常温超伝導に関する技術を持つため、馬場鉄工所にスカウトされる。馬場鉄工所とは、実は、自分の技術を持て余しぎみなオーバーテクノロジストを良識があるうちに集約して監視するという役目もあったらしい。


怪しいお絵かきおやじ

 通勤電車の中では、愛用のCLIE NX60でブログ記事の下書きや、簡単な絵を描いたりしている。
 最近は、日頃参加している「玉猫戦隊オーブファイブ」関連の挿絵のラフを描いている事が多いんだけど、色々と便利だ。
 いや、どこでもPDAでさらさら描けるという便利さももちろんあるんだけど、それだけじゃなく。
 このところたくさん描いてるのが、登場キャラクターの顔で、まぁ、電車内だから、まわりに「モデル」がたくさんいる訳で(笑)。
「お。あの人は、あのキャラのイメージだ」などと、心の中で思いつつ、スタイラスペンを走らせる。
 難点は、最初の一瞬でほとんどの特徴をとらえてしまわなければいけないことかな。他人をジロジロ見る訳にはいかないからね。チラチラも不可(笑)。
 それでも、どうしても時々周りを見回してしまうから、ちょっと怪しいオッサンかもしれない。
 明日からは、新幹線の中だけにしておくか。

 向かいに座ってる人、美人だな。ユウカ似だ。
 このメモ帳をペイントツールに切り替えよ……。


ペーパークラフト完成!!

「玉猫戦隊オーブファイブ」関係者及びファンの皆様、また、ペーパークラフト好き、ロボット好きの方々、お待たせ!
 やっと、「オーブロボ」ペーパークラフト(ver.1)が出来たよ。

 お約束どおり、白バージョンと、色付きバージョンを公開する。

 白バージョン(シート1/4)robo-w-1.pdf
 白バージョン(シート2/4)robo-w-2.pdf
 白バージョン(シート3/4)robo-w-3.pdf
 白バージョン(シート4/4)robo-w-4.pdf
 色付きバージョン(シート1/4)robo-c-1.pdf
 色付きバージョン(シート2/4)robo-c-2.pdf
 色付きバージョン(シート3/4)robo-c-3.pdf
 色付きバージョン(シート4/4)robo-c-4.pdf

 各4枚、PDF形式で、300dpiの解像度でA4判に印刷されると、縮尺約1/250で、組立てると高さ20センチくらいになる。
 実は、まだこの完成版は俺も組立ててないんだけど、パーツ自体は前回写真の試作品と変ってないので、大丈夫だと思う。
 もちろん、数日中に、俺が組立てた完成写真と、工作ポイントを記事としてアップするけど、とりあえずは、型紙を先行公開するので、腕に自信のある人は、サクっと組立ててみてほしい(そんなに難しくないとおもうよ)。

 色は、パステル調にしてみたが、どうだろう。
 白バージョンで、各自好きな色を着けて楽しんでもらえるとうれしいな。

 不具合とか、改善点などありましたら、ご連絡ください。

 なお、このペーパークラフト型紙は、無断転載や二次配付に類する行為、及び、型紙PDFへの直リンクを禁止します。

追記
 白バージョンの左右カカトの折り線が1本抜けちゃってました。申し訳ありませんが、その箇所はフォースで折り目を見切って折ってください。(2004.11.22)
 例えばAdobeReaderで表示・印刷する場合、プリンタ機種によっては、自動的に縮小される場合があります。全部のシートが同じ縮小率なら問題はないと思いますが、とりあえず印刷ダイアログで100%にして印刷することをお薦めします。型紙は四辺の余白を大目にとってありますので、「サイズが大きい」等のメッセージが表示されても、パーツ部分が欠ける事はないと思います。(2004.11.22)

ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト
俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: 馬場鉄工所のメンツ確定


玉猫戦隊オーブファイブ 肇間田各(こうさぎ)

晋作は会議された。
きょうは、オーブレッドされた。
きょうはbetweenのペイントもネズする?

*このエントリは、こうさぎの「晋作」が書きました。


ペーパークラフト製作状況(041118)、全身初公開!!

 オーブロボのペーパークラフト。一応、全パーツのすり合わせがまとまったので、ver.0.5として、全身組立て写真を初公開!!
 まずは、一番かっちょいい、見上げアングルをどうぞ。
 すげー。写真映りいいな、おまえ(笑)。
 これはまだ、普通コピー用紙で作ってるので、へろへろだけど、ハガキくらいの厚さのに印刷して組立てれば、ビシッとなるはず。
 今までは半身(腕や脚は右のみ)しか描いてなかったけど、さきほど、初めて左も描いて(当然、反転複写だけどね)、全身を組立ててみた。
 前面のフンドシというか、レッド機の機首というか、その再現が困難だったので、こんなもんでどうだろう。 あと、背中と横腹の噴射ノズルは、もう少し形状を直す。
 頭の後も、直すかもしれない。
 なんどもいうけど、腕の樽形状と、ルーズソックスは、俺の技術では再現不能。円筒形にしちゃう。
 1/250なので、模型のサイズが20センチ。結構大きいよ。
 今週末には、β版の型紙を公開予定。

ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト


玉猫戦隊オーブファイブ ネズ神博士登場(1)(こうさぎ)

きょう晋作がここまでbetweenがサポートするつもりだった?
晋作が性別にこぎしたかも。
晋作がbetweenは集結したよ♪
betweenは、

 ネズ神博士登場(1)<特務機関KINUSAYAの諸君、我はネズロン帝国の指揮参謀、淑大僧正である> オーブクローラーでもサテライトZからの回線を受け、司令部の天井スクリーンに、淑大僧正の姿が映し

といってました。

*このエントリは、こうさぎの「晋作」が書きました。


玉猫戦隊オーブファイブ 肇間田各

 これもうろ覚え似顔絵シリーズじゃないよ(笑)。
 芙蓉パウロ博明につづき、現時点での、俺の肇間田各像。
 すしバーさんの説明では「どこからともなく重火器をいっぱい出してきますが、これは転送ではなく、圧縮です。とんでもない重火器がポケットにしまってあって、取り出して展開します。ただ、小さくとも質量は変わらないので、あくまで、自分が持てる重量までしか持ち歩けません」とのこと。さらに、工場で一番長身だそうで。
 力は割とあるだろうなと。大柄かノッポか悩んだんだけど、大柄系に。馬場ちゃんとキャラがかぶらないように、おっさん顔の20代ってな感じ。服装も、地味好みで、ウグイス色のカーディガン(笑)。
 ちなみに、端にいるのは、再利用だけど、ボスボロットではありません。

ねこぱんち!
不条理み○きー:【玉猫戦隊オーブファイブ】 メイン・リンクリスト
『見ました!』鋼のB級魂:馬場ノリユキ