テレビを買い換え

 リビングのテレビ。画面が暗く、細かい文字がぼやけるしスクロールしていると見にくいので、思い切って買い換えた。
 10年以上前の32インチハイビジョン対応テレビ(フルハイビジョンではなく、720p)から、昨年夏モデルとはいえ40インチの4Kテレビへ、大幅にグレードアップ。
 ちょっと悩んだが、今回も慣れたシャープ製にした。が、まるで使い買ってが違う。そりゃ10年も経過しているのだから、分かってはいたが、想像以上の進化だ。

 まず、「デジタル液晶テレビ」という名称で、OSはAndroidらしい。ひゃー。

 画面は、さすが綺麗。720pから4Kへの変化だからねぇ。画面が大きくなったのを差し引いても、そりゃ印象が違いすぎるわ。
 ネット動画サイトも見られるし、Androidアプリもインストールできるらしい(全てではないだろうけれど)。

 考えていた予算よりも安く済んだし、満足。

Alexaが来た

 多少の興味はあったけれど特に欲しいとは思っていなかった、Amazon echoデバイス
 でも、先日、echo dot 第3世代が999円で売っていると聞き、思わずポチってしまった。だって、999円だぜ!
 Amazon Music Unlimited(以下AMU)に初めて登録する個人が対象のキャンペーンで、AMU個人プラン1か月分がセットになって999円。AMUの月額料金が780円なので、echo dotは219円(笑)。実際、請求内訳はそうなっていた。
 初期設定では1ヶ月後に自動更新になっているので、続けたくない場合は、すぐに更新を解除すればいい。
 俺は Apple Musicに入っていて、そちらで楽しんでいるので、Amazonはプライム会員で聴けるものだけで十分(それすらもあまり聴かないが)。echoでの音声命令は、Apple Musicも対応している。

 さて。そんな訳で、うちにもAlexaがやってきた。2台購入し(個人用と仕事用でアマゾンのアカウントを2つ持っているので、それぞれで「初めてAMUに登録」できた)、仕事部屋とリビングに設置。
 一応スマートスピーカーというだけあって、まぁそこそこの音質で音楽も再生してくれる。仕事部屋では、BluetoothスピーカーでBGMを流しているのだが、「アレクサ、接続」というだけでそちらへ繋いでくれるのが便利だ。

 AlexaやSiriに対応するスマートリモコンも別途購入したので、それとの連携についても、後日投稿したい。

スカパー!基本プラン

 スカパー!から、新しい料金プランの案内が届いた。
 これまでの「基本パック」「新基本パック」から、「基本プラン」に変わるという。ちょっと紛らわしいが(笑)。
 例のごとく、今後の新規契約は基本プランになるが、従来の基本パック、新基本パック契約者は申請しなければそのまま継続はできる。
 だが。
 新しい基本プランは、これまでの新基本パックより200円高くはなるものの、視聴機器が3台まで追加料金なし。
 うちは今まで新基本パックで2台契約(2台目は基本料金無料、パック料金は半額)していたので、これはもう基本プランに契約変更するしかないだろう。
 さらに、これまではオプションだった東映チャンネルも込みになったのは嬉しい。我慢していた番組も観ることができる。
 いまひとつ活用しきれていないWiFiテレビチューナー SB-TV03-WFRC を3台目登録する。これで、iPad や iPhoneでもCSが観られるようになる。

手持ちのエネループのいくつかを処分


 エネループ。言わずと知れた充電式ニッケル水素電池の大御所。我が家にも単三型だけでも常時20本近くが稼働、大活躍している。

 先日、仕事部屋にあるMacのBluetoothキーボードに装填したエネループがわずか2日目で切れた。使用時間は正味20時間未満。
 取り外して充電するも、想定満充電にはなっていない。バッテリーチェッカーで測ってみると、電圧1.0V。著しく劣化してしまったようだ。
 すべてのエネループを調べて、電圧が1.1V以下だった2本を処分。

 エネループはもう10年以上愛用しているから、その初期に購入したものはヘタっているのだろう。
 2本1組として10組以上にマジックで通し番号を付けてきちんとローテーションで使っていたので、各々は多くても平均月2回くらいの使用だったはず。10年間で500回くらい。
「1000回(第二世代以降のは1500回)繰り返し使える」という宣伝文句には及ばなかったという感覚だが(笑)、それにしても一番最初の方に買った物は500回じゃきかないかも知れない。昔のニッカド充電池よりは遥かに長持ちだった。
 いずれにしても、トータルコストではアルカリ乾電池よりはかなり安く。元を取ったとは思う。

 現在は、合計30本くらい所有(稼働16本程度、ストック14本程度)しているので、まだ当分買い足し(処分した分の代替購入)は必要なさそう。
 エネループ、これからもお世話になります。

超小型左右独立ワイヤレスイヤホン Beat-in Stick

 びといんがビートイン(言いたいだけ)。

 2年くらい前から、iPhone用にはBluetoothワイヤレスイヤホンを使用しているのだが、今回初めて「完全ワイヤレス」モデルを購入した。ロア・インターナショナルのBeat-in Stick(ビートイン・スティック)というやつ。本体はカナル型のまさに耳栓サイズ。小さっ!
 べつに俺のニックネーム「びといん」に似ているから購入したわけではない(歯ブラシ「ビトィーンライオン」は、名前が似ているから愛用しているが(笑))。

 イヤホンへの充電器を兼ねたケースへは、その両端に磁石でくっつけるリップスティック型。これも小さい。
 充電ケースへの充電は、microUSB端子で電源からUSB接続という毎度おなじみの方法。
 イヤホンへの1回の充電で音楽を聴けるのは3時間だが、フル充電状態のケースから2回イヤホンへ充電できるので、全てがフル充電からは全部で9時間使えるということで、十分じゃないかな。

 AACコーデック対応機種は初めての購入なので、その音の良さに大満足。というか、直近に使っていたものもそれなりに悪くはなく「低音が効いて良いな」などと満足している(まだ併用している)が、SBCと”ACC-LC”にしか対応していないので、もしかすると高音域がカットされてしまっているだけかもしれない。
 こういう事を詳しくは知らないし、俺としては満足なのでいいんだけれども。

 超小型なので操作リモコンはない。左右のイヤホン本体それぞれにボタンが各1つついているだけだ。電源オン/オフ、音楽の再生/停止、電話着信を受ける、しかできない。
 しかし! AppleWatchでiPhoneの「ミュージック」をコントロールできるので問題なしだ。
 Apple純正のAirPodsならもしかしたら早送りなどもできるのかもしれないけれど、俺の耳の形にあのiPhone標準のイヤホンは合わないようで、ぽろぽろ落ちるんだよね。そのため購入せずに他社製品を待っていた。特にカナル型なら落ちにくいだろうとも思って。

 Beat-in Stick、良いです。満足満足。

 余談。
 上記の「直近に使っていたイヤホンの対応コーデック」が”ACC-LC”なのは、取説の原文ママなので(笑)

 さすが中華品質。まぁ価格と音質を考えるとAAC対応だとは思えないので、本当に謎の高性能規格ACC-LC搭載なのかもしれない(笑)

エレコム モバイルバッテリー

 エネループ・スティックブースターが、フタの接触不良を起こしてうまく動作しない事が多くなったので——これで2本目だぜ。いい加減に見切りをつけた——、今度はエレコムのスマートフォン用モバイルバッテリ DE-U01D-1908(以下1908) を購入した。
エレコムモバイルバッテリ
 買った後で気付いたのだが、外見がそっくりで型番違いのがある。DE-A01D-1908 というのが、「iPhone/iPod用」モバイルバッテリなのだが、製品はまったく同じに見える。ちょっと心配ではあるが、開封。
 スティックブースターは単三エネループ2本を入れて90分でiPhoneを約半分充電できた。1908は単三電池4本でiPhoneを1回フル充電できる。スティックブースターにはかなわないものの、邪魔になりにくい形状だ。
 アルカリ乾電池対応も明記されていて、最初にそれが4本同梱されている。アルカリ乾電池も使えるというのは確かに緊急時に便利だけど、俺は単三エネループを使いたくて、わざわざリチウムイオンタイプのではなく、こういう単三装填タイプを選択しているのだ。アルカリ乾電池の付属は無駄。エコじゃないだろ(笑)。

 さて。簡単に使用レポートを。まず初回は同梱されていたアルカリ乾電池を装填して試す。
 iPhone 4S がバッテリ残量12%になった状態から充電を開始。
 1時間経過したところで37%。おい。1時間で15%しか増えていないってのは遅すぎるだろ。途中で10分くらいWi-FiでiOS5へのアップデートを実施はしたし、赤(20%以下)からの充電開始だったのが原因かもしれないが、それにしても遅いな、と不安になりつつ見守る。
 2時間経過、63%。うー。51%増加。遅すぎる。通常の倍くらいかかっているじゃん。
 その後どんどんペースが落ちていき、結局5時間近くかかって100%に。だめだこりゃ。
 もしかして「iPhone用」じゃない方を買ってしまったからか?という思いが頭をよぎる。

 次の日。今度は満充電にして1週間おいてあった単三エネループを装填して試す。
 iPhone 4S のバッテリ残量15%から充電開始。
 30分経過したところで35%、1時間で60%。お! いい感じだわ。
 その後も順調で、2時間で100%になった。

 最初の試供品アルカリ乾電池がヘボだったのか?アルカリ乾電池だとどれでもあんなもんなのかも知れないな。
 とにかく、エネループを装填すれば普通に使えることが解った。

 ちなみに、今回の満充電エネループ1組で iPhone 4S を約1.5回充電できた。最初満充電にうしている中、iPhoneをあまり触っていなかったからかもしれない。そこそこ使いながらだとやっぱり1回のフル充電がいいところだろうな。

 うん。満足なり。
 しかし、やはりiPhoneユーザは、ちゃんと DE-A01D-1908 を買いましょうね(笑)。

ELECOM iPhone4/4S/3GS/3G/iPod対応 モバイルバッテリー 乾電池 ホワイト DE-A01D-1908WH
B005M175Q4

コードレス電話機

 家の固定電話用の電話機が壊れたようなので、新しいのを購入。
 家電《いえでん》はほとんど使わないので、子機がコードレスで簡単な留守電機能さえあれば、高機能のものはいらない。
 って事でAmazonで探して見つけたのが、これ。Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)。

Uniden デジタルコードレス留守番電話 メタリックレッド UCT-002(R)
B000LF0D88

 届いた箱を空けて、まず「小さっ!」と思った。
 親機は留守録再生を聴くことはできるが、通話機能はない。つーか、それ以外の機能は解くにない。ただの充電台みたいなもんだ(笑)。
 今まで使っていた電話機のコードレス子機は、普通の受話器みたいな形状だったが(そういうのが大半だろうけども)、これは、小さくて、見た目は昔の携帯電話みたい。

 キッチンカウンターの隅に置こうと思ったで、小さいのを選んだのだが、よくよく考えたら、我家の固定電話はNTTではなくインターネットプロバイダのIP電話なので、設置場所が限られる。プロバイダからのレンタルであるIP電話対応ターミナルアダプタに電話機を繋がないといけないからね。
 結局、夫婦寝室として使っている和室に親機を置いて、当然そこで充電。充電が完了した子機をキッチンカウンターに置くということにした。ちょっと面倒くさいけど、充電台に置きっ放しよりはバッテリーへの悪影響がないだろうし、これでいく。ニッケル水素充電池で、満充電まで15〜20時間かかるってのも、なんか昔の家電品みたいだな(笑)。

 色はレッドを選んだが、Amazonの写真より実物の方が渋くていい感じ。

 しかし、デジタルコードレス電話機が5千円弱で買えるとは、凄い時代になったもんだ。
 安かったので3年も使えればいいかなと思っている。

iPad用ケース2種類購入

 先日、iPad用のケースを2種類購入した。今までにも、クリスタルケースと、他に安いものを2つ購入したんだけど、クリスタルケース以外は、どうも気に入らない。
 今回は、発売を待ちわびた物で、家電量販店で見つけて、即買い。

 ひとつは、SimplismのCrystal GABAN case(クリスタル画板ケース)。同じSimplismの先発商品クリスタルケースを使用し、とても満足しているが、これは、その名のとおりクリスタルケースの四隅にストラップ取付部がついたバージョン。
 付属のストラップをつければ、肩掛けや画板スタイルでiPadを使用できる。まち歩きなんかで便利かな。

iPadケース

 もうひとつは、TUNEWEARのFull Leather Vellumcase(ベラムケース)。牛本革を使用したスリーブケースで、他のケースを装着したiPadも収納可能。実際、クリスタル画板ケースを装着したiPadも入った。四隅に突起があるにも関わらず、キツキツではなく、ひじょうに収まりがいい。スリムなのに、素晴らしい。iPadを取り出した時は、丸めて傾斜台としても使える(笑)。

iPadケース

 ベラムケースに付属のハンドストラップも同じ本革でしっかりした作り。これをクリスタル画板ケースに付けても、いい感じだ。
 安くはないけど(この仕様のわりには安いのかもしれないけど)、所有欲を満たしてくれる良品。買って良かった。

iPadケース

ゴミが増える

 引越し準備をしていると、ゴミが増える。実際に増えた訳ではなく、正しくは見落としていたんだが。
 ともかく、粗大ゴミ券1800円分を追加購入してこなければ。
 その他に、古いパソコンモニターとか家電リサイクル法対象品目もあるしなぁ。うー。
 逝ってしまって久しいDuoDockが残っているんだが、これはどうすりゃいいんだろ。アップルジャパンの家電リサイクル関連ページにも、DuoDockは掲載されてないし(笑)。明日AJに電話してみよ。