かわいいデジカメ

 今月始め、デジカメを買った。
 PENTAX Optio I-10。安いコンパクトデジカメであるが、この可愛らしさが気にいったので、半ば衝動買い(笑)。
I-10
 今年2月発売で、当初3万円くらいだったのが、現在は半額程度とお買い得だったのも、購入理由。
 タバコの箱程度の小ささで、レトロ風の外観で——メーカーは公言していないけども——同じPENTAXの昔の小型一眼レフ銀塩カメラ auto110という機種をモチーフにしているらしい。なるほど、I-10というネーミングも、auto110を意識したものだね。確信犯(笑)。
 デジカメの性能としては、コンデジとしては入門用の過不足ない機能が搭載されていて、不満はない。
 液晶画面は晴天の屋外でも見やすいし、ほとんどオートモードのままでも綺麗に撮れる。
 電源オンからの起動や撮影時の保存も速くて快適。前のデジカメは4年半前に買ったものだから、その間の進歩は凄いね(笑)。
 それにしても可愛いよ、I-10。


iPhoneのカバーを取替えた

クリスタルカバー
 iPhoneにずっと装着していた、パワーサポート社のクリスタルエアジャケット。1年半も着けているのでさすがに傷だらけになっている。もちろん、これのおかげでiPhone本体には大きく目立つ傷がつくこともなく、役割を果たしてくれているわけだが。
 しかし、そろそろ新しいのに取替えようと思い店に行ったら、定番のパワサポ製の強力なライバルと前評判が良い新製品が置いてあったので、今回はそちらを購入。
 シンプリズムのブランドでおなじみの、トリニティ社製のクリスタルカバー。「傷が付きにくいアンチスクラッチコーティング」らしい。
 クリスタルカバーも、エアジャケット同様にiPhoneの外観を損なうことなく、背面全体を保護できる。
 iPhoneと密着するエアジャケットと違い、このクリスタルカバーは、iPhoneの背面との間がほんのわずかに浮いている。もちろん、周囲はガッチリと保持されていて外れにくくなっているので大丈夫。だが、この浮いている(カバーの上から背面を押すとペカペカいう(笑))感じが微妙。たぶん、妙な密着模様が現れるエアジャケットの欠点を補うための工夫なんだろうね。さすが、よく研究されていると思う。ペカペカ感は、気にせず慣れるしかないな。
 透明度はエアジャケットに勝とも劣らず。これでアンチスクラッチコーティングの効果で透明度がどのくらい続くのか、期待したいところ。


TV&バッテリー購入

 先週9日。iPhone用TV&バッテリーが全国発売された日、仕事で午前中の外回りを終え、帰社する途中、JRから地下鉄に乗り換える秋葉原についたのが丁度昼休みだったので(笑)、ヨドバシAKIBAに寄って、購入してきた。13時前で残り6個くらいらしかった。仕事帰りだったら売り切れていたかも。
iPhone用
 正面外観は、iPhoneと統一感あるそっくりなデザインでいい感じ。しかし背面は塩ビの安っぽい玩具みたいな質感で、iPhoneとはまるで違う(笑)。
 ワンセグは、試しにちょっと視聴しただけだが、こんなもんかな。たぶん今時のケータイの方が画質はいいと思う。でも、俺としては満足。つーか、ワンセグは「あれば便利だろうな」程度にしか思っていないので、これでいいやと。
 外部バッテリーとしてiPhoneへの充電。こっちの方を重要視している。iPhoneのバッテリーが空の状態でも充電開始できたのは、さすが公式製品だね。で、空の状態からはiPhoneをフル充電にはできなかった。TV&バッテリーの方がiPhoneよりも蓄電容量が少ないので。でも、これは仕様通り。
 まぁ出先では空から満充電にまでしたいということは今のところ、なったことがないので、あくまでも補助バッテリーとしては十分かな。
 あ、TV&バッテリーにはこれ自身への充電用としてのUSBケーブル(A型〜B型)が1本付属しているのみで、充電にはiPhone付属のACアダプタを使用、iPhoneへの充電にはiPhone付属のUSBケーブルの使用が推奨されているが、ACアダプタはともかく、2本のケーブルを持ち歩くのはかさばるので、B型UBS端子→iPodDockコネクタ変換パーツを用意すれば楽。
UBS-iPod変換
 それ、すでにTV&バッテリーユーザー必須のアイテムとの意見も多いよね。俺も、近所の100円ショップで購入してきた。


エアジャケット

 アマゾンで注文しておいた、パワーサポートの Air jacket (エアージャケット) クリアが届いた。
エアジャケット
 背面に装着する、ポリカーボネート製のカバー。液晶部保護フィルム(前面の全面(笑)を覆う物)とのセット。液晶保護フィルムは別の製品をすでに購入・装着済なので、今回のはとっておこう。
エアジャケット
 厚さ0.8ミリのポリカーボネート製。「iPhone3Gの外観を損なわない事を最優先に考えた背面用クリスタルジャケット」とのこと。
 さっそく、装着。
エアジャケット
 おぉ、これはいい。実は、iPhone購入の翌日に、某社のシリコンジャケットを購入して使ってたんだけども、Dockコネクタまわりがブニブニしてて外れそうだし(実際には外れないが)、何しろ背面のAppleマークが隠れてしまうのが残念だった。
 それに比べて、このエアージャケットはいいね。さすが各種iPod用クリスタルジャケットシリーズで評判いいパワーサポートだわ。いい仕事してるね。

 それにしても、このエアージャケットを装着した黒iPhone3Gの背面。何かに似ているなぁとすっと考えていたのだが、やっと思い出した。なんとなく、以前の黒いApple純正マウス(通称=栗まんじゅう)に似てない?

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71

エアージャケットセット for iPhone 3G Clear PPK-71
パワーサポート
売り上げランキング : 70

Amazonで詳しく見る by G-Tools


iPodシリーズのラインナップ一新

 米Apple、タッチスクリーンI/Fを搭載した「iPod touch」を発表 (2007.09.06 マイコミジャーナル)
 新型iPod nano、160GB iPod classic – 米AppleがiPod製品群を一斉アップデート (2007.09.06 マイコミジャーナル)

 ”iPhoneみたいなiPod”としてリリースの噂があった新型が、iPod touchとしてついに発表されたね。
 OSX搭載(Macじゃないので、MacOSXではないが、それを元にしたOS……ってややこしい(笑))で、これ、外観も操作性も(たぶん)、「電話機能を無くしたiPhone」って感じだな。

 これはまた売れるだろうなぁ。

 っつーか、俺もめちゃくちゃ欲しい。けど、ディスク容量が8GBと16GBの2種類のモデルしかないのが難点か。俺のiTunesライブラリは、6250曲、15GBあるので、全曲を転送できないな。
 いや、30GBモデルとかがあれば即買いしちゃってるだろうから、それを思いとどまるいい理由か(笑)。

 あー、今までの標準モデル”iPod”が、”iPod classic”と初めてバリエーション名が与えられた。しかしクラシックって……(苦笑)。でも、このクラシック、3時間フル充電で40時間再生可能になった。もう少し早くこれが発表されていれば、ソ○ーに帰って行ったあの人も、iPod派に残ってくれたかもなぁ(笑)。

Apple iPod touch 8GB Apple iPod touch 8GB

アップルコンピュータ 2007-09-28
売り上げランキング : 2
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Apple iPod classic 80GB シルバー Apple iPod classic 80GB シルバー

アップルコンピュータ 2007-09-06
売り上げランキング : 46

Amazonで詳しく見る by G-Tools

Apple iPod nano 8GB シルバー Apple iPod nano 8GB シルバー

アップルコンピュータ 2007-09-06
売り上げランキング : 50

Amazonで詳しく見る by G-Tools


アッガイ仮組み

 とりあえず、旧キットのアッガイさんを仮組みしてみた。

 上半身は意外といい感じの造形だね。
 脚は外装をほぼ新造しちゃった方が楽かもな。
 パッケージに「各関節が自由に動く」と書かれているが、ペンギンみたいな?ポーズのままでほぼ固定だぜ(笑)。
 キットの大きさ、12センチしかない。これ、HGUC旧ザクと並べても、なんかアッガイとしては細身なんだよね。
 1/144なので、逆算すると1.73メートル。やっぱり小さいよ。アッガイの設定は19.2メートルだから、1/144なら13.3センチなければね。この誤差は、実寸で2メートル弱になる。
 MGアッガイは、確かに同スケールのザクよりひと回り大きく、丸っこい外観になっているよ。

 覚悟はしていたが、これを現代キット風に改修するのは、難しいな……。
 でも、完成させれば、自分のスキルをアップするかね。やるっきゃない(死語)。
 さて、どう改修しようか。

ガンプラ競作企画


北極基地強襲に向けての整備

 サーバ2の悪夢こと少佐さんが司令官に就任した、「サイクロプス隊 予備作戦」今、勝手に命名した(笑))「サイクロプス隊公募」に参加すべく、アッガイの整備を始める。

 挿入追記
 同日マルサンマルヨン、計画が実行された模様なので、上記のとおり修正する。


 ってことで、仕事帰りにヨドバシアキバに寄り、1/144アッガイを2個買ってきた。もちろん、先月再販された旧キット(ベストメカコレクション)。
 この店は、ガンプラは一律3割引なので、1つ220円。それにしても、25年間価格改定せず300円を貫き通しているってのも、絶版にならず生産され続けているってのも凄いよなぁ。

 まぁ、パーツ数も少ないし、コンパクトな箱だけどね。
20061013-agguy-2.jpg
 最新のHGUCシリーズと比較すると、こんなに小さい。

 どうやって作ろうかな。基本的にはHGUC旧ザクに、このアッガイのガワを被せる方法になると思う。外観もMGやHCM-Proを参考にしてHGUC風に改修しよう。
 ザク改の改造が進んでいないので、このアッガイはいつになるかわからんけど、必ず参加するからね! とりあえず、アッガイ(ミーシャ機)でエントリーしておくので、よろしくです。

 一緒に買ってきた最新作であるHGUCシャア専用ゲルググについては、この記事では脇役なので、また改めて。


なんちゃってHGUC ザク改計画(3)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 今日も、足首の続き。
 パーツ合わせ完了。

続きを読む


検索ヒットなど(2006.08)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる当ブログの8月検索ヒット概要。

 月間アクセス数
 ヒット回数:9279 累計228603(先月比 +474)
 ユニーク数:5141 累計127673(先月比 +449)

続きを読む


スープヌードル

 遅ればせながら、日清スープヌードルを初めて食べた。
(実際に食べたのは先週なんだけど、記事にするの忘れてた)


 普通(しょうゆ)、カレー、シーフードの3種類があるらしい。
 外観は、それぞれのカップヌードルの子分みたいな感じ。そっくり。
 今回は普通味を選んだ。

20060619noodle-2.jpg
 3分待ってフタをあけた中身も、特にカップヌードルと変った感じではないのだが。
 量が少ないだけ?

 とにかく食ってみると、少し味が薄い。
「スープヌードル」というからにはスープに重点をおいた改良が施されているのか思ったが、なんか、ただ単に量と風味を減らしたカップヌードルだね、こりゃ。
 スープのように気軽というほどでもない。カップ麺としては物足りない。
 この分量、女性にはウケるのかなぁ?

 俺的には、普通のカップヌードルの方がいいな。