アッガイ仮組み

 とりあえず、旧キットのアッガイさんを仮組みしてみた。

 上半身は意外といい感じの造形だね。
 脚は外装をほぼ新造しちゃった方が楽かもな。
 パッケージに「各関節が自由に動く」と書かれているが、ペンギンみたいな?ポーズのままでほぼ固定だぜ(笑)。
 キットの大きさ、12センチしかない。これ、HGUC旧ザクと並べても、なんかアッガイとしては細身なんだよね。
 1/144なので、逆算すると1.73メートル。やっぱり小さいよ。アッガイの設定は19.2メートルだから、1/144なら13.3センチなければね。この誤差は、実寸で2メートル弱になる。
 MGアッガイは、確かに同スケールのザクよりひと回り大きく、丸っこい外観になっているよ。

 覚悟はしていたが、これを現代キット風に改修するのは、難しいな……。
 でも、完成させれば、自分のスキルをアップするかね。やるっきゃない(死語)。
 さて、どう改修しようか。

ガンプラ競作企画

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9861/trackback

5 thoughts on “アッガイ仮組み

  1. 私も製作にかかりましたw
    当方の仕様は、アッガイとズゴックEの差を
    埋める形の進化型VerアッガイE型(仮)にしようと思いますw
    (誰が乗るかまで考えてませんw)

  2. 可動にではなく巣立ちポーズ向上を念頭を置いて、節々で切断して
    角度を変えて再接着ってのもありかも知れません。
    脚だけ広げるだけでもかなり変わると思いますよ。

  3. るしさん江
     HGUCゴッグの腕と足首を流用しようとしたら、ヨドバシアキバでは売切れだったので、ズゴックとズゴックEを買ってきました。
     俺もズゴックEをミックスしようかなと思ってます。
     もうニコイチどころじゃなくなるな(笑)。

    somedayさん江
     ポーズ固定ってのももちろんアリなんだけど、そうするとジオラマ案を先に決定しておかないと、集合させた時に浮いてしまうかもしれないし。

  4. 水ザクはアッガイさんよりも手がかからないと思いますが、ゾックさんが気になります。
    でもゾックさんをHG化って言っても、どこをどういじったものやら(笑)。

  5. 少佐さん江
     ゾックさんは旧キットでもプロポーションは問題なしですもんね。可動も、そんなに関係ないしなぁ(笑)。
     モノアイ関係のディテールアップくらいしかなさそうですね。
     あ、腕、脚、腰に独自アレンジで可動範囲拡大処理を施すのは?

     今日、押入れを片づけてて、HGUCハイゴッグの未開封キットを発掘しました。
     もう「積みガンプラ」はほとんど消化したと思ってたのに(笑)。これも使おうかな。
     なんか5個イチになってしまう?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください