手のひら一眼デジカメ

 パナソニック DMC-G1(公式サイト)

 うはー。久しぶりに、物欲を刺激するデジカメだなぁ。
 デジイチ(一眼レフデジカメ)が欲しいと思ってたんだけど、大きいし値段も高いので、どうにも買う気がおきなかった。
 このG1は、なんでもオリンパスとパナソニックが策定した新規格の「マイクロフォーサーズ」に基づいた最初のデジカメなんだと。マイクロフォーサーズってのは、小型軽量化のためにフォーサーズシステム規格の撮像素子サイズはそのままでミラーを無くしたシステムって事で、「一眼”レフ”」ではない。しかし素人にはそんなの関係ないね(素人なら一眼を欲しがるなってのは無し)。
 赤いボディもあるしな!

 オープン価格で、想定価格は以下の通り。
 ボディ単体が約8万円、LUMIX G VARIO 14-45mm /F3.5-F5.6 ASPH./ MEGA O.I.S.とボディのレンズキットG1Kが約9万円、LUMIX G VARIO 45-200mm / F4.0-F5.6 / MEGA O.I.S.レンズも付属するダブルズームレンズキットが約12万円、LUMIX G VARIO 45-200mm〜レンズ単品は約5万円。
 いずれも10月31日発売

「女流一眼」ってキャッチフレーズは、微妙だけど……欲しい!

HGUCザクII改(ザクFZ)仮組み

 待望の……というか、かなり細身だという事前情報を承知でも、間違いなくたくさん買ってしまうであろう、HGUCザクFZ(商品名「ザクII改HG」)。
 とりあえず2個買ってきたので、そのうち1個を仮組み。

HGUCザクFZ
 んー、悪くはないけど、やっぱり手足が細いなぁ。なんだか、1/400のガンコレみたいなプロポーションだ(笑)。
 パーツ分割は意外と旧キットに似ているので(腕と脚は、合わせ目が目立ちまくりの、古くさいモナカ割多用なの)、ニコイチってのも有りかな。きつそうだけど(笑)。

HGUCザクFZ
 腰やフンドシ、ヒザの可動は俺の好みで、「ポケ戦」最終回の「及び腰」とか「ホバー走行(?)」なんかが再現でき、ある意味ではザクらしいザクではある。
 惜しい!

 ちなみに、ほったらかしのニコイチは、当然、凍結(笑)。

なんちゃってHGUC ザク改計画(13)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 右腕が予想以上にすんなり決まったので、気分的に余裕がでてきたな。
 なので、左腕は後回しにして、胸部の工作にかかる。

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(12)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 遂に上半身の加工に着手!(笑)

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(11)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 相変わらずだらだらと製作中。

続きを読む

なんちゃってHGUC ザク改計画(10)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 前回記事以降、あまり作業していないが。

続きを読む

青き巨星の旧ザク(1)

 今回の年越しガンプラは、HGUCのスナイパー旧ザクとノーマル旧ザクのニコイチによる、「ランバ・ラル専用旧ザク」の製作。
ラル専用旧ザク
 まずは、テレビ見ながら(途中で年越し蕎麦も食って)2時間くらいで素組をしてみた。

 もうね、改修なんかせずに、単純にニコイチするだけで、十分にラル専用機じゃね?
 スナイパー旧ザクが発売された時に、多くの人がこのニコイチは予定してると思うが、たまには、こういう簡単なミキシングもいい。
 巨大ヒートホークはどうしよ(笑)。嫁さんのガルマザク付属のを複製するか。

 っつーか、年明け最初の記事が、ガンプラかよ(笑)。

年越しガンプラ2006-2007

 毎年の恒例イベント「年越しガンプラ」。
 いつもは大型キットを組むのだが、今回はどうしようか。

 ニコイチ製作中のがいくつもあるので、それをどうにかしようとも考えたが、保留(おい(笑))。
ラル専用旧ザク
 結局、これ。
 簡単にサクサクやってみる。

 CATVのファミリー劇場でウルトラQ一挙放送を見ながら、製作開始。

そろそろ、恒例行事の準備をせねば

 正月休みにとっておきのお気に入りキットをじっくり組むという、恒例の「年越しガンプラ」。
 去年は、MG Zガンダムver.2.0を堪能した。
 さて、今年はどうしようか。

 欲しい新作キットがない!

 んー、とりあえず、HGUC旧ザクスナイパーは最低3個購入して(笑)、トップ機やランバ・ラル機を作るつもりなんだけど、そうじゃなく、一応の「年越しガンプラ」の俺的定義としては、正月休みの期間中に完成させる、というのがある。

 今年、久し振りに本格的なニコイチに挑戦中のザク改を完成させる……のは、もっと時間がかかるしなぁ。
 積んでるキットの中からチョイスして、なんとか一週間で素組完成させよう。
 MGサザビーかなぁ、やっぱり。

慢性積みモデラー

 ガンプラに復帰した少佐さんが、復帰2ヶ月ですでに積みプラが大量らしい。
 確かに、2ヶ月でその量は異常凄いとは思うけど、俺はブランクなしで25年以上、そのペースかもしれない(笑)。
 ってことで、俺としては普通(すぐに作るつもりで、積みプラという意識はない)なのだが(笑)、久し振りに、我が身を振り返ってみた。
Image063.jpg

続きを読む