HGUCゲルググ

 今週は腰痛であまり動けなかったので、積みガンプラをいろいろいじっていた。
 とはいっても、所有キットの多くは押入れの奥やタンスの上などにあるので、手が届かず。
 安易に、HGUCシャアザクを組立てた。

 まぁ、毎度のとおり、素組。


 まず、顔。
20061111-ms-14s-4.jpg
 ゲルググは、ブタ顔じゃないとな!ブヒー!
20061111-ms-14s-3.jpg
 さらに、このキック! いやぁ、こんなハイキックのポーズができるゲルググって、今までなかったよね。すげー。
20061111-ms-14s-2.jpg
 このキットは、スカートが分割可動して、それで、今までにないフトモモの可動を実現しているわけだが。
 このスカートの分割可動については、賛否両論あるだろうが、この機構をあえてキット化した事については、無条件で賛辞を送りたい。俺としては、体験上大満足。
 ポーズにもよるけど、ハイコンプロの措置より自然に感じた。

 関節部分がアトハメできないとか、意外にも合せ目処理必要箇所が多いとかってのはあるけど、そんなのは各々のスキルでどうにでも吸収できるだろ。
20061111-ms-14s-2.jpg
 こういう手首パーツが標準でついているってだけでもありがたいと思えよ……と、ガンプラ歴25年のオッサンは言いたい。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9904/trackback

2 thoughts on “HGUCゲルググ

  1. 平手のディテールがマリーネやトローペンのより
    緻密になってますね。
    僕もいつか作るつもりです。
    角の穴を埋めて量産型を。
    もちろん複数♪

  2. somedayさん江
     この平手は凄いですよね。別途千円弱かけてBクラブや他社製の別売り手首パーツを購入するしかなかったですもんね。これだけのを手軽に使いたいとなれば。

     このゲルググは、なんだかんだいっても良キットだよ。
     量産型にしますか!
     じゃぁ、百式のハイメガランチャー用動力源ってなジオラマをぜひ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください