吉野家の牛丼、復活!?

 業界最大手吉野家の牛丼を食えなくなって1年以上がたった。
 我々庶民には、特に金欠サラリーマンには救いの主だった。諸問題により、代替えメニューとして豚丼があるが、これは(苦言でわるいが)あえていおう、カスであると!
 いや、落ち着かねば。例のコマーシャルフレーズ「牛丼一筋、80年〜」の継続年数が、途切れてしまったことを残念に思う。
 俺は牛丼が、吉野家の牛丼が好きだ。それが、今は伝説になろうとしている。
 と、思ったら、こんな所で、ひっそりと復活していたんだね。
 年明け早々に登場したらしいので、既に知っている人も多いかもしれないが。
 とりあえずは、吉野家の牛丼が復活するまでは、これで我慢しようか。無理に豚丼を食うよりは、はるかにましだ。

ねこもみ!
ぺーぱーかめら:吉野家牛丼

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9417/trackback

9 thoughts on “吉野家の牛丼、復活!?

  1. 松屋はナシですか?
    先日、すすきのの松屋で牛めし食って、久々にうまかったですよ。
    肉質は目をつぶるとして、味が良かったですよ。

  2. これは、つゆだくに出来ないんじゃないでしょうか。

  3. 豚も結構イケるクチなので(というか、肉単体なら牛より豚の方が好きです)もう慣れてしまった感がありますけど、牛丼の禁断症状は確かに感じますね。自らの体に。
    ところで、生姜は親の敵のごとく山盛りにする主義です。

  4. すしバーさん江
     松屋も悪くはないんですが、やっぱり肉質が違いますよ。吉野家は、あれを280円で食わせてくれてたんですからねぇ。

    Kenさん江
     できないっす。ねぎだくならできます。

    少佐さん江
     俺も豚肉そのものは大好きです。カレーや肉ジャガは、やっぱり豚でしょうし。
     でも、吉野家が豚丼をメインにしているというのは許せない訳で。
     生姜は、山盛りにしますよ、俺も。

  5. 私は逆に吉野家の味がダメですわ。
    なんでしょうねぇ。
    牛丼を初めて食べたのがすきやだったからそれがスタンダードになっちゃったのかも。

  6. あるてぃさん江
     初めて食べた店の味が標準になるってのは、あるかもしれないですね。

  7. アメリカが日本に、牛肉の輸入再開を
    強硬にせまっている。
    不謹慎とは思いつつ
    あの「吉牛」が食べれるなら
    再開を応援したいと思う。
    (難しいのかな?)

    マサでした。

  8. 1日だけの復活「吉野家牛丼」〜。

    2/11(金祝)、1日限定吉野家牛丼の復活デーに行ってきた。思い起こせば吉野家のメニューから牛丼が消えたのがちょうど一年前(2004年2月11日)。吉野家にとっては辛い一年だっただろう。専門分野で勝負することができず「豚丼」や「キムチ丼」「カレー丼」等

  9. マサさん江
     政治的な事はよくわかりませんが、ともかく、早く吉牛復活してほしいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください