これもスランプというのか?

 一週間ぶりに、管理画面に直接入力〜即公開をしてみる(笑)。

 最近、巡回ブログの多くで、更新に対するモチベーションが下がったとか、ブログは誰の物とか、記事を書くネタがどうのとか、まぁ、そんな、自己分析風のことを目にする。

 俺も、ブログを始めて、そろそろ1年になる。
 ここらで省みるか……なんてのは、俺に似合わないね。

 それと関連あるかどうかわからんけど、ここ数日は、以前のように、脳と指が直結しているような、思った事を勢いで書いて即、記事として上げるという事をしなくなった。
 意識的にやっているわけではなく、ちょっと諸々忙しいので、メモ書き程度に留めてしまい(ネタはたくさんあるので、忘れないように、CLIEかパソコンのテキストエディタに入力はしておく)、さすがに、それをそのまま公開はできないなという状態。
 で、エディタで書き進めたり、オンラインの管理画面に直接入力しても、一旦下書き保存して、数時間から半日は放置する。再編集の時に醒めていたら、捨てる。

 こういうやりかたを常用していたブロガーも多いとは思うけど、俺は、日記としての意味合いが多い(日記を書くツールとして、またまたブログがしっくりしただけで、それ以上は深く考えていない)ので、ちょっと、今の「校正する」という状態は、自己嫌悪に近い苛立たしさがある。
 でも、即刻公開にすると、とんでもない文章になってしまうようで、怖い。
 ブログを日記として使っているとはいっても、当然、公表できない事も多い。そんなネタは、従来通り、CLIEに「本物の日記」として記述している。そっちも、なんか文章が乱れているんだよね。紙の日記帳だったら、きっと、翌日読み返した時に、破いてしまいそうなくらい、変な文章。えっと、文章というか、文法がめちゃめちゃなんだ。

 それでも、やっぱり、文章を綴るのは好き。
 俺は、文系の技術屋だからね(笑)。

ねこぱんち!
→むつみのT’sな日記:ちょうど3週間ぶりの更新です

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9381/trackback

17 thoughts on “これもスランプというのか?

  1. どこがどうとは上手く言えないのですが、最近のねこぱんちさんの記事では、このエントリーが一番「生」っぽい感じがします。
    色んな形があって当然だし、どれが良いではないのですが、あたし・・・好きです♪。
    すみません、偉そうでした(笑)。

  2. いまでも、思ったことをそのまま管理画面で直接書いてます。
    公開は念のため一晩寝かしますが、まず読み直しはしてないですね。
    私は、単に校正するのが面倒とか時間がないって言うだらけた理由なんですが。

    そのせいで、あとから誤字とかよく見つかります。

  3.  ウチの記事にも同じようなコメントをもらったけど、びといん氏なんで悩んでんの? と持ってたんですよ。
    なるほど。「日記」ね。
     そりゃたしかにライブ感を大事にしたいのもあるのかもしれませんね。
     たしかに感覚でパッと書くのも大事な事だとも思うけど、少なくともネットでは僕にはとてもじゃないですがそういう芸当はできないですね。つうか僕って心の中に結構ダークな部分があるんですよ(笑)。んでいつもつい、訪問先のコメント欄に思ったまま書いて冷や汗をかく場合が多いですから怖いです。

     あと、少しだけネットで仕事をしてた立場から言わせて貰うと、たとえ日記であれ、ネットで公開する以上はテレビ放送と同じだと思うんですね僕は。現に法的にも似てますし。
     だからタマに脊髄直結のような日記ブログを見ると少しひいてしまいます。そしてそういうブログで流行ってるのって少ないような気もしますしね。
     推敲、校正は上質な文章を書く上では大切だけど、それだけじゃないですよ。自分の不本意な文章をはじくという意味もあるのですよ。「より自分らしい日記」を書く為には推敲無しにはできないと思いますけどね。だから自己嫌悪する必要がないんじゃないかなぁ。

     それからそれから。
     小説を書くみたいにキチンとプロットを練った文章以外はだれでも文法がおかしくなるもんですって。だから思うまま書いて文法が狂うのは当たり前なんですよ? 書き方自体はメモと同じなんだから。
     ほとんどはソコに気が付かずにおわるんですけどね。そう思えるだけびといんさんは文章の実力がありますよ。

    …っていうかホラ↑、僕も文法&プロットがバラバラ(笑)

  4. 私は、いつも何も考えず思いつきのままダイレクトに書いちゃってます。

    あ、一応書くときは「ん〜とん〜と」と文章を書き直したりはしてますが・・・。
    まぁ、それが今の私であって、今の考えなんだな。と思ってはいますが、やっぱりちゃんと考えて書かないとですね。

    |文|-д-)びといんさん、いつも飲みながら書いてるからですよ
    ( ´艸`)ムププ

    Σ(゚Д゚;)私も人の事言えなかった!

  5. びといんさん、はじめまして。
    度々お訪ねしていながら、勇気がなくてなかなかコメントできずにおりましたが、この一言で吹っ切れました。

    > それでも、やっぱり、文章を綴るのは好き。
    > 俺は、文系の技術屋だからね(笑)。

    私も書くことが好きなんですが、読み直し&書き直しばかり。。。
    生の言葉の勢いを残しながら直すことはなんて難しいんだろうと思う毎日です。
    ほかの方が書いておられましたが、私もびといんさんのこの日記の雰囲気が好きです。
    また寄らせて下さい。

  6. 進藤むつみさん江
     そう、この記事はリアルタイムで書いて即公開しましたからね。
     元々は、こういう書き方なんですが、何故か、それが怖くなってたんですよ。
     でも、好きと言っていただけて嬉しいです。

    そうですかさん江
     誤字脱字は、俺も頻出させてます。それもライブ感のひとつということで、読み取り違いが生じたり誰かに迷惑がかからないものなら、そのままにしちゃってます(笑)。

    ろぷさん江
     ちょっと説明不足だったかもしれません。著しく文法が変になってきたのは最近なんです(もともと怪しいですけどね(笑))。日記やメモなのでそれでいいんですが、さすがに、この状態じゃぁ、今までのように即刻ブログ記事として公開は嫌だなぁと。そんな感じの自己嫌悪です。
     とにかく、なんか、うまく言えないんですよね。
     ただ、まったく書けないとか、更新に対してモチベーションが低下したとかは、まったく無いんです。
     ともかく、ありがとう。
     ろぷさんに褒められた(んですよね?)ら、マジに嬉しいっすよ。

    ロバ子さん江
     はっ! 飲みながら書いてるから文章が変なのか! 気付かなかったよ(笑)。
     いや、でも、自分とこの記事を書く時はいつも正気です。酔っぱらってて書いた記憶がないというのは、よそ様の所へのコメントですぜ。って、そっちの方が迷惑か(笑)

    燈子さん江
     はじめまして。
     今までも読んでくださっていたそうで、ありがとうございます。
     ブログをやっている方は、ほとんどが物書き好きでしょうね。
     今回の記事ではウダウダと愚痴ってますが、きっとすぐに回復して、また以前のような書き方に戻ると思います。
     この雰囲気が好きといっていただき、ありがとうございます。

  7. 俺はいつも記事をストックしたいなあと思いながら出来ず、考えたことをそのまま書いてます。
    で、帰りの電車で考えることが多いんですが、一日一記事お約束にしてるんで帰りが午前様ギリギリだと携帯で書き始めたりしてます。
    一度アップしても管理画面はしばらくのこして、自分の記事を読み直し、何回か誤字脱字直してますね。
    メールだとこうはいかないのに、ブログは上げてから直すって感じです。

  8. 私の場合は、モチベーション云々より、家に帰って自宅でパソコンを上げることが面倒くさいという状態になっています。昼間も仕事で文章を書き、夜にまで文章を考えて書くのがイヤになっているのかもしれません。
    それでも、いくつかのサイトを回り、コメントをつけてみたりとそこのモチベーションはあるんですけどね。どうも、自分で創るよりも他人の創ったものを楽しく見るのが好きなタイプのようです。

  9. 慎重に記事を書いてるんですねえ・・・。

    私は大概一気に書いてアップしてしまいます。一日寝かして推敲してから、と思うといつまでもアップできず、そのうちそのテーマについての熱が冷めてしまって最終的に「削除」になってしまうのですよ。
    だから書き始めたらできるだけ一気にアップまで漕ぎ付けてしまいます。その間3時間くらいかかりますね。
    更にアップしてから半日後に再度校正します。だからアップしたての記事は完成度が低いので読んでくれる人には申し訳ないのですけどね。でもそうしないと、ボツになってしまいそうで・・・。
    私にとってBLOGは「日記」だしそれを職業にしてるわけじゃないから、中途半端でも完成してなくても、誤字脱字があってもいいと思ってます。ただその結果読者に嫌われてしまうのは、受け容れないといけないですね。

  10. 私はそこまで考えて記事を書いてなかったから、ちょっと反省モードです。
    でも、毎回、考えながら、消したり書いたりしながら、記事を作るので
    その作業が、時間はかかるけれどもとても好きです。
    自分のつたない文を読んでくれる人がいてくれる…ってだけで
    なんだか心がほんわかとしてきます(^^)

  11. うー、
    久しぶりに猫パンチ。
    お玉も今回の記事を読んで、いろいろと思うことありです。

    更新、うちも途絶えぎみです。
    秋にパソコンが壊れて、ブログをお休みしてから
    新しい仕事など、他のことに興味が移ってしまって(笑)

    巡回もすっかり出無精になってしまっていますが、
    きっとこれって、波のようなものがあるのだと思います。

    波が来たら、またぼつぼつ書くんだろうな。
    表現すること、綴ること、基本的に楽しいわけで。

  12. マンガーさん江
     でも、マンガーさんの文章は読みやすいと思いますよ。
     それに、携帯からのモブログも、とてもそうだとは思えないほど、整っている。
     楽しんでやっているなぁというのが伝わってきます。

    kbtさん江
     仕事で文章を書いているとなると、そういう気持ちも起きるかも知れませんね。
     他の人の創作を読んで回る方が好きというのも、十分に、ブログの楽しみ方ですな。

    agricoさん江
     えぇ。俺のブログも日記ですから、基本的には文章の出来不出来は気にしてないんですけど、それこそ、現状のイライラをうまく表現できないので、とりあえずライブで記事にした次第です。
     俺は、アップというか、記事として公開した後には、極力校正はしたくないんですよ。誤字脱字も、意味が通じるようなものなら、ご愛嬌。そのままにしてます。
     公開当初は完成度が低いとおっしゃっても、まぎれもなく、その当時の感情・感性の産物であるはず。
     訂正するにしても、見え消し線で元を残すか、追記という形をとります。

    まみぃ江
     別に反省することはないよ。
     このみなさんのコメントを読んでもわかるとおり、人それぞれ。
     俺のこの独り言エントリーに、予想外にこんなにコメントいただいて、内心驚いているくらいだ。
     とにかく、ブログやっている人のほとんどは「書く事、表現する事、何かを伝える事が好き」なはず。
     迷惑をかけずに楽しめば、それで十分なんだろうね。

    お玉さん江
     そうそう、楽しむのが一番ですよね。俺たちは趣味でやっているんだから、まず、本人が楽しめなくちゃ。
     記事本文でも触れましたが、最近、更新ノルマや、意欲低下を訴える人が多いような気がしてるので、俺の場合はどうかなと、ほんのわずかだけ、公表してみただけです。

  13.  いただいたコメントを踏まえて、記事に追記したいことがあるのですが、長くなりそうなので、別途に記事を立てます。

     まずは、みなさん、ありがとう。

  14. 先日の記事の追記みたいなものを

     先日の記事は、独り言のようなものだったのに、予想外にたくさんのコメントをいただいた。 それを踏まえて、追記みたいなものを。 今は更新が停滞しているWebサイト「あぶすとらくと・うぇぶ」では、1999年1月から、不定期日記なるものを公開していた。 でも、途中、な�

  15. 私の場合、わざわざ練らないで書きますね。
    人それぞれだし、考え方が色々なきゃ面白くないですし。

    でも、最近思ってるのが、なんとなくだけど「ブログ飽きないか?」「よく毎日やってられるねぇ」とかいう一歩引いたような見方が今「流行ってる」と思われることなんです。
    ある程度、何かが成熟してくると必ず現れるモードですよね。

  16. すしバーさん江

    >ある程度、何かが成熟してくると必ず現れるモードですよね。

     さすがすしバーさん。洞察力がすごいです。
     言われてみれば、今、そういう一歩引いた見方が流行ってる(と思われている)かもしれない。
     大抵、この後は、悪の温床みたいに思われる時期とかも来るんですよね。

  17. 筆記用具でこうも変わるテキストエディタ第二回 【秀丸エディタ】

     気づかれたかたも多いと思いますが。  ちょっと前から、当「もげきゃっち」の文体というか、文章のイメージみたいなものが少し変わりました。  なぜか。  テキスト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください