龍馬の写真は焼き増し可能だった!?

 龍馬の写真は「種板方式」 歴民館の調査で判明(高知新聞 2004/05/30)

 龍馬は、写真入り名刺を量産して、意気投合した志士たちに配っていたかもしれない。
 当時、ガラスは貴重品で、写真原版に使われたら、すぐに溶かして再利用さることが多かったそうだ。
 でも龍馬の写真(桂浜の像のモデルになった写真)は、「種板方式」という、複数印画が可能のもので、しかも、写りにくい陰影を筆で細工した跡があることが、このたび解ったって。
 写真彩色とは違って、ネガみたいな原版をいじって、それを複製するんだよね。
 今で言えば、Photoshopでスクラッチやノイズを除去するようなもんかな。
 そえはともかく、写真入り名刺を配ってたなんて、さすが、新し物好きの龍馬だ。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/8660/trackback

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください