その後のにゃあ(回復に向かっている)

 肝炎を患っているにゃあ。
 毎日嫁さんに送り迎えをしてもらって、通院治療(半日入院して、点滴その他)をしているのだが、その治療と、ブログやTwitterでの友人諸氏からの応援のおかげで、だいぶ回復した。応援していただいているみなさんには、本当に感謝します。

 昨日にはエリザベスカラーがとれて、今日は、腕についていた点滴管がとれた。もう、通常通りの姿だよ。
 まだ通院はおわりでないけど、太い管ではなく皮下点滴で良いため、明日からは半日入院しなくていいんだって。
にゃあ1

 点滴をしている左前足がむくんで太くなっちゃっているけど、そんなのは些細な事。柔らかめのご飯を自力でちゃんと食べているし、ウンコも出た。

 エリザベスカラーがなくなったので、大好きな「狭い所」に入り込んで寝る事もできるようになった。
にゃあ2
 高齢なので予断を許さない状態ではあるけど、とりあえずひと安心かな。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/12107/trackback

その後のにゃあ(回復に向かっている)” への5件のコメント

  1. Twitterで見て心配してました。
    なんとか快方に向かっていると聞いて、よかったです。

  2. Yuseumさん江
     ありがとうございます。
     おかげさまで、徐々にですがよくなっているようです。

  3. にゃあちゃんよく頑張りましたね!
    のんびり過ごしてゆったり遊んで
    早く良くなってね☆

  4. 良かったです・・・TuT
    目にも輝きがあるし、いつもの行動が見られると
    ほっとしますね。
    チビ太も2回生死をさまよって、点滴でのびた皮膚は
    戻らないけど、元気な今はそれも思い出になりました。
    この柄のこの顔は、生命力が強いんです!
    にゃあさんも良くなります◎

    この調子でどんどん快復しますように^^

  5. うち。さん江
     ありがとうございます。
     もう、普通の猫缶を食べられるようになりましたよ。量はまだ元気な頃の半分くらいだけどね。
     ゆったりと長生きして欲しいです。

    ユウビンさん江
     この柄は強いですか!にゃあとソックリな顔のチビ太さんの元気パワーもちゃんと届いているように思います。
     話した事があるかもしれないけど、にゃあも昔マチ針を飲んでしまった時に、内蔵のどこにも刺さらず、摘出手術を行い無事だったという武勇伝があります(笑)。
    「オレンジ八割れ種族」は伊達じゃない!(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください