HGUC ハマーン専用ガザC 製作(1)

 しばらくは特に作りたいガンプラも発売されないので、ハマーン専用ガザCを作る。

B000EGD458 1/144 HGUC AMX-003 ガザC(ハマーン・カーン専用機)

バンダイ 2006-04-09
売り上げランキング : 2201

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今日は、両脚と腰を組立てた。


 脚と腕は、全体的に合せ目消しが必要。しかも曲面ばかり。うひー、面倒くさい。
(……なんて事を言っていては、次に作業予定のザクFZ+HGUC旧ザクのニコイチなんかできねーぞ!)

20060720-gazac-2.jpg
 股関節は椀状ポリキャップ&ボールジョイントではなく、筒状のポリキャップ。太股に回転軸が設けられている。
 この太股上部の回転パーツをはめるのは、少し苦労した。

20060720-gazac-3.jpg
 太股下部は、合せ目消しのために接着剤を使って固定安置したが、そうしたら、回転パーツをはめるのが凄く固かった。
 凹みの内側ヘリを、様子をみながら、デザインナイフの「カンナがけ」の要領で少し削ってやる。上部回転パーツ自体はポリキャップ接続されるので、凹ヘリは多少ゆるめまで削っても大丈夫。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/9647/trackback

4 thoughts on “HGUC ハマーン専用ガザC 製作(1)

  1. このガザC、マッドにつや消しに・・・
    っと思ってから放置です。
    PGの MS-06Sも放置気味だし・・・
    困ったもんですw

    [追伸]
    少佐への道は遠い・・・(カードマスター)

  2. るしさん江
     俺も、だいたいいつも2〜3個のキットを組立て中のままですよ。つい色々なのに手をかけてしまうんですよね。
     現在、PG GP-01(下半身のみ)、MG ケンプファー(片脚のみ)、が絶讃放置中(笑)。

  3. もはやこんなものまでリリースとは本当、長生きはするもんですw
    股関節は塗装派は要注意なんですね。
    勉強になりました♪
    けどエッジが意外にユルいんですね。

  4. somedayさん江
     このキットの股関節、塗装派かどうかは関係ないですよ。
     脚は膝関節も含めて、後ハメ加工は一切必要なしです。文章で説明するとややこしいけど、まぁ一度仮組みしてみれば、一発で分かってもらえるポイントだと思われます。
     あと、エッジがゆるいですか? 手足は曲線が強調されぎみかもしれないけど、全体的にみるとエッジが利いているところは利いてます。
     確かに劇中(特にTV版)のガザCは、もっと角張って細身のイメージでしたけど、このキットの解釈は、キュベレイに繋がる雰囲気も盛り込んでいて、十分に「アリ」だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください