発売延期

 Apple、次期OS X “Leopard”の出荷を10月に延期 – iPhoneを優先 (2007.04.13 マイコミジャーナル)

 春に予定されていた、Mac OS X 10.5 Leopardの発売が半年延期。
 自動バックアップ機能”Time Machine”や画面表示仮想拡大機能”Spaces”なんかが付けるのを楽しみにしてるのに。
 発売延期の理由が「2007年6月発売を予定しているiPhoneのスケジュールを守るため、MacOSXチームから開発人員を動員した結果、Leopardのスケジュール変更を余儀なくされた」ってのが……。零細企業じゃないだから、そんなの事前に調整しとけよ。
 百歩譲ってiPhoneがちゃんと出てくれるならまぁ納得できなくもないが、iPhoneは日本でのリリースは未定だろ。
 むー。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10457/trackback

4 thoughts on “発売延期

  1. 先月の終わりから10.4を使い始めたあたしとしては、半年延びるのは逆にありがたかったりします。だって、10.4でさえまだまだ使い切れてませんから。
    ・・・って、ずっと10.4を使い続けそうな気もしますけど(笑)。

  2. むつみさん江
     確かに10.4でも不満は少ないですね。安定度も申し分ないですし。
     アップルもOSの優待アップグレードを実施してほしいです。まぁ、全機能が使えるエディションを通常価格で購入(っつーかMacOSXはひとつのバージョンにつき1種類のパッケージしかないので単純明解だけども)してもWinより遥かに安いですけどね。

  3. 逆に、なんてアップルって不器用なんだろう…って変に感心してしまったわ。iPhoneに、人を回したけど結局、手が足りなかった(もしかして行き当たりばったり?って奴?  ぷぷぷ)
     ますます、親近感が湧いてしまいました。
     あいほーんはデカイから日本じゃたぶん売れない? ばく

  4. まみぃ江
     行き当たりばったりという事はないと思うけど、iPhoneも小さいOSXで動くらしいからね。MacOSXチームも最初から関わっているのだと思うよ。
     大きさは、日本のスマートフォン(W-ZERO3など)もあのくらいだから、やっぱりアップル製となれば売れると思うけども、どうだろね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください