スカイプ(Skype)を試す(2)

 今日は、mishimaxさんと、無事通話成立。久し振りに元気そうな声を聴き、楽しくお話できた。

 ところで改めて言うが、俺のパソコンはApple PowerBook G4 にMacOS X 10.4.6で、ヘッドフォン端子にイヤホン+PBG4キーボード隅にある内蔵マイクでスカイプを楽しんでいる。
 どうやら、この内蔵マイクの感度がよいらしい。
 通話中に、システム環境設定でマイク入力レベルを下げても、勝手に上がる。いや、勝手に上がったり下がったりしている!
 もしかして、感度を自動調節してくれてるの?
 Mac歴は長いけど、こんなの知らなかった……。

 内蔵マイクの感度を自動調節してくれてるのは、どうやらスカイプ通話中だけみたい。いや、ますます凄い。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10287/trackback

5 thoughts on “スカイプ(Skype)を試す(2)

  1. 元々、感度調節の機能がMACにあって、それを使うようにSkypeができてるんでしょうかね?
    やっぱ、ドイツ人作ったものは信用できるなぁ。
    ドイツ人って、国民の8割が職人なんですよね?

  2. すしバーさん江
     確かにMacの内蔵マイク感度調節は画面でマウスでスライダーを操作したりしてソフト的に行うのですが、周りの音に合わせて感度調節する事ができるとは知りませんでした。
     ドイツ人、すごいっすよね。ゾーリンゲンの刃物とか。

    くろおびさん江
     いえいえ。試しに送ってみただけですから。
     まだ試す相手が少ないので……(笑)。
     うんこの邪魔してなければ良いのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください