戦国自衛隊 関ヶ原の戦い(第一部)

 ドラマ「戦国自衛隊 関ヶ原の戦い」。

 昨年の映画では信長の天下取り。さらに昔の映画では川中島の合戦が舞台だったが、今回のドラマ版では、そのタイトルどおり、関ヶ原。

 演習中に戦国時代にタイムスリップしてしまった二個小隊。飛んだ先は、関ヶ原合戦の直前。

 単純明解なストーリーで楽しめるね。

 小競り合いが続き、第一部のラスト時点では、島村(渡部篤郎さん)小隊は、石田三成に加勢。
 伊庭(反町隆史さん)は、徳川家康には「どちらにも加勢しない」と啖呵切っているが、小早川秀秋と親しくなっている。

 この後は第二部になるので俺の予想だけど、伊庭小隊が小早川秀秋について結果的には家康に加勢するという流れかな?
 いや、主人公・伊庭の小隊を秀秋に同行されるって設定なら、そもそもメチャクチャな設定である物語を一応史実へつじつま合わせさせる手段としては、うまいやり方かもしれないね。
 秀秋も、秀吉の姻戚という立場もあり、若さゆえに、あの時代でどっちの軍につくかで揺れ動いたかもしれない。
 その辺と伊庭の心情をオーバーラップさせてるのか。

 うむ。来週の第二部も楽しみ。

この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/10076/trackback

2 thoughts on “戦国自衛隊 関ヶ原の戦い(第一部)

  1. 家康が、どっかに逃げ延びるときに、忍者の力を借りたとかいう話があるじゃないですか。
    そこに、何か引っ掛けてくるかとも思ったんですけどね。

  2. すしバーさん江
     あぁ、自衛隊=忍者として語り継がれるという訳ですね。
     それもいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください