iMacでもMacBookのようにキーボードの手前にトラックパッドを置きたい。


 昨年夏、仕事場のメインのパソコンを、MacBook Pro (15-inch, Mid 2012)から、iMac (Retina5K, 27-inch, 2017)に更新した。
 長年Macを使っているが、公私含めてもデスクトップ型を購入したのは20年ぶりくらいかな。

 iMacの梅モデル(笑)をCTO(購入時の純正カスタマイズ)でストレージを2TB Fusionドライブに、入力デバイスをトラックパッドに、キーボードをテンキー付USに、それぞれ変更。メモリは純正はクソ高いので、別のところで16GB 2枚セットを購入し、元の8GBと合わせて40GBに。それでも、素のMacBook Pro 15-inchより安かった。
 単純には比較できないけれど、やはりラップトップ機は割高だなぁと改めて思ったわ。

 それはさておき。
 承知して購入したとはいえ、テンキー付Magic Keyboardは横幅が予想以上で「長っ!」と言ってしまった。
 CADを扱うためマウスも必須なので、キーボード、トラックパッド、それにマウスをも横に並べると遠くて使いづらく、右手首の横移動が多くなり腱鞘炎にもなりかねない。
 また、MacBook風にマジトラをキーボードの手前に置きたい。
 でも、純正のキーボードもトラックパッドも、断面は手前が薄い同じ楔形になっていて、もちろん横に並べるとピッタリと合うのだが、手前に並べると段差ができてかなりの違和感。スペースキーが押しにくいこと山のごとし。

 同じ事を思う人は多いらしく、いくつか自作記事を拝見したし、これを解消するようなキーボード台も売っている(売っていた)ようだが、テンキー付のは見つからなかった。
 工作は好きだが、アクリル板の加工や接着はちょっと大変そうなので、自作はしたくない。
 これまでは段差解消にキーボードの下にダンボール紙を敷いていたが、少し沈むし、切断面がほつれてゴミがでるし、なにより見栄えが良くなかった(笑)。
 で、最近、キーボードと同サイズ(110mm×420mm)の6mm厚アクリル板に変えた。

 すべり止めに、百円ショップで購入したゴム足を底面に貼る。快適。

 段差6.5mmに対して板6+ゴム足2.5=8.5と、キーボードが2mm高くなったが、問題なし。
 元々が薄いkeyboardなので、5mmが12mmになっても違和感はない。

 ちなみに、今回はアマゾンのこちらで注文。
 中国からの出荷で10日くらいかかるのと、注文前にメールやり取りでサイズ指定するのがちょっと手間だけど、カット精度はピッタリで近所のホームセンターより安かった。
 注文前のサイズ指定メールのやりとりは、ちゃんと理解できる日本語で丁寧に対応していただけた。
 もっと早くこうすれば良かった。


まさにマジック

 昨日、新しいiMacやMacBook等が発表されたが、その中でも、一番の注目は、MagicMouseだろうな。
 うまく説明できないので、リンク先にある動画を見てもらいたいんだけど、いやぁ、またまたやってくれましたな、アップル!
 クリックボタンもホイールもないのに、それらに相当する操作が可能。凄いな。

 個人的にはMacBookのトラックパッド操作に慣れてしまって(これだって、秀逸なのだよ)、マウスはほとんど使わないので、買わないと思うけど、初めてMacに触れるって人には、おすすめかな。
 既成概念を打ち破るのが得意だよね、アップルって。


新MacBook

 新しいMacBookファミリー、ノートブックのデザインを再定義 (2008.10.15 アップルジャパン)

 新しいMacBookシリーズが発表されたね。従来のポリカーボネートから、精密加工アルミ削り出しのボディに変更。
 先にモデルチェンジしたiMacと同じように、画面とその周囲の縁の段差が無いフラット仕様。どんなスペックよりも、まずこの画面周りが気になる。だって、ゴミが入らなくなるんでしょ?


Intel搭載Mac、早くも発表

 Macworld 06基調講演 – Intel搭載Mac投入で第3の移行期に突入したApple (MYCOM PCWEB 2006.1.11)

 ということで、既に2006年前半に発売すると発表のあった Intel Core Duo 搭載のMacが正式発表された。来月には発売されるって。
 今回発表されたのは、iMac と MacBook Pro。え? マックブックプロ!?
 PowerBook に変るハイエンドノート型の新しいシリーズ名だけど、変な名前!
 少なくとも”Pro”はいらないよなぁ。野暮ったい。
 デスクトップもPowerMacから Mac Pro になるんだろうか(笑)。

 まぁ、当分買わない(買えない)ので、いいけどね。

 あと、例の”Intel Inside”ロゴは、どこにもないらしい。つまり、アップルはインテルの宣伝費用一部負担プログラムには参加しないということだね。
 うん。買ったMacのボディにやたらとシールが貼って合ったらかっちょわるいからね(笑)。


やっぱり出てきたらしい

 キャンディカラーの初代iMacっぽいPC、キューブ型のPowerMac G4っぽいPC、鏡面のPowerMacっぽいPC、iPodっぽいデジタル音楽プレーヤ……。
 アップル社製品にそっくりなPCが散々登場してきたわけだが。

 やっぱり出てきたね、Mac miniっぽいPC。
 その1。
 その2

 買うなら、ちゃんと本物を買いましょう(笑)。
Apple Mac mini (1.42GHz, 80G, 512, Combo, AM, BT, E) [M9687J/B]

B0007YT8WA
アップルコンピュータ 2005-07-27
売り上げランキング : 296
おすすめ平均 star

Amazonで詳しく見る by G-Tools


iPodチームが事業部門へ昇格

 「Dress You Up:アップル、iPod売上高がiマック上回る」へトラックバック。

 iPodの売上高が前年同月比8.5倍の大躍進し、iPod関連を、今までのプロジェクトチームから、事業部へ昇格させるそうだ。
 iPodは、単純に、素晴らしいよ。それ以上の言葉は思い付かないね。
 かつての初代iMac(おにぎり型の半透明キャンディーカラーの)登場と同じくらいの効果を業界に与えていると思う。

 俺は2003年春モデルの15GBを使って1年になるけど、通勤の友&寝る時の睡眠導入BGMとして、手放せない存在。
 どうせ外で聞くのだしということで、音質には大きな期待をしてないため(母艦PowerBookG4本体のHDD容量の兼ね合いもあるし)、80bpsのAACで取り込んでいて、所有CDの全て(5251曲)を入れている。
 ここで自慢したいのは、曲数ではなく、「朝、出勤前に、その日何を聞くか選んだり転送したりとかをしなくて済む」と言うこと。
「いつでも聞きたい時に聞ける」というのは、実は単純だけど、iPod以前には、なかなか実現困難できなかった事だ。
 これが、大ヒットの要因じゃないかな。

「Windowsにも対応したから」という単純な問題でもないと思う。

 ともかく、iPodは、「買え!」ですな。

 他の人は、この類いの携帯型音楽プレーヤーについて、どう思ってるんだろ。ちょっと気になってきた。

 関連サイト
 ITビジネス&ニュース:アップル、iPod売上高がiマック上回る