俺の怪我遍歴

 ぺんも歩けばネタにあたる TBプリーズ 「ケガ、病気自慢」 に、ねこぱんち。
「今までで一番記憶に残る病気やケガは何ですか?」とのことだが……。
 俺は、結構怪我をしている。血の気が多くて喧嘩ばかりしているというわけではない。まぁ、時々弱いくせに大喧嘩して、ボコボコにされるけどな(笑)。

 悪趣味かもしれないけど、自分の怪我遍歴(笑)を遡りメモしてみる。

続きを読む

親父とは理不尽なものだと思う

 通勤マンガーZ:愛ある叱咤激励俺育て!虎ヘッド風味:第二部 :オヤジの退院 に、ねこぱんち。

 マンガーさん、すしバーさん同様、俺も、子供のころには、よく親父に怒鳴られた。
 ブログでも何度も書いているが、俺の親父は、あまり家庭を顧みない人だったが、そのくせ、怒鳴る。
 理不尽そのものだと思った。
 まぁ、好き勝手に職を転々とし、借金だらけで、名実ともに我が家では権限があまりない親父の説教なので、俺と弟は、ろくに聞いていなかったが。

 でも、今になって思えば、親父の理不尽な事といえば「親の言うことは聞け。クチゴタエするな!」くらいだった。

 悪いことをしたら叱られるのは当たり前として、他に、いちいち細かいというか用心深い親父だった。
 寝る前は、ガスの元栓を閉めた。ガスコンロのホースが繋がっている所にあるのじゃなく、流し台の下にある仕切弁の事だ。
 小物をちょっとしまい忘れると「踏むと怪我するから片づけろ」という。
 ハサミなどを使うのは、タタミや床の上での作業は絶対に不可。テーブル上で使わせた。当然「終わったらすぐに、引き出しにしまえ」と言った。
 鉛筆が床に転がっているだけで、原因者は怒鳴られた。
 ……ここまで列記してみると、やっぱりいちいち理不尽かもな(笑)。

 しかし、親父は、常々「用心には、やり過ぎるという上限はない」と言っていた。
 今、たぶん、俺は、嫁さんや子供から見れば「細かい事にうるさい親父」になっているんだろう。
 今は俺が、親父と同じ事を言っている。

 もう少しで、親父の三回忌を迎える。

さらばPTB装具

 装着して歩くとカチャカチャ音がして、ギャバンかハーロックになった気分。又は機械の体を手に入れた気分を味わえて、ちょっと楽しかった(笑)。
 昨年末に右足下腿骨骨折の時、手術・退院後の約1ヶ月間、まさに外出時の支えになってくれたPTB装具。

 不用になってもずっと置いてあったが、先日の不燃ごみの日に、捨てた。
 型取りして、当時の俺の足にジャストフィット。スムース装着だった。名残惜しいが、保存しておいてもしょうがない。二度と使えないのだ。
 お世話になりました。君のおかげで、無事復活できたよ。

「俺は機械の体なんかいらない。生身の体で戦うよ。そうだろ?メーテル……」


※写真は、装着療養当時のものです。

完治!!

 今日は、休暇をとって病院へ。
 抜釘手術から退院後半月目の診察を受けた。
「しばらくは天気の悪い日には疼いたりするかも知れませんが、大丈夫。終わりにしましょうか」
 医師にそう言われる。
 わーい。
「完治とみなす」っていう診断書ももらった。半年近くかかったぜ。

 ってことで、祝杯あげてるのだ(いや、いつもと変わらず飲んでいるだけ(笑))。

退院!

 今日の昼前に、無事退院。
 一週間ぶりに帰宅すると、留守番していたネコが寄ってきて、ごろんとお腹を見せて、うにゃうにゃと甘える。
 お昼は、家族で近所の店でラーメンを食べる。幸せ。
 5月14日に外来診察を受けて、レントゲン撮影し、異常が無ければ、晴れて完治となる。

 ブログ人を始め、諸々の運営サイト、また更新するぜよ。

また病院に戻る

 楽しかった一時帰宅も、そろそろ終わり。また病院に戻る(涙)。
 たった一駅、徒歩15分しか離れてないけど、嫁さんは毎日見舞いに来てくれるけど、一週間も帰れないってのは、とてつもない距離だ。
 でも、頑張らないとね。もう少しだ。
 そして、退院早々、親父の一周忌。

入院

 明けて19日、入院する。
 昨年末の右足脛骨及び腓骨骨折による治療でいれた緊結器具を除去するための再手術。
 30日に退院の予定。

 こちらのブログへのコメントやトラックバック、あぶすとらくと・うぇぶ掲示板への書き込みは、ケータイへ転送されるので、全てに目を通せます。
 管理人はしばし不在となりますが、よろしくお願いします。

 ケータイから、なんらかの入院日記を投稿予定ではあります。

来週、手術

1ヶ月ぶりに診察を受けた。
経過良好。
まだ、通勤中の人込みはちょっと怖いし、階段を降りる時に違和感があり、夕方には足首にだるさを感じるものの、
これは、骨折後の普通の症状、慣らしていくしかないとの事。
で、金具を抜く手術を来週21日に決めてきた。その2日前の19日に入院。
今月中に抜糸して退院。遅くてもGW中には完治!
(このblogには書いてなかったが、12月3日に右下腿骨を骨折して以来、丸5ヶ月)
連休明けには、やっと、無改造の(笑)自分の両足で歩けるんだね。

しかし、ビスを抜いた後の穴(3本も入ってるんだよ)は、すぐに埋まるんだろうか。
その穴は、骨としてふさがらず、肉が入り込んだりはしないのだろうか(ひー)。
その辺を、もうちょっと突っ込んで聞いて見よう(笑)。