やっぱり不評だったんだろうな……

 iPhoneアプリ「Yahoo!路線情報」がバージョンアップし、アイコンも変わった。やっぱり前バージョンのは不評だったんだろうなぁ。
Yahoo路線情報のアイコンを晒す
 しかし、多少はマシになったものの、まだまだ格好悪いアイコンだな。iPhoneの画面内で浮きまくり。センスなさ過ぎ(笑)。例えばiPodのみたいにシンプルにできないかねぇ。

 前バージョンで、試しに近郊の出先から自宅最寄り駅までの終電検索をしたら、自宅最寄り駅のひとつ手前が終点の最終電車に乗り、その終点駅で4時間待って始発に乗換えて一駅で到着、なんていう非現実的な検索結果を提供してくれて、びっくりしたんだけど、そんな「朝帰り推奨機能」がなくなり(笑)、まぁ、機能的には普通にはなったわな。

Yahoo!路線情報

Yahoo!路線情報

 iPhone用の乗換案内エクスプレスを愛用していたが、その無料版は近日中にサービス停止になるらしい。運行情報なんかは便利だったんだけどもな。
 で、このタイミングで、先日、Yahoo!からも同系統アプリが無料でリリースされた。以前からYahoo!モバイルのiPhone専用ポータルにも「路線」ってのがあるが、これ、検索結果はPC用サイトのままの表示になってしまい、iPhoneではちょっと見にくかったんだよね。それが、今回のiPhone用アプリにより、解消された。
 運行情報は、そのYahoo!モバイルのiPhone専用ポータルの「路線」で表示されるので、まぁ、いいかと。
 機能的には大きな不満はないんだけど、Yahoo!が提供するiPhoneアプリって、アイコンが、どれもまるでWindows用ソフトのアイコンみたいで野暮ったい(笑)。

Air Sharing

Air Sharing

 Air Sharing。iPhone/iPod touch用の、ファイル転送ソフト。Macから(WindowsとUMIXからでも可)文書ファイルや画像、音楽などをiPhoneへ転送し、見るという、いわゆる”on the go”系の閲覧ツール。
 これ系のソフトはApp Storeにもたくさんあるが、どれも有料で試用もできないので、ためらっていた。このAir Sharingは、最初の公開から2週間限定ながら無料(日本公開9/8)。2週間経過後はUS$6.99とApp Storeとしてはお高めなので、ちょっとでも気になる人は、いまのうちにダウンロードしておこう。すぐに使わなくても、iPhoneに同期せずiTunesにストックしておくだけでもいいじゃん。

 さて。Air Sharing。その名の通り、MacからiPhoneへの転送は無線LANで行うのだが、操作は至極簡単。初回に僅かな項目設定をした後は、iPhone側ではAir Sharingを起動しておくだけ。
 Mac側で、iPhoneのAir Sharingdデータ用ディレクトリ?にサーバ接続すれば、マウントされ、Finderに表示されるので、そのフォルダに転送したいファイルをドラッグ&ドロップする。そうすると、リアルタイムでiPhoneに反映されていく。フォルダ作成もMacのFinder上で可能。

 まずは、JR東京近郊路線図と、東京メトロ路線図(共にPDF)を入れてみた。iPhoto経由で「写真」に入れて見るより表示も早いし綺麗。俺としては、これだけでもAir Sharingの利用価値ありだわ。
 ちなみに今までは、路線図は、JPEGに変換して(JRのはPDF加工・変換にプロテクトがかかっているので苦労した(笑))iPhotoに入れてiPhoneの「写真」で見ていたが、これだと自動的に縮小されて駅名がよみにくかったんだよね。iPodだと、写真の同期設定に「フル解像度で転送」みたいなチェック項目があるのに、iPhoneにはない。

 それと、テキストファイルの転送も試す。Jeditで書いたプレーンテキストを転送したが、文字化けがひどい。エンコードと改行コードを色々設定してためしてみたら、エンコードはUTF-8、改行コードはLFで、「先頭にBOMを付加して保存」に設定すると、文字化けがなくなった。これは俺の環境だけかもしれないけど、一応メモしておく。

 対応フォーマットも多いし(有名どころはほぼ網羅されている)、母艦はMac、Windows、UNIXが利用可能という懐の広さ。
 とりあえず、無料のうちにゲットしておきましょう。

「ウルトラマンメビウス(第41話)」を見た

 放送当日はオフ会だったので、録画しておいた物を今日見た。
 メビウス第41話「思いでの先生」

 登場するゲストウルトラマンは、ウルトラマン80だよ。

 統廃合によりもうすぐなくなるという「桜ケ丘中学」の教師・塚本は、久し振りに再会した同級生らとともに、同窓会を計画。当時の担任で、突然姿を消してしまった矢的先生も呼ぼうとするが、連絡先がわからず。
 矢的先生は、その正体はウルトラマン80だったわけだけれども、当時の番組としては、終盤では突然の路線変更でUGM専任になって、教師編はうやむやになったままなんだよね。
 それをも、今回は80の「突然姿を消したには訳がある。それを謝罪したい」という言葉にそって、まぁ多少の無理はあるけども、一応の辻褄合わせをやってくれたよ。
 80=矢的先生自身も、地球の平和のためにUGM専任として生徒を放置してしまったことをずっと心残りにしていたと。矛盾点はあるけども、そういう事を描いてくれただけで、もう嬉しくなってしまった。

 今回は、現在の子供には「?」なお話だったかもしれない。
 まぁウルトラマン誕生40周年記念作品として、おっさん連中へのプレゼントとして、我慢しておつきあいしてほしい。

チケット トゥ ライド

 話題のボードゲーム、待望の日本語版が発売された。
「チケット トゥ ライド〜アメリカ横断鉄道レース〜」[公式サイトはこちら]

チケット トゥ ライド ~アメリカ横断鉄道レース! チケット トゥ ライド ~アメリカ横断鉄道レース!

バンダイ 2006-07-15
売り上げランキング : 127

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 今日の買物の時に買ってきて、家族で遊んだよ。

 日本語版は、バンダイの「盤盤ゲーム家族」っていうブランドからでているんだけど、余談ながら「盤盤ゲーム家族」っていうと、俺らの年代では「おばけ屋敷ゲーム」を思い出してしまうね。

 さて、このゲーム。ルールは簡単。
 基本的には、最初に与えられたノルマの路線獲得を目指す、陣取りゲームの一種。
 欲しい路線のカードを集めて、どんどん自分の列車コマを繋げればいいだけ。

 各人に与えられたノルマはゲーム終了まで伏せておくので、邪魔をするなら敵のコマ配置のみを手掛かりに推測するしかなく、戦略性は自分のルート確保に重点がおかれる。
 それゆえに、小学生から大人まで、ほとんど互角に対戦できるところが素晴らしい。
 逆に、こういうのって子供の方が得意かもな。
 実際、我が家の家族4人でプレイしたら、もろに若い者順の成績だった(笑)。

 1プレイ45分程度。手軽で面白かったよ。

ガンプラへ繋がる、バンダイの歴史

 アマゾンに注文して、昨日届いたのだが、一気に読んでしまった。
 読みやすい文章ってこともあるが。

ガンプラ開発真話
猪俣 謙次 加藤 智

ガンプラ開発真話
メディアワークス 2006-03-17
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 第一章は、ガンプラ以前というか、バンダイ・模型部の黎明期について語られている。最初は退屈かと思われたが、この章も面白い。
 おもちゃメーカーであるバンダイが、今井科学らと共同で模型業界に参入するも、途中から当時のプラモデル業界ではイロモノ扱いされていたキャラクターモデル専門の路線に切り替える。この時点で、すでに現在のバンダイの思想は固まっていた訳だ。その後、大きな路線変更しないってのが、ガンプラの独占成功につながるのだろうか。
 しかし、スーパーカーブーム到来で、怪獣やロボットなどのキャラクターモデルは、カーモデルをはじめスケールモデルの人気に窮する。
 ここでも「流行りに乗るだけじゃなく、信念を通そう」と、あえてテレビ番組のロボットのプラモデルで勝負するが、大敗。
 ここで、スーパーカーブームの一端には「サーキットの狼」という漫画の影響もあった。今まで相いれなかったスケールモデルとキャラクターとが、実は融合していたって事に気づいたバンダイ。
 その直後に迎えたのが、一度は沈んだ(笑)「宇宙戦艦ヤマト」の再放送〜劇場版による大ヒット。
 バンダイは、「ヤマト」で、「キャラクターモデルのスケールモデル化展開」で大躍進する。
 まぎれもなくこの成功が、ガンプラへとつながる。

 だいぶ端折ってしまったが、第一章は、こんな感じ。

 この後は、リアルタイムに体験した時代なので、納得しながら読み進めた。
 とにかく、バンダイは伊達じゃない!

 この書籍全体の3分の1くらいは、ガンプラ以外についての事だが、そのどれもが、やっぱりガンプラの歴史に繋がっているのだな、と思う。
 タイトル「ガンプラ開発真話」というには大袈裟だけど、ガンプラファン、バンダイファンは、きっと楽しめる読み物だと思う。
 俺は、期待せずに購入したので、余計に楽しめた(笑)。
 まあまあオススメ。

アクセス解析概要(2006.01)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる1月のアクセス解析概要。

 訪問者数は、ヒット数:8679(先月6275)、ユニーク数:4353(先月2863)。

続きを読む

明日なる夢

 仮面ライダー響鬼、最終之巻。

 最終回のわりに、全てが収束したとは言い難いなぁ。
 一応真面目な弟子になった京介。でも、1年間も許さなかった明日夢を、あっさり認めちゃったよ。だったらもっと切っ掛けはあっただろ。まぁ、1年間で精神的にも成長したって事なのかなぁ。
 明日夢もかなり成長したね。
「鬼になることだけが俺の弟子になることじゃないぞ、明日夢」
 ヒビキさんは最後までかっちょいい!

 あ、謎の男女は謎のままかよ。洋館の和服男女よりも偉い謎の男女も登場したし、もう嫌(笑)。
 その他、物足りなさはぬぐえないものの、異色のライダーとしての意義はあったし、何だかんだといっても、面白かった。
 シリーズ初の「主役側のやられキャラ」の弾鬼と裁鬼も、まったく無意味でよかった。
 そういえば、おやっさんに「今、弾鬼君に行ってもらってるんだが、彼じゃ頼りないしねぇ」とか言われてたっけ。おいおい、曲がりなりにも鬼だろ(笑)。

 遂に終わっちゃったねぇ。正直にいえば、途中の路線変更以後は半ば惰性で見ていたものの、楽しめたよ。

 ありがとう、しゅっ!

アクセス解析概要(2005.12)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる12月のアクセス解析概要。

 訪問者数は、ヒット数:6275(先月8500)、ユニーク数:2863(先月4270)。

続きを読む

アクセス解析概要(2005.11)

 毎月恒例、XREA AccessAnalyzerによる11月のアクセス解析概要。

 訪問者数は、ヒット数:8798(先月6723)、ユニーク数:5033(先月3659)。
 お! FC2に移転した1月以降最高の数。まぁうちはアクセス数は多くはないから低次元での比較かもしれないけどね。

続きを読む