38枚描いた

 二級建築士の設計製図試験(二次試験=実技)が、いよいよ今度の日曜日にせまった。

 7月4日から今まで描いた図面は——課題一式フルに描いたもののみで——39枚(うち資格学校での授業内で描いたもの8枚)だった。
 自宅練習では7月は週1〜2枚、8月に入ってからは週2〜4枚のペース。

 最初は1枚描き上げるのに6時間とかかかり、エスキスも——最初なので簡単な課題なのに——2時間近くかかってた。トータル8時間。本番の4.5時間の2倍くらいだよ。こんなんで本当に受かるのか?と思ってた。
 しかし、さすが高い受講料を払い、2ヶ月間、毎週日曜日に12時間くらい(休憩含む延べ時間)の講義に通った甲斐はある。確かに、エスキス1時間、作図3時間でなんとか収まるようになったよ。

製図
 ↑こんな図面を3時間で描いている。

 描いた図面を翌日見直すと細かいミスはいくつかあるんだけど、一発ドボンの重大ミスはしなくなった。
 試験、なんとかなりそうな気がする。


合格通知

 昨日8月23日は、二級建築士試験「学科の試験」(7月3日実施)の合格発表だった。
 公表開始の朝9時半。合格発表が掲載されているサイトへアクセスしたよ。俺の受験番号がちゃんとあった!
 まぁ、資格学校の即日解答速報では余裕の合格予想が出ていたんだけれども、やはり正式の合格発表があるまでは少なからず不安はあったわけだ。答案マークシートの(名前の)フリガナ欄を記入し忘れたしね(笑)。
 そして、帰宅したら、合格通知も届いていた。
合格通知
 これで心置きなく、二次の設計製図試験に没頭できる。いや、もちろん学科試験が終わった直後から製図の講義も受けているし、平日も毎日宿題や独自練習に勤しんでいるけれどもね。

 現時点では、なんとか合計4時間程度(エスキス60分、平面図80分、矩計図40分、伏図30分、立面図15分、仕上げ15分)で課題の設計条件を満たす、最低限の図面ができるようにはなった。これでは見直しの余裕があまりないし、難しくてエスキスに手間取ったらアウトなので、作図をもう少し早くしたい。

 あとは、9月11日の製図試験に向けて、ひたすら描くのみだな!


平行定規をプチ改造

 二級建築試験の二次試験——設計製図——のために、自宅でも資格学校の課題やら自習練習やらをやっている。
 俺の持っている平行定規(簡単にいえば製図板)は十年以上前の物。どこも壊れていないし、当時ちゃんと「建築士試験会場持込み対応」というのを購入し、もちろん今でも対応している。
 先週、資格学校の講義に出席した時に、他の受講生のをみたら、最近の平行定規はいろいろと進歩してるんだね。十年も経てばそりゃそうか(笑)。
 別に新しいのを欲しいとは思わないし、自分のが古いからって恥ずかしいとも思わない。建築士試験意外には滅多に使わないので、これで十分。
 しかしね、若干の問題点が。
 製図板に傾斜をつけるための脚があるんだけど、それがね、俺のは版の向こう縁近辺についてるのよ。
 A2サイズだから、最低でも板の間口60センチ×奥行45センチはあるんだよね。
 試験会場(大学や専門学校)によっては、机の幅が狭くて、傾斜脚が乗らない。
 そんな懸念があるので、その傾斜脚の位置を付け替えてみた。

平行定規

 なにしろ古いタイプなので製図板裏面でワイヤーが露出しているため(最近はフレームに内蔵)、それと干渉しないギリギリの位置まで、傾斜脚を約10センチ内側へ移動した。
 これならさすがに机の奥行に収まるだろう。傾斜角度も若干増えて描きやすくなった。

 まぁ、道具よりも技術だよ、ってのは重々承知だが、くだらない不具合でイライラするのも嫌だしね。


二次試験へ

 国家試験……ってぼやかして書いていたけど、もういいか。いちいちぼやかすのも面倒くさくなってきた(笑)。
 えっと、二級建築士の試験を受けている。二級建築士って都道府県知事の免許なんだけど、国家資格なんだよね。
 俺の最終学歴は工業高校建築科卒なので、実務経験がどんなにあろうとも、直に一級建築士を受験できない。(´・ω・`)。

 閑話休題。
 昨年、6年ぶり3回目の受験で木っ端みじんになったので、それを省みて今年は自分自身を追い込んで勉強してる。
 昨年の11月からだから、半年以上だよ。
 で、先日の学科試験には合格しそう(資格学校の独自解答による自己チェック)なので二次試験である設計製図試験のための講座に突入したわけだが。

 講座は日曜日に開講なんだけど、その前に、課題解答例をトレース(見本をみて、模写する事)してこいとの宿題をもらった。
 昨日は、しまってあった平行定規を出してきたり製図用具のメンテをしたりしただけにして、今日、本腰を入れて製図の練習(宿題)を始めた。

 今日は「1階平面図兼配置図」を書いた。
 作図時間は、1時間45分。
110706_zumen.jpg

 設計製図の本試験は4時間半。もちろん平面図だけじゃないし、課題に沿ったエスキスも、その制限時間内にやらなきゃならない。
 1階平面図は1時間弱で書かないとダメらしい。うひー。

 本試験までの2ヶ月程度の間の講義で「かならず描けるようにする」と、資格学校はいっている。それを信じて頑張るしかないね。
 建築を生業としている者のたしなみとして、この資格は取得したい。


講義が始まった

 先週16日から、国家試験受験講座の本講座が始まった。先週はオリエンテーションだったので、実質的な講義開始は今日。
 このブログで何度も書いているかもしれないけど、去年は同じ資格学校の独学支援コースを受講したので、数回の模擬テスト以外は自宅学習のみで、課題提出もなかった。
 ってことで、自分の気持ちとの闘い以外は楽だった去年と比べて、毎週通学するってのは——先行して年末に予備講座(これも通学)を半分くらい受けてみたのも含めて——、早くもヒーヒー言ってる(笑)。
 しかし、あたり前だけど、やはり先生から直に講義を受けると理解度は格段にアップするね。
 資格学校という特性もあり、演習問題で間違えたものは講義終了後に復習して、解るまで帰れない。いやまぁ、提出すべきものさえ終われば帰ってもいいんだけど、普通のいわゆる高校・大学や専門学校などと違い、資格取得の勉強のために安くない受講料を払って参加しているので、テキトーにする人はいない。資格学校としても、試験合格者数の実績を出したいだろうし、受講生の尻と叩く(笑)。
 閑話休題。講義を受けて、解らない所を先生に質問して、場合によっては居残り学習もやって……って流れが、高校以来久々の環境なので、きついながらもなんだか楽しい。
 宿題はもちろん、予習復習なんかも、俺らしくなく(笑)結構真面目にやっている(去年はあまりやらなかったから、その反省もある)。独学コースと違い、日々の学習予定と実施を記録して、毎週の講義の日に提出するという「管理」がされているからってのもあるのだろうけど、意外と苦にならず続けられそうだ。元々記録やメモはしまくる性格だしね(笑)。
 ともかく、当面は「目標」があり、それに向けての学習をしているので、それを軸に充実した日々を送っている。


WB隊ほどの技量はないと思うのだが

 痛いニュース(ノ∀`)/慶応大教授「ガンダム内閣」

1 名前: ノイズc(宮城県):2009/09/18(金) 15:15:18.66 ID:15V/vswF ?PLT
公共経営論が専門の上山信一慶応大教授(51)
「理系の首相らしく綿密に設計された顔ぶれで、経験は浅いが力を発揮しそうな『ガンダム内閣』。課題が山積する国交相にタフな前原さんは適任で、亀井さんを金融・郵政改革相にしたことで、逆に過激な言動を封じられる。

自民党のような論功行賞や、人気取りのために民間人を起用しなかった店も評価できる。
予想以上にまともな布陣で90点」
ttp://sikosiko.s8.x-beat.com/src/up3654.jpg

 えー!? 過大評価しすぎだろ。
 民間人起用してないのは、WB隊との大きな違いのひとつだし。ガンダムとの接点は皆無だ。


「C1000 1日分のビタミン」試飲モニター

「B-Promotion(ビープロモーション)」のモニタープロモーション参加の記事。ハウスウェルネスフーズ「C1000 1日分のビタミン」。
 190g缶が6本届いた。

C1000
C1000
 先日、新発売と同時にオープンした紹介サイトにもあるけど、「C1000ブランド」の商品ってたくさんあるね。俺は、その中でレモンキャンディを食べた事がある。
 で、今回試飲した「C1000 1日分のビタミン」は、その名の通り、ビタミン12種類で1日に必要分の全ビタミンが補えるんだと。味も、普通のグレープフルーツジュースそのままで、飲みやすいし、お手軽だね。
 一応「コールド専用」と書かれているけど、ビタミンCって熱に弱いんだっけか? そのための注意喚起かね。栄養学に詳しくなくてごめん。

C1000
 この「C1000 1日分のビタミン」の感想を集めたページが、レビュー集約サイト「monopedia」に近々オープンするんだって。monopedia、俺自身はほとんどアクセスしてないけどね。

 で、なんか商品のコンセプト「1本で1日分」にちなんで「あなたの「これが私の1日分!」を教えてください」なんて課題もあるのよ、このモニターには。
 何にしよう。やっぱり、酒かな、うん。
 俺の酒を飲む量。毎日、焼酎の水割りかお湯割りを中ジョッキで5〜6杯。焼酎の消費量は、25度の麦焼酎を1日3合くらいかな。1.8リットルのパックを週2本買うから。
 あ、これは家で飲む分だけね(笑)。
 そんな酒飲みの俺に不足しがちなビタミンも、「C1000 1日分のビタミン」なら手軽に補えそうだね(お、珍しくモニター記事っぽいシメになったぞ(笑))。

キャンペーンバナー

ハウスウェルネスフーズ 「C1000 1日分のビタミン」


お久しぶりでございます

 <マクドナルド>FC管理に課題 対応も後手に (2007.11.27 Yahoo!ニュース)

 日本マクドナルドのフランチャイズ(FC)店で27日、調理日時のラベルの張り替えや賞味期限切れ原料の使用があったことが発覚した。原田泳幸社長は「一人のフランチャイズ・オーナーの問題」との認識を示したが、FCの拡大を目指す同社にとって管理面での課題が浮き彫りになった。今後の社内調査の進展によっては好調な業績にも影響を及ぼしそうだ。

 原田社長の顔を見たのは久し振りだなぁ(原田さんの前職はアップルジャパン社長)。でも、こんな不名誉な事でテレビに出て欲しくなかったけどね……。
 フランチャイズの問題とはいっても、本部の責任は免れない訳だから、あまり余計な事は言わずに誠意をもって対処して欲しい。
 俺らでは、フランチャイズ店と直営店の区別はつきにくい。どの店舗も同じ「マクドナルド」だという認識しかないのだから。


OpenOffice.org Mac Aqua プレビュー版

 Mac OS XネイティブGUI環境「Aqua」対応版「OpenOffice.org Aqua Development Preview」に新たな開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)が公開 (2007.07.09 CNET Japan)

現時点では開発途上のプレビューバージョンとしての位置付けながら、Mac OS X環境における現存オフィススイートが抱える各種の課題を解決し得る存在の一つとしても、その動向が注目されるところではないかと思われますが、この度米国時間3日付にて開発過程にある同オフィススイートの最新開発スナップショット(Second Aqua Development Snapshot)に相当する「OpenOffice.org Aqua Development Preview」が公開され、現在公式ダウンロードページを通じて英語、フランス語、ドイツ語、日本語各ロケールに対応したバイナリパッケージがBitTorrent経由にて入手可能となっています(Intel版、PowewPC版共にdmgにて約139MB)。

 X11(Mac標準のXウィンドウシステム)を介さず、MacOSXネイティブで動作するバージョンの開発は着々と進んでいるようだね。
 まだ不具合点が多くて、試してみる気もおきないけど、かなり期待してるのよ。完成すれば、今愛用しているNeoOfficeよりも動作が速いと思われるからね。

 最近、Mac関連の話題が元気なので、嬉しい。


やっと帰宅

 まず、シャワーを浴びて、薄めの焼酎ウーロン割をあおる。嫁さんお手製のカレーライスをいただく。
 うむ。身も心もホッとするね。

 今週は12日から今日までの5日間、社命により、全寮制の研修に出向いていた。
 とはいえ、都下なので通勤よりも近いのだが。

 それはともかく、わざわざ留守にすると伝える程でもなく、せめてケータイでモブログはできるだろうと思い、そのまま出ちゃったものの、研修所付近はミノフスキー粒子濃度がすさまじく、携帯電話の電波状態が微弱。自分のブログを見にいっても途中でブチブチ切れやがる。夜は課題製作があるし、さらに付近にネットカフェもなさそうだし(笑)。
 そもそも、モブログのネタになりそうな事はなかったけどね。

 ってことで、久々の更新。
 こんなに空けたのは、去年の春に入院した時以来かな。

 ケータイに安否確認のメールをくださった方々、ご心配おかけしましたことを改めてお詫びします。
 そして、ありがとう。