期日前投票

 4月10日に東京都知事選挙がある。しかし、当日は毎週通っている資格学校で模擬試験があり投票に行けない。
 ってことで、昨日、期日前投票をしてきた。初めての経験だったが、どうと言う事はなかったね。まぁあたり前だけど(笑)。
 仕事が終わってから寄ったので、会場には俺だけだった。それを除けば、正規の投票日と変わらない仕組みで投票を終えた。
 ただ、ギリギリまで世論の状況を見てからどの候補者に入れるかなんていう考えができないのが、ちょっと厳しいね。特に今回の都知事選はなぁ。マスコミの調査では支持率二位は三候補が接戦らしいし。
 さて、どうなりますかね。

濃いぃのが……。

 Mac OSX 10.6 SnowLeopard にアップデートしてから、Macを起動してデスクトップが表示されるまでの間、画面の色が全体的にちょっと濃いような気がする。
 一応モニタのカラー補正でも確認しようかとしたら、補正時のガンマ値標準が1.8から2.2に変わってる。
 もちろん、既にデフォルト以外に設定してある場合はそのまま反映されてるし、設定し直す時にガンマ1.8を選べば今まで通りになるので、大きな問題はない。

 でも。
 今後WindowsからMacにスイッチする人にとっては、最初から画面の色味がWinと同じになってていいんだろうけど、(素人考えなので、正しいかどうかは解らない無責任な論法だが)Windowsに比べてMacの画面が優しげで暖かみをあると感じるのは、このガンマ値の違いだと思ってたので、寂しいのう。

安物を承知で購入

 秋葉原へ買物に行った。そのついでに、DVDプレイヤーを購入。
AVOXプレイヤー
 我が家ではVRフォーマットのCPRM(いわゆる地デジやBSデジタルのコピーワインス)DVDが再生できるのが、1年前に買ったスゴ録RDZ-D800しかないため、これで録画したDVDがこれでしか観れないという不満と、諸々の野望(笑)もあってね。
 まぁ、安いのでもいいや、と、なんか知らないブランドAVOXのACP-500Rってのが安かったので、衝動買い。アボック?なんか、ポケモンのヘビみたいな名前だが(笑)。
 D2出力付きのCPRM対応ながら、本体とD端子ケーブルを買っても諭吉1人でオツリが来るという安さ。
 画質は普通だが、このプレイヤーが、意外な効果を発揮。
 昨年、スゴ録で録画→ダビングしたDVDのうち、エラーでその録画機では再生できなくなったやつが、このAVOXでは難なく再生できたのよ!
 これはあくまでも素人考えだけど、ソニー製品よりAVOXのがエラーチェックが甘いのかも知れないね。

なんちゃってHGUC ザク改計画(12)

 1989年リリースのキットである1/144 MS-06FZ ザク改を、2006年リリースのHGUC MS-05B ザクI(旧ザク)とのニコイチで現代風に改造する「なんちゃってHGUCザク改計画」。

 遂に上半身の加工に着手!(笑)

続きを読む

理解不能なニュース2件

 厚労大臣の「産む機械」発言。
 もう、議論の余地ないよな。大臣を辞任しろとか、そういう事はある意味ではどうでもいい。それ以前の問題だろ。
 すぐ謝罪したらしいが、それこそ機械的に「不適切だと思ってすぐ反省した」という雰囲気だ。
 この大臣、本気で女性を愛した事があるんだろうかね。70歳越えてるから古い考えだなんてことですまされないよな。「すぐに不適切だと気付いて謝罪する」ような発言ってのは、本音が潜むもんなんだと思う。
 一番むかつくのが、こういうバカのせいで諸外国から「これが日本人男性の大多数の気持ち」と思われてしまうおそれがあるということだ。
 ってことで、女性側だけの問題じゃないよな。いやいや、もちろん、そういう表面的な問題じゃなく。
 女性がたくさん子供を産めば、それだけで少子化対策になるのかよ、という単純な疑問を、普通の人は感じるだろう。

 給食費滞納問題。
 これも、俺は理解できないなぁ。
「義務教育だから給食費は払わない」という意見があるらしいが、そんな屁理屈以前に、食事ってのは自己負担だろ。生活苦のために給食費が払えないというのなら、補助制度もちゃんとあるはずだ。
 学校給食法を読めよ。
 未納連中の食費を、まっとうに納付している人が負担して自分の食べる分を減らしているか、他の経費から流用したりして賄ってるんだぞ。

 あー、この2件、ほんと、理解不能だわ。

義務ってなによ?

 NHK受信料支払い義務化 総務省検討、値下げ前提に (2006.04.12日 asahi.com) というニュース。

 竹中総務相の私的懇談会「通信・放送の在り方に関する懇談会」が同日開かれ、NHK改革などについて議論した。座長の松原聡東洋大教授は記者会見で「NHKのチャンネルを減らせば、受信料は低下するだろう。受信料の徴収方法にまで踏み込んで報告書を書かないといけない」と述べ、今後、義務化も含めて議論を進める考えを示唆した。

 NHK改革をめぐっては当初、職員の番組制作費の詐取など一連の不祥事を背景に、民営化も視野に入れた論議もあった。しかし、小泉首相が昨年末、「民営化以外の改革を」と発言したことで、公共放送の維持を前提にNHKの経営体制をどう見直すかに議論の焦点が移ってきている。

 受信料不払いに対してNHKは「現行法の中で民事手続きを導入する」(橋本元一NHK会長)としている。総務省の検討が円滑に進むかどうかは不透明な部分もある。

 やっぱり、政府は国営公共放送の味方なんだなぁ。
 一方的に電波を放出しておいて、それが受信できる装置を持っている者からは有無を言わさず金をとる、と。国営公共放送以外を観たいために買ったテレビでもか。

 商品を「無料モニターでも結構だ」と言って勝手に置いていって、後に「モニター期間が経過したので金払え」と言ってくる悪徳訪問販売と変らんよ。いや、訪問販売だって、今時そんな手法はやらんか。

 電波垂れ流ししといて只で見られるのが嫌なら、スクランブル信号入れてくれて結構なんだけど。うちは国営公共放送は金払ってまで見たいとは思わないから、見れなくなってもいいんだけど。
 滅多に見ない放送局に義務で金払うってのが納得いかない。ゴーストもひどいし。

 っつーか、それ以前に、集めた受信料をカラ出張で着服する職員がいるような所に払えるか!

 追記(2006.4.14)
 コメント欄にて、記事中の放送局について「よく国営と言われるが一応血税は使って無い(大義名分では)」という旨の指摘をいただきました。
 当方の認識不足と判断し、記事中の「国営放送」を「公共放送」に訂正しました。

Tag(s) [ニュース]

副長は最期まで熱かった!

 3日の地上波では古畑任三郎ファイナルと重なるので、今日のBS-Hi放送で見た。
「新選組!! 土方歳三最期の一日」

 近藤勇の処刑で終わった2004年大河ドラマ「新選組!」の続編。「!!」になってるところが芸コマ(笑)。
 蝦夷地に渡った土方歳三を主人公に、まさにタイトルのとおり、函館戦争における殉死前夜を描いたドラマ。

 主に土方と榎本武揚との関係を軸に描かれていて、90分じゃものたりなかったなぁ。いや、エッセンスは詰まっていて、すごく面白かったけど。
 俺、榎本武揚やその参謀・大鳥圭介って、机上論だけで駒をすすめるような印象をもっていて、あまり好きじゃないんだけど、このドラマを見て、まぁ人それぞれの考えがあったんだろうな、という程度には理解できるようになった。
 理想主義の榎本と机上論者の大鳥という通説はくずさずに、ふたりを好人物として描いていたのは、さすが三谷幸喜さんという感じ。
 三谷さんって、本当に歴史が好きなんだろうなというのが伝わってくる。氏が書く時代物って、性悪な人物って出てこないもんね。
「新選組!」における悪役の芹沢鴨だって、派閥の部下には慕われていたし、遊女相手に弱音を吐いたりと、人間くさい面を描いていた。
 閑話休題。
 まだ見ていない人も多いと思うので、ストーリーについては書かないが、やっぱり副長は最期まで熱かった!

「奉行って呼び方はやめてくれ。背中がむずむずする。そうだな……やっぱり副長かな」

 山本耕史さん、まぎれもなく土方副長にしか見えなかったぜ!

お前の考えは、まるっとお見通しさ!

 GARAKUTA ICHI:“必ず”当たる魔法の水晶玉 で紹介されていた面白いFlashを試した。

1. 頭の中で自分の好きな「2ケタ」の数字を思い浮かべる(例:23)
2. その2ケタの数字を足す(例:2+3=5)
3. 最初の2ケタの数字から足した数を引く(例:23-5=18)
4. 答えの数字に当てはまる記号を探し、どんな記号か確認したら水晶玉をクリック!

 すげー。何度やっても当たる。
 素直にビビリましょう(笑)。
 ↓
 The Flash Mind Reader

ペプシのガンダム・ボトルキャップが懸賞品扱いされた件

 ペプシのガンダムおまけは懸賞品と注意 (2005.10.26 スポニチweb)

 ちょっと古いニュースだが。っつーか、俺にとってはどうでも良い事なのでスルーしてたが。前回のキャンペーンで、中身が選べるような袋だったのは、そのためなんだね。
 まぁ、例のハニワが、「景品」ではなく「懸賞品」扱いになると、当局から注意されたということだ。

 オマケの内容が分からないような袋に入っているので、全部集めるには運が作用するために「懸賞品」だって。
 で、「懸賞品」は「商品売り上げ総額の2%以下、かつ、商品価格の20倍以下」で作らないといけないらしい。

 俺ら一般的な考えだと「懸賞品」っていうと、抽選で何名様って感じだから、2%でも、高価な物が当たる可能性があるわけだ。
 ペプシの場合、全部にボトルキャップフィギュアをつけるから、これを懸賞品扱いされたら、きついわな。
 売り上げ総額の2%=ペプシ1本価格の2%になる訳でしょ。
 いくら労働賃金が安い中国に製作を発注した、へぼい塗装のハニワだろうと、ひとつ3円(ペプシ1本150円の2%)で作れるとは思えない。

 んでも、今後は、よりいっそう頑張らないと。
 中身が確認できるって事は、ハニワじゃ売れないってことに近似だぜ。

Tag(s) [ガンダム]