Eye-Fi Pro X2 を買ったが……。

 人気の無線LAN内蔵SDメモリーカード Eye-Fi Pro X2が値下げされて久しいので、購入した。
Eye-Fi Pro X2 8GB EFJ-PR-8G
B003ITFTNI

 愛用しているコンパクトデジカメ PENTAX Optio I-10 で撮影した写真にも、iPhoneみたいにジオタグ(位置情報)を付与したいというのが目的。
 結論からいえば、一週間で使用をやめた(笑)。

 Eye-Fiでのジオタグ付与は、GPSではなく、周囲の無線LANアクセスポイントをリストアップし、三角測量の要領で位置を割り出す仕組みらしい。
 ただし、ジオタグは無線LANで送信時にEye-Fi提供元のサーバを経由させた次点付加されるので、厳密には撮影場所ではなく送信した場所になる。外で撮影し、自宅で送信とした場合は、自宅の位置情報となってしまう。
 まあ、その辺の仕様は下調べをして承知の上購入したのでよい。

 外での撮影には、Pocket WiFiを使い、その場でサーバへ送りたい。そうしないと、撮影場所のジオタグが付かないからね。
 ところが、これが問題だった。まずI-10の電源を入れてから直後の撮影では、Eye-Fiが周りの無線LANアクセスポイントを探すからか、Pocket WiFiを認識して接続するまで2〜3分かかる。I-10の電源を入れっ放しで引き続き撮影すれば、以後は短縮されるが、それでも1枚撮影する度に1分近くかかる印象。
 さらに、仕組みとしてしょうがないのだろうが、測位に使う無線LAN(それに接続する必要はないらしい)がない所では、ジオタグは付与されない。

 俺は、SDカードを外して MacBook Proに挿して iPhotoに読込むという作業は、まったく苦にならないので、無線LANで自動で送信というのは、そんなに魅力を感じていない。ジオタグの付与が目的だったので、期待外れだった。

 Eye-Fiはとても良い製品だと思う。ジオタグにこだわらないのなら、SDカードの抜き差しをしなくていいし、有用だろう。俺の目的にはかなわなかったという事だ。

バスタブ電池、1日目。

 Pocket WiFi用大容量バッテリー、通称「バスタブ電池」の使用1日目。
 結論、というか、現時点ではまだ初回残量を消費しきっていない。標準バッテリーが空になる程度の使用はしたはずだが、全然残っているというのが凄い。

 前にも書いたが、設定は、WiFiは常時オン、3Gは無通信5分経過で自動オフになるようにしている。これで、iPhone/iPadからはすぐにWiFiに繋がるし、ネット接続要求の都度——数秒のブランクはあるが——3G接続もオンになるので、iPhoneの「モバイルデータ通信」をオンにしている(普通にiPhone用のパケット通信が出来る環境)とほとんど変わらず、使い勝手は良好だ。
 昨日、購入初回のフル充電を行い、今日一日、フル充電の状態から持ち歩いた。しかし、都合により昼前くらいに電源を入れたので、8時間くらいしか使っていない。その間、ちょこちょことメール確認やらして、帰宅後管理情報を参照すると(3G回線への)接続時間は計2時間15分。
 標準バッテリーだと、こんなにもたない。2時間程度3Gアクセスしてると、待ち受け含めて6時間程度持てばいいほう。
 しかし!この状態でまだバッテリー残量表示は3/4だよ。
 まだ初回放電処理なので、不安定だろうけど、これは期待できるね。俺の使い方だと平日は3日くらい持つんじゃね?

 初回放電ということで、途中充電はしたくないので、帰宅時、前述の8時間使用の時点でPocket WiFiの電源は切った。明日、引き続き持ち歩いて使う。
 今日明日は内勤なので、あまりいじれないのでバッテリーの持ちが良いのかもしれない。週末に遊びに携行した場合のレポートは、国家試験受験の都合でもう少し先になりそうだけど、充電オタクとしては、しっかりと確認したいと思う。

龍馬伝(第1話)を観た

 1月3日放送の、NHK大河ドラマ「龍馬伝」第1話。
 発表されてから1年以上、ずっと楽しみにしてたんだけど、結論から言えば、期待通りに面白かった。

 まぁ内野聖陽さんの方が似合ってはいたけども、福山雅治さんもなかなか龍馬にハマってたと思う。岩崎弥太郎役の香川照之さんは、安心して観ていられるし。
 今までの龍馬に感する小説やドラマ・映画だと龍馬たちの身分を「郷士」と言っていたのがほとんどだと記憶しているが、今回は「下士」と表現している。白札(武市半平太ら)、郷士(龍馬ら)、地下浪人(岩崎弥太郎ら)をひっくるめて下士と呼ぶようなので、ドラマの表現上では、その方が合っているのか。なるほどね。

 家の周囲の情景や役者のメイク、汚れ方なんかが、今までの大河とは違い、リアリティを感じる(史実に倣ったかどうかは別として)。

 それと、ちび龍馬。この子役が、福山さんにそっくりだと思った。
 配役はよく考えられているなぁ。福山さんは龍馬としては格好良すぎるけど(笑)。

 ともかく、1年間楽しみだ。

使えるじゃん

 先日、娘が欲しがっていたiPodを、誕生日兼進学祝いに贈った。
 iPod nanoの一番安いモデルではあるけれでも、喜んでくれた。

 ところで、これを買う時、店員はあくまでも「USB2.0搭載機じゃないと使えません」と言い張った。大手量販店で、アップル公認スタッフだったから、しょうがないだろうけども。
 ネットでは、初代nanoならUSB1.1でも使えたという報告がたくさんあるが、この第2世代についてはあまり情報がない。アップルのサイトでも、しっかりと「システム条件(Mac)USB 2.0ポートを装備したMacintosh」と明記されているからね。
 娘が使っているのは5年くらい前の白iBook/600MHzなので、USB1.1なんだよね。多少の不安はあったけども、長年Macを使ってきた俺の経験と勘で、前述のnanoを購入。
 もしも娘専用機でダメでも、家族共用のPowerBookG3にアカウント作って、それとシンクロしてもらえばいいなと思って。

 結論としては、データシンクロも充電も、USBポート経由でできた。もちろん2.0じゃないので遅いけど。
 初回の曲転送には時間がかかるけど、日々の更新はそれほどでもないだろうし、最大2GBだから、まぁ、我慢してもらおう。

 ちなみに、USB1.1でのiPod nano(第2世代)データ転送等は、アップルの保証外なので、お試しは自己責任で。
 ファームウェアのアップデートにより、将来的にはダメになるかもしれない。

Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A Apple iPod nano 2GB シルバー MA477J/A

アップルコンピュータ 2006-09-13
売り上げランキング : 117
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

「旧」三部作はどうしたのだ

 WOWOW開局15周年記念企画として、シリーズ全6作他関連番組を26時間一挙放送している。
 そのうちの、いわゆる「旧三部作」。事前にプログラムガイドを確認したら、この3作はハイビジョン放送でないのは当然として、ワイドですらない。
 なので、淡い期待を込めて、スゴ録にタイマー録画したのよ。
 結論からいえば、期待は裏切られた訳だが(笑)。

「新たなる希望」なんてサブタイトルも、街を歩き回るジャバも、しばらく見ない間に数が増えたイオークも、どうでもいいんだ。
 そららを否定はしないよ。トリロジーDVD-BOXを持ってるしな(笑)。
 ただ、せっかくの開局15周年なんだから、放送フォーマットから予想して、もしかしたら、本当のオリジナル版を放送してくれるのか、と期待したのに。

 インタビュー映像をみると、ルーカスさんは、「特別版」をオリジナルと呼んでいるらしいので、もしかしたら、本当の初期公開版は、もはや放送許可が下りないのかも知れないね。

 ちなみに、「帝国の逆襲」ラストシーン、アナキンの幽霊役がヘイデン・クリステンセンさんが演じる映像に合成編集されているのは、わりと賛成派な俺。

UX50復活!?

 方々で、「ソニーから小型マシンが登場」という記事があって、巡回してみた。
 結論からいうと、VAIO type U が復活するという話なんだが。

 復活! キーボードがスライドする新VAIO type U「VGN-UX50」(2006.05.17 MYCOMジャーナル)

 この形状。Windowsポータブルマシンに興味がない俺でも、おぉ復活したな!と思ってしまう。
 同じソニーがかつて出していたPalmOS搭載のPDA CLIE(クリエ)PEG-UX50のビューワーモードにそっくり(笑)。
 っつーか、まず型番で、まじに一瞬クリエ復活!?と思ったぜ。

三枚目

 ちょっと前に出た、サンボマスターの3rdアルバムを買った。

僕と君の全てをロックンロールと呼べ
サンボマスター 山口隆

僕と君の全てをロックンロールと呼べ
ソニーミュージックエンタテインメント 2006-04-12
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools
 まず、結論。
 彼らのやりたい放題、いい意味での個性爆発な本音の楽曲を集めたな、という感じ。もちろん、俺としては好印象。

 今までの2作のアルバムは、なんだかんだといってもおとなしいんだよね。最初は自らが無難な線でメジャーでのヒットを狙ったと言っているし、2枚目は、制作サイドから「売れるような曲」みたいな指示があった感じ。
 まぁ、どんなバンドでも、ほぼこういう流れになるのかもしれないけど。

 で、3枚目くらいになると、好きにできるっつー感じかな。
 ボーカルが聴きづらい曲もあるんだけど、そんなもんかと思うことにする(笑)。
 歌詞は、相変わらずのストレート。もう、普通の男が思っているようなことを、普通に歌っている。それがいいんだよね。

 サンボマスターって、ストレートな歌詞も最高だけど、曲は意外にも日本人の耳に馴染むオーソドックスなロックやバラードじゃない?
 絶叫している割には違和感ない。ロックをあまり聴かない俺でもそう思う。

 でも、やっぱり、詞は熱い!

 とにかく、「あの娘の水着になってみたいのだ」は名曲だと思う。

Tag(s) [音楽]

仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼

 日曜日だけど、やっと1本残ってたDVDを借りてきた。

劇場版 仮面ライダー響鬼と7人の戦鬼
特撮(映像) 石ノ森章太郎 坂本太郎
B000BM6HKY

 そもそも和風がモチーフであり、劇中ではライダーたちは一度も「ライダー」と呼ばれず「鬼」と呼ばれていたくらいだから、戦国時代を舞台にしたこの劇場版も、細かい部分はともかく、単純には十二分に楽しめた。

 戦国時代のとある村。
 かつて「鬼」たちの活躍によって表向きは魔化魍は静まっているが、毎年1回、少女を生贄に捧げる事で、村人達はからがら生き延びていた。
 そんな状況から脱しようと、再び鬼たちが立ち上がるが、最初は村人達は不信感をいだく。現代(テレビシリーズの時代設定)のように、鬼をサポートする組織も存在しないばかりか、鬼は人間を捨てた存在として村人から疎まれていた。

続きを読む

BSアンテナ

 先日買ったテレビ。
 地上波デジタルは当然として、BSデジタルのチューナーも搭載している。
 だけどうちは、CATV契約でそのCATV配信契約内でBSデジタルも見なければいけないものだとばかり思っていったよ。1年間も。
 もちろん、数日前まで、BSデジタルをチューナーは、CATVのSTBしかかなった訳だが。

 で、結論。

 BSアンテナは、長年使ってきたやつも、とりあえず流用して、BSデジタルを受信できるんだね。
 テレビのアンテナ入力端子の傍の記述が「BS/110CS」だけだったんだよ。そこに、とりあえず、今までのBSアンテナからのケーブルを差し込んだら、いとも簡単にBSデジタル放送が映った。

 誤解してたなぁ。
 BSアンテナも、アナログとデジタルで別物だと思い込んでいたぜ。

にゃんまげに飛びつこう

 先日、ブログサイトの改名案を募集していたすしバーさん。晴れて新しい名前が決まったご様子。リニューアルおめでとうございます。

 ところで、すしバーさんは、にゃんまげに飛びつきたいそうだ(笑)。
(ねこぱんちさせていただきますが、本題はタイトルの物です。すみません(笑))
 にゃんまげといえば、日光江戸村が有名。果たして北海道在住の氏は簡単ににゃんまげに飛びつくことができるのか?
 そもそも「にゃんまげって、まず何よ?」との事なので、久し振りににゃんまげを思い出した俺も、再確認して整理してから教えてあげようと、ぐぐってみた。
 いい加減な事を教えてしまったら、関東地方の人間として、にゃんまげとすしバーさんに失礼だからね。

 で。かなりの衝撃を受けてしまった。知らなかったの俺だけかなぁ。だったらかなりシボいなぁ。

 と、長い前振りでごめんなさい。
 んー。結論。北海道にも、居るらしいんだ。にゃんまげが。
 登別伊達時代村っていう所に、居るらしいんだ。にゃんまげが。
 登別どころか、全国4ヶ所に居るらしいんだ。にゃんまげが。

 日光江戸村、登別伊達時代村、伊勢戦国時代村、加賀百万石時代村の4ヶ所がそれ。

 さらに、わんまげ、ぱんまげ、さるまげの存在も(笑)。さるまげは、以前テレビで見たような気もするなぁ。

 北海道は広いので、すしバーさんが登別伊達時代村に行く労力がどのくらいかは、俺は知らない。無責任でごめんなさい。
 でも、栃木県に行くよりは楽だと思う。
 もっとも、にゃんまげに飛びつきたさの本気度にもよるけど(笑)。

 もしもマジでにゃんまげに飛びつきたくなった時、この記事がご参考になれば、幸いです。

 ねこぱんち!
 →>俺育て!虎ヘッド風味:熱闘ブログ編: タイトル変更しました

 関連サイト
 →ニャンまげ(公式)
 →江戸ワンダーランド(公式) 
 →電脳時代村/見てちょんまげ(ファンサイト)