新しい眼鏡

眼鏡

 先週金曜日に依頼してあった新しい眼鏡が出来たと、今日連絡があり、仕事の帰りに眼鏡屋に寄って受け取ってきた。土日を挟んで、都合営業日中1日か。無ければ困る物なので、こういう迅速な対応は助かる。

 半年くらい前に自宅で眼鏡を踏んづけて、つるを折ってしまったのを、瞬間接着剤で接合して使っていた。日中はハードコンタクトを使っていて、眼鏡はほとんど家の中だけだし、これでなんとかなっていたのだが、先日落下させた時に同じ所が取れて、一応再接着して(笑)なんとか掛けられるようになったけど、さすがに違和感があって、今回5年ぶりくらいに眼鏡を新調した次第。

 俺の視力は、極度の近視に加え、乱視と、ちょっと老眼になっている。
 ハードコンタクトを常用していると、乱視の症状は隠れてしまうそうだ。本来の乱視症状を発現させるには、1ヶ月くらいコンタクトを装着せずにいなければ駄目なんだと。ということで、今回は乱視は入れなかった。が、確かに見え方に違和感はないな。
 あと、老眼。簡単にいえば、近視と反対の性質なので、近視矯正を強めれば遠くは見やすくなるけど手元は見えにくくなる。俺の老眼は、初期(12段階のうち3)だそうで、まだ矯正するほどでもないとの事。近視をちょっと弱めて、手元も楽に見えるようにしてもらった。
 いずれにしても、半年間はレンズ交換無料ということだし、これで様子を見る。

 安くはなかったけど、丁番の所に、ツルの広がりを防止するようなテンション吸収機構が仕込まれていて、掛け心地も快適。

村役場で飲んできた

 昨日、きんぐぴんほーる氏と秋葉原散策&飲み会を行った。
 我が家で動態保存してあったPowerBook G4 を氏に譲ったのだが、Macは初めてということで、僭越ながら少々のレクチャーをしましょう、と言うことになり、秋葉原で会ってきた次第。どうせなら、お互いのMacを持ち寄り、どこかで実機を操作しながらの方が教えやすいと思い、いい所はないかなと、FREESPOTで探したら、村役場秋葉原店を見つけた。
 普通の居酒屋なんだけど、FREESPOTによる無線LANと電源が無料で使い放題らしい。素晴らしい!
 この村役場の前は幾度となく通り、ずっと、その店名が気になっていたんだけど、無線LANが使えるとかは全く知らず、なんか古くさい雑居ビルの地下ってことで、申し訳ないけど入った事はなかった。今回が初挑戦!
 店の入口にも店内にも、無線LANがどうのこうのとかパソコンがどうのこうのといった事は一切掲示されていない。昭和の雰囲気が漂う、極普通の居酒屋だ。誰もパソコンなんか出していない(笑)。
 最初、入口から手前のテーブル席に案内された。なんだかノートパソコンを広げられる雰囲気ではない。
 恐る恐る、店員さんに
「インターネットと電源を使わせていただけると聞いて、パソコンを持ってきたんですけど」
 と聞いてみた。
「あ、パソコンですか。あちらへどうぞ」
 と、座敷席の奥に案内される。壁に露出配線で引き回せた2口コンセントがぶら下がっていた(笑)。
 早速ふたりしてMacを取り出す。本当に無線LANに繋がるよ。計測サイトで確認すると、速度は12MB前後。十分十分。
 秋葉原という場所柄、フリースポットにぶら下がったままでパスワードを入力したりするのは怖い。あと、ファイル共有などの共有設定はオフにしておいた方がいいだろう。
 ちなみに、きんぐぴんほーる氏は、この店で、おもむろにDVDをとりだし、TigerからLeopardにアップデートしてた。居酒屋でMac OSXのアップデート作業をしてる人を初めて見たよ(笑)。

 村役場。料理は美味しくて値段もリーズナブル。さらに無線LANと電源を無料で使わせていただけるって事で、居心地良すぎる。夕方の4時半頃から6時間くらい長いしてしまった。
 また必ず行くぞ!

まだだ。まだ点検が終わらんよ。

 昨夜3時頃、マンションの前に消防車が来て騒がしくて起こされた。誤通報だったようだ。
 事故じゃなかったのはよかったけども、いたずらだったら許せないよね。消防署はもとより、周辺住民にもたくさん迷惑かけて。まったく腹立たしい。
 そんな訳でちょっと眠い。

 本日午前は火災報知器の定期点検。午後は新築入居後6ヶ月目定期点検。留守にできないので仮眠しててもいいんだけど、そうもできず。
 点検が終わり次第、秋葉原へ行きたいんだけどなぁ。
 で、明日はイベントスタッフ動員で休日出勤。
 今週末はゆっくりできそうもない。

準備完了

 アップルケア サポートラインに電話をして、iPhone3G/8GBのAPP(Apple Care Protection Plan /アップルケアプロレクションプラン)の解約申込をした。APPはアップル純正の延長保証で、加入すると、保証やサポート相談がiPhone購入日から2年間になる。先日iPhone3GS/32GBに機種変更したので、3G用のを解約した次第。
 これ、解約すると、残期間分を日割計算で返金してくれるんだよ。3Gは去年の7月12日に買ったので、今日付けのAPP解約で、約半額が返金される。
 APPは、対象製品を譲渡する時に一緒に譲渡できたり、解約返金があったりと、なかなか良心的な延長保証サービスだと思う。アップル品質。

 それと、ソフトバンクショップに行って、分割支払金の残金を一括払いにする手続きもしてきた。

 これで、iPhone3Gを売り払う準備は整った。

ザウルスの生産停止

 PDAの草分け「ザウルス」生産停止、高機能携帯に押され (2008.12.13 YOMIURI ONLINE)

 シャープが、1990年代に大ヒットした携帯情報端末(PDA)「ザウルス」の生産を停止していたことが13日、わかった。

 日本のPDAでは草分け的存在だが、パソコン並みの機能を備えた携帯電話「スマートフォン」の登場などで、役割を終えた。在庫がなくなり次第、販売も中止する。修理などのアフターサービスは続ける。

 俺も、昨年19月まで、リナザウことLinux搭載ザウルスSL-C1000を愛用していた。そのだいぶ前……今から10年以上前にも、当時のザウルスを使っていた。
 途中、NewtonやらPalmPilot/WorkPad/CLIEやらを渡り歩いて、現在はiPhoneという遍歴の中、ブランドでくくるとすれば、「シャープのザウルス」の使用期間が一番長いんじゃないかなぁ。PDA以前の電子手帳やポケコンなんかも、シャープ製もよく使っていた。
 言うまでもなく、シャープは、このジャンルの製品ではリーダーたる企業のひとつだった。

 アップルが大好きで、あれだけ思い入れ深く愛着もって使っていたNewtonの終局時よりも、もはや使わなくなって1年以上たったザウルスの生産終了を聞いた今回の方が、感じる寂しさが大きいような気がする。
 やっぱり日本の企業が頑張ってくれるのは嬉しいもんね。

 シャープは現在、携帯電話機の国内市場シェア(占有率)でトップ。担当者は「ザウルスの機能は携帯電話に受け継がれている。ザウルスのブランドを冠した新たな商品を投入することも検討している」と説明している。

 ザウルス、お疲れさま。
 そして、シャープには、ますます頑張ってほしいですな。

日本のケータイはには、やっぱり絵文字ってことか(BlogPet)

びといんの「日本のケータイはには、やっぱり絵文字ってことか」のまねしてかいてみるね

調査結果「ワクワクした」が2割、「新しい感覚」が2割半で、絵文字の購入意欲を上回る評価。
日本の互換性が価格や絵文字については「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売直後を迎えるにあたって、ユーザーの内容次第で購入意欲を検討すると回答しそうだ。
年内までになっており、寂しいというの携帯電話は頑張って、全体の内容次第で購入意欲を迎えるにあたって、なんだかんだと言っており、操作経験者に順次対応されるワンセグやバージョンアップの内容次第で、操作経験者にしそうだわ!
日本のは否定しそうだわ。
日本の内容次第で、操作経験者にしそうだわ。
年内までに順次対応されるワンセグやバージョンアップの携帯電話は頑張って、なんだかんだと回答しそうだ!!
まぁな。
日本の約4割、もはや「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売4割半で、寂しいというのはガラパゴス的進化を遂げており、全体の携帯電話は、ユーザーの約4割、なんだかんだと言ってしまったとか言われており、もはや「ケータイ」という別の約4か月を検討すると、寂しいという別のガジェットには、操作経験者に聞いた感想は否定しないと、全体の携帯電話は否定しないと言ってしまったとか言われてしまったとか言われてほしいものだわ!
いずれに聞いた感想は否定しないと回答しそうだわ?
いずれに聞いたとか言われているけど、全体の約4か月を迎えるにあたって、もはや「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」(2008.17CNETJapan)Phone発売直後を上回る評価?
まぁな。

*このエントリは、ブログペットの「晋作」が書きました。

日本のケータイには、やっぱり絵文字ってことか

 調査結果「iPhoneワンセグ・絵文字対応で購入意欲に変化」 (2008.11.17 CNET Japan)

Phone発売4か月を迎えるにあたって、操作経験者に聞いた感想は「新しい感覚」が約4割、「ワクワクした」が2割半で、発売直後を上回る評価。年内までに順次対応されるワンセグや絵文字については、全体の約4割が価格やバージョンアップの内容次第で購入を検討すると回答しており、ユーザーの購入意欲をさらに刺激しそうだ。

 まぁな。日本の携帯電話はガラパゴス的進化を遂げて、もはや「ケータイ」という別のガジェットになってしまったとか言われているけど、なんだかんだと言っても、絵文字の互換性がないと、寂しいというのは否定しない。
 いずれにしても、ソフトバンクには頑張ってほしいものだわ。

縦書き文庫

 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 かつて主宰していた草の根ネット(もはや死語?)である「びといんねっと」内に蓄積された読み物作品を編んで冊子として配布する時も、本当は縦書きにこだわりたかったのだけれども、1989年当時は、俺個人環境で家内制手工業でやるとなると、パソコンBBSのデータをほぼそのままプリントアウトするのが精一杯だった。
 活動後期には、俺もMacを使い始め、なんとかDTPの真似事をやりだし、冊子も縦書き配布を実現できたんだけども。

 閑話休題。
 小説なんかは、やっぱり縦書きじゃないと読みづらい。
 最近はめっきり小説を書かなくなったくせに、過去の資産を公開する機会を狙っていたりはする俺(笑)。
 今回試した「縦書き文庫」は、そのスジには造詣深いろぷさんが紹介されていて、とても便利そうなので、俺も真似して、過去作品のいくつかを登録・公開してみた次第。

 簡単な登録で、自作テキストを縦書き表示してくれる、優れものサイト。
 作品リストや、個別の参照画面を、ブログなど外部サイトへ貼付けることも可能なので、俺の目指す「統合整備計画」の理想にもかなり近い。

 下記が、「本棚」と称する、作品リストへのリンク。結構いかすよね。ブログのサイドバーへ設置するにもいい。

bs_width=170;bs_category=”;user_id=’between’;book_author=’日向夢想’;

 今後、過去の資産を徐々に掲載していくつもり。
 ほとんどはデータとして残っていないので、冊子からスキャンしてOCRでテキスト認識、さらに修正編集って工程をやらないとならないので、極短編からの掲載になるけども(笑)。

アップルストア

 アップルストア銀座に行ってきた。言わずと知れたアップルジャパン直営店第1号だ。
アップルストア銀座
 今回は、愛用のMacBookの画面に不具合が出たので、ジーニアスバー(ネット予約制の対面無料相談)の予約をして、赴いた次第。
 実は俺、アップルストア初体験なのよ(普通は秋葉原で用が足りてしまうからね)。ましてや、相手はジーニアスバーだぜ。ちょっと緊張(笑)。

 持ち込んだMacBookは、あずけての液晶ユニット交換修理。これの顛末は、修理完了の時に改めて書こう。

対策(笑)

 10/22から、1ヶ月以上更新のないブログには広告が表示されるようになるという。それの対策に(笑)、絶讃放置中の姉妹サイトZAKULOGも更新しておいた。当初の目的だった「コレクションの記録」を不可抗力ながら始めた次第。