“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう

 今回の記事は、私信に近くなりますが、ご容赦ください。

 最近、このブログにも時々書くが、例の「“鴻池の猫”兄」が、今日誕生日を迎えたとのこと。
 名実共に兄のように慕うというとおり、もちろん俺より年上で、誕生日といっても、悲喜こもごもかもしれない(というのは、あくまでも俺の想像だけど)。
 でもなぁ、「天命を知る」お歳になられたとは、これまたしつこく繰り返しになるけど、悲喜こもごもだろう。
 まぁ、そういう事はご本人が思うことだし、俺には——「関係ない」とは言いたくはないが——伺い知れぬ事だ。

 ネット関係でいう交友関係と転機といえば、今まで大きくいえば三つある。二十数年前に、草の根ネットを主宰していた時。2004年にブログを始めた時。そのどちらも、俺が主催者とか最年長とかだった。
 そして、もうひとつ。四年前くらいにツイッターを始めた時。

 ネット上では前述のとおりだし(それを苦に思ったことはなく、むしろ楽しんでいたのは言うまでもない事)、実縁では弟がいて、俺は長男。
 って、俺の事はどうでもいいのだが(笑)、

 兄貴とは、ひょんなきっかけ(笑)でツイッターで知り合って丁度三年くらい。その翌年正月に実際にお会いしてからでもすでに丸二年以上たつ。初対面の時から「兄貴みたいだな」と思っていた。
 それから今までの間に、色々な事を教わった。俺は馬鹿なのであまり吸収できていないけれど、俺なりに、兄貴の気持ちというか「理系文系の枠を超えて」……じゃないな、「理系文系の枠を融合させてなんか面白く生きて行こうぜ」ってな思いを感じ取っている。これが、兄貴のいう「芸術」「文化」の中に収まる思考/指向であるなら、嬉しいんだけど。

 まぁ、うだうだ書いたが、やっぱり、これしかないな。

「“鴻池の猫”兄、誕生日おめでとう。近いうちに、鰹節でももって、また行くね」


マクロスF(第12話)を観た

 アバンタイトルで、まず聞こえてきたのがゼントラーディ語。そして、画面にはブリタイっぽい人とエキセドルっぽい人の姿。もちろん日本語訳(笑)の字幕が。
 うわぁ。もうやられたって感じ。
 まぁ、ブリタイっぽい人の顔は予告でチラっと出てきたので、その時点で気になってはいたが。

 ガリア4に駐留する第33海兵部隊は、ゼントラ人主体の構成で、その中の一部が暴動を起こしているので、シェリルに慰問要請が。シェリルが体調不良で歌えず、代わりにランカが(勝手に)駆けつけてピンチを救う……ってのまでは予想ついたけど、ラストシーンで、ガリア4の渓谷地帯に佇む初代マクロス艦の姿が。
 なんか、凄い展開になってきたな。

 それにしても33海兵隊のメンツ、もろにゼントラ! 前述のとおり指揮官オゴタイはブリタイっぽいし、副官(名称不明)はエキセドルっぽい。あと、暴動のリーダー・テムジンはカムジンっぽい。もしかして、それぞれの子孫かクローン?
(余談だが、オゴタイって、チンギス・ハーンの子供の名前だよね。あと、ランカの所属事務所社長の名前がエルモ・クリダニク。この人、耳がとがってるのでゼントラ? ブリタイ・クリダニクと同じ姓(?)なのは意味無し?)
 副官の頭がエキセドルみたいに大きくなく、ほぼ人並みなのは、まだ若くて記録(記憶)情報が少ないからか、約50年前に文化を取り戻して以来ゼントラも記録参謀の脳以外の記憶装置を使うようになったかのどちらかなんだろうなぁ。芸が細かいね。

 あと、シェリルのマネージャー。ちょっと前から、なんか意味ありげだね。

 いやぁ、今回も面白かった!


その節はお世話になりました

 プリントゴッコ販売終了 (2008.05.30 スポーツ報知)

理想科学工業は30日、家庭で気軽に年賀状などがつくれる家庭用簡易印刷機「プリントゴッコ」本体の販売を6月30日で終了すると発表した。

 んー。確かに、しばらく使ってないけど、うちにもあるよ、プリントゴッコ。十数年前までは、かなり活用してた。
 間違いなく、年賀状作成時の相棒だった。主宰する草の根ネット内で公開された小説や詩などを集めて不定期に刊行してた冊子の表紙も、一時はプリントゴッコで刷っていたし。
 パソコンでデータ作成してインクジェットプリンタで印刷。これだけ急速に手軽で便利な環境になってしまった今、プリントゴッコは厳しいかもしれない。
 ただ、間違いなく、パーソナル印刷における一時代を築いた、素晴らしい商品だと思う。日本の文化の大きな塚のひとつだといっても過言ではないだろう。

 お疲れさま、プリントゴッコ。


哀 生命(いのち)の哀

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19) 機動戦士ガンダムTHE ORIGIN 16 オデッサ編・後 (16) (角川コミックス・エース 80-19)
安彦 良和

角川書店 2007-11-26
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 オデッサ編の後半。冒頭に、原作アニメ版でいえばコアブースターが配備されたあたりと、ジャブローでのガンダムVSシャアのエピソードを配置。
 スレッガーは、お調子者のように振る舞うけどきちんと思いやりがある大人という面がより強調されている。もちろん、相変わらずの漢。
 で、アムロが徐々に覚醒していく。さらに出来るようになったな、ガンダム!
 オデッサ作戦といえば、エルラン&ジュダックのエピソードだが、彼らはより一層情けない馬鹿者になっていて、逆にレビル将軍がアニメよりも毅然として頼もしい指揮官として描かれていて、読んでいて実に気持ち良いね。
 さらに、終盤ではマが再登場。一番印象(設定)が変ったのは彼だろう。全然姑息な卑怯者じゃないのね。既刊にも地球の文化や美術品を愛する文化人として描かれていたのだけれど、最終的にここまで変更されるとは思わなかった(笑)。少々歪んだ思想はあるけども、武人として、文化人として、格好良く変貌している(笑)。ギャンもカッチョイイし。

 安彦さんの再構成、さすがだね。


黒川紀章さん、お疲れさま

 建築家黒川紀章さん死去 参院選にも立候補 73歳 (2007.10.12 asahi.com)

 東京・六本木の国立新美術館など「共生の思想」に基づく作品で国際的にも知られた、建築家で文化功労者の黒川紀章(くろかわ・きしょう)さんが12日午前8時42分、心不全のため東京都新宿区の病院で死去した。73歳だった。連絡先は東京都港区赤坂1の12の32、アーク森ビル13階。葬儀は親族のみで行う。妻は俳優の若尾文子さん。9日から入院していた。

 黒川紀章さんの突然の訃報。
 近年は都知事選挙や国政選挙へ立候補して、増してやその選挙活動の手法により、変人扱いされる面もあったが、氏は決してそんな変人ではない、と思う。
 正直いって、建築家としての黒川氏はあまり好きではない。でもそれは、俺としては他の建築家の作品の方が好みに合うというだけであり、黒川氏が世界有数の偉大な建築家のひとりである事には違いない。そして、もちろん、同じ業界の大先輩としては、素直に敬意を表していた。
 ご冥福をお祈りします。


キューンキューン

20070505160117
 飛行機雲。
 青い大空。
 ラブサイン…は、ない。

 ところで、「超時空要塞マクロス」のリメイク版ができるってのは本当か?
 マクロスは「愛・おぼえていますか」で完成されつくされてるだろ。作画も設定も演出も。
 20数年前の作品で手書き作画なのにあの緻密さ。スパゲティーミサイル、まだら爆発、板野サーカス、美樹本キャラの指先、腰まわり。現在でも通用するどころか、これを越える作画ってあるか?
 エキセドルの頭がうねうねする感じとか、ブリタイがカラータイマー光らせながら「我々の文化を取り戻すのだ」と決起するところとか、柿崎があっという間に撃墜されてしまうはかなさとか、マックスが「美しい……」って呟くシーンとか、ああいう感動を、リメイクでもちゃんと伝えてくれるのか?

 あと、決定的な事だけども、一条光の中の人は、すでに……。

 リメイクじゃなく、シリーズ新作だろ?


「恋は五・七・五」を観た

 WOWOWで放送してたので、観た。

恋は五・七・五! 恋は五・七・五!
中条 あかね

CDC 2005-02
売り上げランキング : 321742
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 某シンクロナイズド水泳や某ジャズ演奏の部活ネタに続くドジョウだろうって感じで、期待せずに観た。
 もう、このネタだと、設定はなんでも有り。逆にいえば、何を持ってきても同じ。

 ジャズバンド以上に思いっきり文化部である俳句部。その設定を生かした、あり得ない(笑)展開。

 オススメはしないけど、暇つぶしにはいいかな。

 杉本哲太さんって、いい役者になったねぇってだけの作品かも(笑)。


鼻詰まり

 数日前から、咽の痛みとクシャミ、鼻水が止まらない。
 家を一歩出れば、目の前にある区立文化センター構内のキンモクセイのにおいが漂ってくる。
 んー。秋の花粉症、発動か?
 でも、昨日は少し頭痛が痛かったしな。風邪という線もある。

 うむ。オフ会までには体調整えないと。


カップやきそばは酒のつまみになるか

 以前、すしバーさんの、即席やきそばUFOについての記事のコメント欄で、何気なく「カップやきそばは家で酒を飲んでいる時のつまみにもよい」と書いたところ、衝撃を与えてしまったらしい。
 すしバーさんはあまり酒を飲まない方なのでそう思ったとおっしゃっていたが、んー、もしかしたら俺の周辺だけの文化だったのか?
 もちろんUFOとかペヤングとか、ああいうやきそばは、昼飯の足しにしたり、夜食としても良く食うが、若い頃は、もっぱら、ビールや焼酎の友だったなぁ。
 あと、袋のインスタントラーメンね。
 これは、まっとう茹でるんじゃなく、袋をあけて、その中にスープ粉を入れた後、砕いて振る。そして袋を全開に広げて、ポリポリと食う。スーパーの売り出しの時なんかに買いだめしておけば、滅多に安売りなんかしないベビースターより安いのよ。当然、普通に夜食にも食えるし(笑)。

 みなさん、やんなかった?


すっかり秋

 一昨日から、毛布を掛けて寝ている。
 今日から、上着を着て出勤。
 まぁ、ここ数日、雨降りのせいもあるのか、ずいぶん涼しくなったね。

 あぁ、玄関を出ると、向かいの文化センターに植わっているキンモクセイのにおいがする。
 俺、花粉症なので、花のにおいって苦手なんだ。
 花そのものは嫌いではないけど。

 公園にはコスモスが植わっている。
 細い茎を風に揺らして、可憐。
 草花については、ほとんど知らない。
 その中で、コスモスと、タンポポ、ベニカナメモチ、ツツジは、好きなんだ。ただ漠然と、好き。
 どれも丈夫なのが取り柄?

 秋から冬って、好きな季節。