MacBook Proのメモリを16GBに増設した

 愛機MacBook Pro (15-inch Mid2012)のメモリを16GBに増設した。
 去年1月に購入した時に元の4GB(2GB×2)から“Apple公称上限”の8GB(4GB×2)に増設済みで、それで特に不便はなかったが、多いに越したことはない。中古のメモリをもらったので。
 公然の秘密だけどMacBook/同Proは、公称の1.5倍〜2倍のメモリを認識できる機種が多いんだよね。

 メモリを2枚差替えて、PRAMクリア(command+option+P+Rを押しながら)で電源オン!(ハードウェア構成を変更した時にいつもやってるおまじない)

 もらったメモリはPC3-10600(1333MHz)で、このMBPの対応メモリPC3-12800(1600MHz)のひとつ前(?)の規格。でも、互換性はあるとのことで(相性によって使えない場合はある)、実際、ちゃんと認識された。
20140605_MBP_memup

 対応メモリよりも遅いのでCPUの処理能力もメモリに合せて遅くなり、本来の性能が発揮できなくなるらしい。増設前後でベンチマークテストをしてみたら、確かにCPUの項目やDISKアクセスなんかのスコアが若干落ちている。でもメモリアクセスは上がっているな。謎。
 いずれにしても、体感速度には変わりなし。

 Parallels上のWindows 7に8GB割り当てたら、起動やWebブラウザの動作が早くなった。こりゃいいや。

※Appleの公称上限を超えるメモリ増設はを推奨するものではありません。実施される方は自己責任でどうぞ。


MacBook Pro の内蔵光学ドライブをHDDに換装

 先日、愛機MacBook Pro 13インチ(Mid2010)のメモリを4GBから8GBに増設するついでに、内蔵光学ドライブをHDDに換装した。

 アマゾン購入した換装キットは恵安の「光学ドライブ用 HDD/SSDマウンタ MacBook対応 KD095-M」というやつ。
20121213_DVD_kansou1
 怪しげなパッケージで届く(笑)。
20121213_DVD_kansou2
 何かから外して死蔵してあった128GBの2.5インチHDDを装着。この部分はネジもなくコネクタに差し込むだけ。
 あ、MacBook Pro内部の写真を撮りわすれた(笑)。
20121213_DVD_kansou3
 ってことで、無事に256GBのSSDと128GBのHDDの2台が接続された。
20121213_DVD_kansou4
 外した光学ドライブは、外付け用ケースに収めてUSB接続で使うのだが、取り出したのはスロットローディングなので、ケース付属のフタが使えない。表面むき出し状態。まぁケースがプラスチックで安っぽいし、このままでも動作に支障がないのでいいや。


今更ながらメモリ増設

 某Mac専門誌の読者プレゼントに当選して、Mac用メモリ DDR3 PC3-10600(1333MHz) 4GB 2枚をいただいた。
 自分のMacBook Pro 13″(Mid 2010)の対応メモリは DDR3 PC3-8500(1066MHz)だが、互換性があると聞いた。
 が! 4GB 2枚を差しても認識されず、MBPが起動しないよ。いろいろ試したりググって調べたりしたが、どうも、この機種は10600の下位互換には対応していないそうだ。(´・ω・`) 10600 4GBと元の8500 2GBの組み合わせだと起動し、遅いほうの仕様に合わせられ4+2の6GBとして認識される。
 ちょっとアレだけど、どうせ頂き物のメモリだし、これで我慢する。同じ容量・規格のメモリを2枚セットで使わないとデュアルなんとかっていう機能が働かないらしいが、それによる遅さは実感できないし。

 ついでに、嫁さんのMacBook (Early2009)と家族共用のMacbook(Early2008)も、それぞれ2GB(1GB+1GB)から4GB(2GB+2GB)に増設。もちろんこちらは購入したんだけど、DDR2 PC2-5300(667MHz)の2GB 2枚セットが3千円って、だいぶ安くなったねぇ。


昔必須だったソフトたち

ラムダブラー、スピードダブラー、コンフリクトキャッチャー
 引越のため荷造りを進めているのだが、押入を整理していたら、懐かしいソフトたちが。
 ラムダブラー、スピードダブラー、コンクリクトキャッチャー……。昔、とてもお世話になったソフト。
 使っていたローエンド向けMacなんかは搭載メモリ32MB(搭載上限128MB)でその増設メモリが数万円もした時代に、仮想的にメモリを2〜3倍に増やすラムダブラーは、特に重宝した。

 他に、TowerIIやらHyperCardやらクラリスワークスやら、今使ってるインテルMacでは動かないんだけど捨てられないパッケージもちらほら。うーむ(笑)。

 注:アップルに敬意を表し、HyperCardのリンクはウィキペディアの記事に設定しといた(笑)。

 と、思い出に浸ってばかりいないで、荷造りだ。


MG MS-06R 高機動型黒い三連星ザク Ver.2.0 製作(1)

 このキットの正式な商品名は、たぶん「MG MS-06R 黒い三連星ザク Ver.2.0」なんだろうな。
 ってことで、06R Ver.2.0の製作。

 今日は、脚部フレームを作成。

MG MS-06R
 足首。量産型ザクと比べると、足の甲が高くなっているのが分かる。フレームは同じで、外装だけが変更されているのだけれど。

MG MS-06R
 下腿内部に高機動ユニットが増設されてた関係で、膝の可動が制限されてしまい、90度程度までしか曲がらなくなった。
 量産型ザク Ver.2.0の登場時に衝撃を与えた「立て膝かがみポーズ」は、この06Rはできそうにないね(笑)。


MacBookにWindowsXPをインストールなメモ

 Intel CPU搭載のMacでWindowsがネイティブ起動させるためのツール BootCamp1.1.2βによる、MacBook(2006前期モデル)へのWindowsXPインストールを行った。

 その方法は至極簡単だし、すでにいろいろと報告されているが、今回俺がつまずいた事について、メモを残しておく。

・WinXPのセットアップ開始時、キーボードを選ぶところで、Mac(特にノート機)は、キー配列が違い、下手なのを選ぶと、後で苦労する。とりあえず、[S]その他のキーボードに進み、USキーボードなら「USB Keyboard」を、JISキーボードなら「106 Japanese Keyboard」を選択しておけば良さそうだ。

・AirMacによる無線LAN。インストールに失敗する確率が高いっぽい。ドライバインストール4回目で、やっと認識された。
 Winの場合、プラグアンドプレイに対応していない機器のドライバを後でインストール/更新するのは、どこでやるのか分からなかった。分かったあとも面倒。Macの場合は、ドライバが提供されていれば、それを環境設定に放り込めばいいだけなのに。

・分かっちゃいるが、deleteキーの挙動がまるで違うので、戸惑う。

 こんなところかな。MacはIntel CPUを搭載していてもBIOS起動ではないし、レガシーポートは一切ついていないので、その辺りのドライバが一部悪さをしているかもしれない。微妙な所であり、まだ個体差による影響も多いかも。
 でも、基本的なドライバはアップルから提供されているし、エミュレーションではないので、予想以上に快適な動作速度だ。

 そもそも、ネイティブでMacOSもWinも動くのはMacだけだ。MacならMacOSもWinも動く。PCではMacOSは動かない。これだけでも惹かれるね。
 Winに固執して居ない場合は、特にMacを薦めやすくなったのは、間違いない。

 ちなみに、Windowsは、Mac用増設メモリと一緒に購入したXP/HomeのDSP版。正規ユーザーです(笑)。


HDD増設

 HDD容量。今まで使ってたPowerBookG4が80GB。今回購入したMacBookのは60GB。
 PBG4は自分でHDD交換するのが大変だったので、当時の最高容量をチョイスしたが、MacBookはバッテリーと中のカバーを外せば、簡単に交換可能ってことで、当初搭載は60BGの機種を購入。
 で、120BGのHDDを買ってきて、自分で交換。

 容量が増えたので、数年ぶりに2パーテーション体勢にしたよ。


防止策は?

 JR東日本、障害時のイライラ解消に70億円投資 (2006.07.04 Yahoo!ニュース[社会]) というニュース。

 相次ぐトラブルにも、「原因はそれぞれ異なっていて一概に論じられない」との構えだった同社だが、利用者からの批判を重く見て、対策に本腰を入れる。

 へぇ……。その内容は?
 事故や故障などで列車がトラブルを起こした時に、係員の現場到着までの時間を短くするために待機拠点や人員を増やす。情報入力を行う端末の増設。遅延証明書をHPからも発行できるようにする、等々。
 って、どれも事後対策ばかりじゃん。

 事故防止についての対策も、具体案を示して、早急に進めろ。


メンテ明け

 ○CNのブ□グ人の36時間にも及ぶメンテが終了したそうだ(実際にはもう少し早く終了したようだが)。
 何を施したのかわからんが、とりあえず現時点では、うちから送ったトラックバックは相変わらず受信してくれない。

今回の工事では利用者の増加に伴う高負荷回避に備え、設備の増設並びに新データセンタへのハードウェアの移設工事を実施いたしました。

今回の工事に伴い、お客様が工事の終了後に記事を投稿し、投稿したブログを閲覧した際に投稿された記事がブログに反映されていない事象が発生する場合がございます。この事象は移設に伴って発生する事象であり不具合ではございません。工事終了後、数時間程で解消されるものとご理解ください。

 ふーん。メンテ終わってから数時間は経過しているはずだが……。

 追記。
 今、上記のメンテ情報記事にはトラックバックが送れた。
 が、一般ユーザーのブログはダメ。

 追記(2005.03.25)
 再挑戦。あにオヤジ: 36時間過ぎると にTB送ってみる。
 5分待っても送信完了しないので、停止させた。

Tag(s) [ブログ]


遅い、遅いよ!

 丸一日、Bフレッツ回線の不具合で接続できなかったのが、やっと繋がった。

 そろそろ深夜零時。この時間帯はネットワーク全体が重たい訳だが……。
 でもね、FC2の第二サーバだけは特に重たい!
 ただ表示に時間がかかるだけなら、まだいい。それこそ、大昔(笑)にアナログモデムでダイヤルアップ接続してた時代に比べれば超高速なんだしね。
 しかし、コメント投稿しても、実際に保存されず消えるし、管理者ページにもアクセス困難で、記事編集に支障をきたしている。
 最初は、第二サーバが特にひどいってのを、自嘲交じりにネタ記事にしてたりもしたが、正直いって、その当初から、少なからずイライラしてたんだよね。
 FC2全体としては、スタッフの熱意が伝わってくるが、この第二サーバだけ重たい現象については、あまりにも歯切れが悪いように思う。
 せっかくいただいたコメントが反映されないという苦情を、訪問者からもらっている。
 新規サーバ増設などのリソースを、もう少しだけ、第二サーバの改善にも向けてもらえないだろうか。これ、特別扱い視かなぁ。逆に、公平さの観点からいったら、現在の第二サーバは不利益を被っている部類だと思うのだが。