Hがなくなった

 物心ついた頃から、もとい、初めてシャープペンを使ってからずっと30年以上、芯はHBを使っている。それを今日、初めてBにしてみた。
 そしたらさ、すげー書きやすいのよ。
 現在、国家試験受験のために資格学校に通っているのだが、そのマークシートへの記入も楽々。線や図形を描くのもスイスイ。
 今までよりもちょっと柔らかい芯を使う事で、力を減らせて、手首の負担も軽くなったような気がする。

 歳とともに、知らぬ間に筆圧も低下してたんだろうか?(笑)
 ”Hの分量”が減ったのも歳のせいか?(笑)

 いや、冗談ではなく、本当に楽になったんだよね。
 今後はシャープペンの芯はBにしようと思う。

その力、ララァが与えてくれたのかもしれんのだ!

 にゃぁが寝ているそばを通ったら、足にじゃれついてきたのよ。
 おー、よしよしって、もふもふして、しばし遊んでいたんだけども。

 いきなり引っ掻かれた(´・ω・`)。
iphone_20101117222917.jpg

 ヘルメットがなければ即死だった。まぁ、このくらいの傷は日常茶飯事だけどもね。
 酒飲んでるから赤く写ってるけども、実際にはたいした傷ではない。

 しかしね、引っ掻いた直後に、仰向けになってゴロゴロいってるんだよ。
 ツンデレ!?

WB隊ほどの技量はないと思うのだが

 痛いニュース(ノ∀`)/慶応大教授「ガンダム内閣」

1 名前: ノイズc(宮城県):2009/09/18(金) 15:15:18.66 ID:15V/vswF ?PLT
公共経営論が専門の上山信一慶応大教授(51)
「理系の首相らしく綿密に設計された顔ぶれで、経験は浅いが力を発揮しそうな『ガンダム内閣』。課題が山積する国交相にタフな前原さんは適任で、亀井さんを金融・郵政改革相にしたことで、逆に過激な言動を封じられる。

自民党のような論功行賞や、人気取りのために民間人を起用しなかった店も評価できる。
予想以上にまともな布陣で90点」
ttp://sikosiko.s8.x-beat.com/src/up3654.jpg

 えー!? 過大評価しすぎだろ。
 民間人起用してないのは、WB隊との大きな違いのひとつだし。ガンダムとの接点は皆無だ。

まだだ! まだおさまらんよ!

 昼頃にさらに痛みが増してきた。うー。痛風っぽいな。まだ腫れてはいない。昼食後、ロキソニンとセルベックスを飲む。
 しかし足首ってのはかなり辛いな。親指や足の甲が痛むなら、そこをかばって何とか誤魔化して歩けるが、足首は、どんな歩き方したって力がかかるもんな。参った。

クレイジーケンバンドがメジャーデビュー

 クレイジーケンバンド、メジャーデビュー (2009.05.13 サンスポ)

 男、49にして起つ−。横山率いるクレイジーケンバンドが、結成12年目でメジャーデビューだ。

 えー。今までインディーズだったとは意外。既に大御所の風格なんだが。

 ♪ オレの話を聞け〜。サビのシャウトが印象的な「タイガー&ドラゴン」はTBS系の同名人気ドラマ主題歌で、フジテレビ系「とくダネ!」の芸能デスク、前田忠明氏(67)のテーマ曲でもおなじみ。アルバムは05年以降、毎年1枚ずつオリコン週間チャートのベスト10に入る。

 名実ともに人気バンドだが、実はこれまでインディーズで活動してきた。横山は「基本的に僕の考え方はインディーズ的にでもなければ、メジャー的でもなく、きわめてマイスタンダードなもの、つまり『規格外』なものでありますので、どちらかに振れることなく、それぞれの一長一短を冷静に俯瞰して参りました」と説明する。

 しかし、昨年6月からユニバーサルが移籍交渉を開始。担当者がライブに足繁く通った結果、同社内に初の個人レーベル「ダブルジョイ・インターナショナル」を設立することで合意に達した。

 横山は「『大は小を兼ねる』という想いと、専用レーベルを設立させて頂くという難解な条件を呑んで頂けたことが私の背中を押したわけでございます。ルーキーになった気持ちで勇往邁進したいと存じます。イイネ!イイネ!イイネ!」と決めゼリフで宣言だ。50代を目前にして原点回帰、その生き様でオヤジ族に活力を与える。

 メジャーの力で、テレビ出演とかも増えるのかな。ともかく、これからも「かっちょいいオヤジ」でいて欲しい。

エネループもパナソニックから発売になるのだろうか?

 パナソニック、三洋電機を買収か? (2008.11.01 CNET Japan)

 11月1日、パナソニックが三洋電機を買収する方針にあると、複数のメディアが報じた。

 パナソニックと三洋電機は、4月にも資本提携に関する報道がされたが、両社は報道を否定している。

 三洋電機はここ数年、業績回復のため再建に向け取り組んできた。2007年10月には携帯電話事業を京セラに譲渡。一方で太陽電池、リチウムイオン電池といった得意の電池事業に力を入れ、2009年3月期第1四半期の決算では、前年同期比で6.5%増の4797億円の増収へと結びつけている。

 うはー。別にパナソニックは嫌いではないが、エネループとザクティを愛用する者としては、この買収話が事実なら寂しい限りだわ。仮にパナソニック傘下になったとしても、サンヨーブランドはずっと残してほしいなぁ。ビクターみたいに。

スポイト

 今度買ったコンタクトレンズのケアキットには、スポイトがついている。
 もちろん、コンタクトレンズ用スポイトの存在は昔から知っているが、こんな物、怖くて使えない。
 スポイトといっても、先が小さい吸盤になっている。
 通常、コンタクトを外すには、−−文章で説明するのは難しいのだが−−指で目尻を少し引っ張りまばたきをして、瞼で弾き出すのだが、そうやって外せない場合は、このスポイトをあてて取り出せというための器具だ。
 しかし、開いた目にスポイトの先端(尖状じゃなく吸盤になっているとはいえ)を触れさせてコンタクトを拾い出すなんて、怖いし、まばたき式よりかえって難しいような気がするが。
 力加減によっては、かなり痛いぞ。

99→100

 うちの近所のショップ99が一昨日閉店。今日、ローソンストア100になった。
 1年くらい前に、ショップ99とローソンの業務提携が発表された時、ローソンが吸収合併するかもと思ったが、その後、いつの間にかローソンが筆頭株主になってたんだ。

 ショップ99の広報ページによると、

株式会社九九プラスは、2007年3月に業務・資本提携し、2008年1月に筆頭株主となった株式会社ローソン(本社:東京、社長:新浪剛史)および株式会社バリューローソン(本社:東京、社長:河原成昭)との取り組みを本格化しますので、お知らせいたします。

 1.グループ統一PBブランド「バリューライン(VL)」商品の発売
 2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 3.新フランチャイズ・チェーン(FC)パッケージによる試験店の展開
 4.ATM(現金自動出入機)の試験導入
 以上です。

2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 ◎店舗名称を「ローソンストア100」にして出店します。
 ◎価格は一部商品を除き100円(税込105円)、売場レイアウト・棚割り・什器備品は「SHOP99」の仕様をベースに展開します。
 ◎中食は全品、バリューローソンとの共同開発商品を販売します。
 ◎1号店は2月26日オープン予定の「中野南台店」(東京都中野区)。3月までに7店出店(関東エリアを予定)を見込んでいます。

【検証点】
 ◎ローソンのブランド力・MD(商品政策)力、九九プラスのオペレーション力・MD力といった両者の得意分野を合体。より収益性が高く、集客力のある店舗フォーマット構築を目指します。
 ◎他社生鮮コンビニ、コンビ二エンスストア、100円ショップ、食品スーパーなどに対する競争力を検証し、お客さまにいっそう支持される店舗作りを進めていきます。

 との事で、試験店舗なんだね。んでも、目と鼻の先に本家ローソンもあるんで、ちょっと鬱陶しいぞ。

 ともかく、店内に流れる強烈なテーマソング「♪ あなたも私も きゅっきゅきゅきゅっ! しょっぷ きゅっきゅ きゅっきゅきゅきゅっ!」 ってのが聞けなくなるのが寂しい(笑)。

FC2WIKI

 FC2インフォメーション:FC2WIKIサービス開始!

 FC2でもwiki(ウィキ)サービスを始めたのね。この仕組み、かなり気になってたんだよね。いや、wikiについて詳しくは知らないんだけど(笑)。
 ZAKULOGはwikiにしようかなぁ。

 最近の新サービスの中では、歓迎の機能だわ。
 あ、しかし、くどいようだが、ブログの不具合の修正にも力を注いでくださいませ(笑)。

グレンラガン再放送

 アニメネタが続く(笑)。
 先日無事(?)最終回を迎えた「天元突破グレンラガン」。間髪入れずに再放送される。
 かつての「機動戦士ガンダム」「超時空要塞マクロス」なんかみたいだね。

 ガイナックス製作、昭和時代のスーパーロボットアニメを意識した演出、それを踏まえて繰り出されるパロディ。俺も毎週楽しませてもらった。
 なんだかわからん力で勝つ。変形合体。技の名前を叫ぶ。熱い友情。ひと目でわかる各キャラのポジション……。
 さらに、「お前は、お前を信じる俺を信じろ、ダチ公!」とか「今まで、気合いでなんとかしてきた!」と言われると、そのとおり!と頷いてしまうしかないわけだよ。四十過ぎのおっさんとしては。

 (下衆な期待だが)マクロスの時は最初の再放送でいくつか修正が加えられていたけれども、グレンラガンはどうなのだろう(笑)。