Hがなくなった

 物心ついた頃から、もとい、初めてシャープペンを使ってからずっと30年以上、芯はHBを使っている。それを今日、初めてBにしてみた。
 そしたらさ、すげー書きやすいのよ。
 現在、国家試験受験のために資格学校に通っているのだが、そのマークシートへの記入も楽々。線や図形を描くのもスイスイ。
 今までよりもちょっと柔らかい芯を使う事で、力を減らせて、手首の負担も軽くなったような気がする。

 歳とともに、知らぬ間に筆圧も低下してたんだろうか?(笑)
 ”Hの分量”が減ったのも歳のせいか?(笑)

 いや、冗談ではなく、本当に楽になったんだよね。
 今後はシャープペンの芯はBにしようと思う。


この記事へのトラックバックURL: https://between.musoubitokikaku.com/archives/12097/trackback

2 thoughts on “Hがなくなった

  1. あたしはずっとFでした。で、時々Hを使ってたりしてた。
    けど、今はシャーペンって殆ど使わないな・・・と思う。筆圧は高い方だったけど、あたしも低下してるかもしれませんね。

  2. むつみさん江
     俺も、今はシャープペンは学校以外ではほとんど使わないです。
     仕事でもプライベートでも、ペンを使うのはメモ程度か自署が必要な公文書や届出かのどちらか極端なものばかりですから、ボールペンか万年筆ですね。メモなら見え消し線でもかまわないし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください