iPod再修理

iPod再修理の集荷伝票
 ちょうど2週間前に修理に出して、3日後に異常なしとして返却されてきた我がiPod 5.5G。しかし、その後も症状は変らず。
 再度の修理を申込み、先程、引き取られていった。来てくれた運送業者さんは、前回と同じ人でした(笑)。
「先日修理依頼し異常なしとして返却されたが、不具合は発生する。曲を聴き始めて10分の時もあるし2時間後の時もある。Macに新規ユーザを設定し、そこで新たにiTunesにCDを1枚読込んだのみの状態で、iPodの復元と同期をおこなった後のiPodでも同様の症状がでた。十分検証してください」と説明したけど、どうなるかなぁ。


ジオン公国軍 識別標

 オリジナルドッグタグの通販サイトをやっている某店に相談したんだけど、やっぱり公国章が入るのはダメだと言われた(笑)。
 オリジナルマークのレーザー加工と、裏面への刻印ができるってことなんだけど、まぁ、著作権違反になるからなぁ。
 しょうがないので、自分でCG加工して仮想で作ってみた。

dogtag200.jpg
 初期の「アルティメット・オペレーション」に付属してきたアルミプレートのドッグタグの裏面に文字を合成しただけ。

 先程まで1日間のみタイトル背景に使っていたんだけど、ちょっと鬱陶しいので、またシャアザクの蹴りに戻した(笑)。

 だれか、実物を作ってくれないかなぁ。

Tag(s) [ガンダム][ネタ][食玩]


「惑星大怪獣ネガドン」を観た

 先程、日本映画専門チャンネルで、「惑星大怪獣ネガドン」を観た。

 30分という短い尺なので、ネタバレもくそもなく、ストーリーは、ひょんな事から地球に飛来した宇宙怪獣に、おちぶれた科学者が開発凍結された巨大ロボットに乗り込み立ち向かうという、後にも先にもそれだけのものだ。
 だけど、日本特撮映画に対する愛情を感じる。
 フルCG作品なんだけど、50年前の特撮映画へのオマージュになっている。っつーか、最近の変にCG処理した特撮映画よりも特撮っぽい画面。
 設定は昭和百年。全編レトロフューチャーなわけよ。青っぽい宇宙空間なんて、もう俺らの世代にはニヤリだね。
 フィルム傷やノイズを入れているのは当然として、海からカタパルトがせり上がるシーンでは水面のスケール感がどうみてもプール撮影っぽいし、ラストシーンでは、一瞬だけ吊り糸が見えたり。こだわりを感じる。

 何しろ、CG部分は粟津順監督が2年かけて作った自主製作というのが、熱きを感じる。
 機会があれば、ぜひ観ていただきたい。

 ねこぱんち!
DREAM/ING111:祝!上映延長決定★惑星大怪獣ネガドン


ふふふ、腐ったブログに属さねば貴様も苦しむことはなかっただろうに

 まずは、先程の記事を訂正させていただく。

 昨夜のFC2の重さは、推定0.1ブログ人程度、に訂正。

 今さらながら、俺はブログ人出身だ。あそこでブログを始めて、ブログの楽しさと、仕組みや管理の定石などを勉強させてもらった。
 今でも、巡回サイトのほとんどは、ブログ人で運営されているところだ。オフ会でお会いして、より親近感が増し、ブログ記事の行間をも感じ取れるというような、サイトも少なくない。
 しかし、今、そういう、アクセスしたくてしたくてしょうがないブログに、自由に入れない状態が続いている。
 RSSリーダーに粗方受信するので、内容はわかる。なので関連記事を書いても、トラックバックを送る事もできない。当該記事に実際にアクセスして全文を読むことができないから、その記事のTB用URLがわからんのだ。
 FC2の重さの比じゃないし、なんかサポートの対応も相変わらずだし。

 ブログ人の運営者、もはや、やる気が全然ないんじゃねーの?

 まじに、まだ残してあるアカウントで、批判ブログを立ち上げようかな。
 なめんなよ。あんまりひどいと、つぶすぞ、まじに。

 一人でも突破し目的のブログに辿り着くのだ。我々の真実の戦いを後の世に伝えるために!(ガンダムネタ)


第2サーバ不調?

 先程まで、当ブログのトップがエラーで表示されない状態が続いていた。
 問い合せメールは送っておいたんだけど、まだ原因不明。今は直ってるね。

 昨夜の、第2サーバがすごく不安定な時に更新したから、タイミングが悪く、DBが狂ったのかなぁ。
 その時に書いた記事は消えちゃったけど、まぁ、とりあえず元に戻ってよかった。

 それにしても第2サーバだけトラブルが多いぞ。


ブログ人が重たい!

 なんか先程深夜1時前後、ブログ人全体が重たかった。
 どのサイトに行っても、画面真っ白。良くてテキストだけの表示。
 イライライライラ……。

 さては、あのお方がブログ人に引越してきたのか!?(笑)

 冗談はともかく、年が明けてからのブログ人、挙動不審だよね。

 一応、立ち読みのススメ: なぜうちだけ? に、ねこぱんち。あるてぃさんとこだけじゃなかったよ。


びと辞苑「えいごう」

えいごう[永劫]
無限に長い年月。未来−−。

 おっさん達が校庭に集まる。その中にひとり子供。
「ケンちゃん、ひさしぶり!」
 おっさんのひとりが、子供に近づく。
 ケンちゃん、と呼ばれた子供は、露骨に不審な表情を浮かべる。
「ケンちゃんは、昔のままだなぁ」
「うん。昔のままだ。だけど、それがいいんだよね。ケンちゃんは、頭もいいし面倒見もいいし、俺達のリーダーだったから」
 その時、
「お前達、正気かよ……」
 ケンちゃんが、つぶやいた。
「正気って……。ケンちゃん、どうしたんだ。俺達、ケンちゃんだけが頼りだったんだよ。今も同じさ」
「だけど……もう、やめよう。同窓会は、今年で終わりだ」
「早く死んじゃったのは、残念だけど、でも、幽霊だとか、そんなの、全然、気にしてないよ」
「あのな、俺は迷惑なんだけど……こんなの、やっぱり変だよ。もう、放してくれ。俺は、ここには居たくない」
 ケンちゃんが、沈んだ声で、そうつぶやく。
「ケンちゃんは、強い子じゃん」
「俺たちを、見捨てないでくれよ」
 おっさん達が、口々に訴える。
 ケンちゃんは、意を決したように、おっさん達に向かって怒鳴った。
「だけど……もう、幽霊につきまとわれるのは、嫌なんだよ。悪いけど。もう、出てこないでくれ! 頼む、成仏してくれ!」

 ……。

「どうですか」
「あ、教授。先程から、脳波が少し強くなってます。今、目が覚めたのでしょうか」
「もう70年も生きているんだな、この「脳」は」
「はい。私も、面倒を見はじめて、かれこれ5年になります。最近は、話しかけると、ちゃんと返事してくれるんですよ。見てくださいよ、その脳波ゲージを。……ケンちゃん、ケンちゃん……おはよう!」

→びと辞宛 


2003/08/13

2003/08/13/水

夏季休暇最終日。
家族の「お父さんの行きたい所へ」との優しい言葉に甘えて、松戸駅前のバンダイミュージアムへ(笑)。6月に旧「コントンタウン」からリニューアルしてオープンした施設で、ぜひ行きたかったのさ。
もちろん、ここの7〜8階にあるガンダムミュージアムが目的。


ホワイトベース風の扉が開き中に入ると、まずスペースコロニー開発の歴史。
その次の部屋は、いきなりザクのダメージヘッド(実寸か?)。圧倒される。地球連邦軍が接収したザクを研究した成果を展示しているコーナーという設定らしい。時々モノアイが光る。


途中、BB弾を発射するザクマシンガンの試射コーナー(今回はやらなかった)やらを経て、最後はガンダムの格納庫。胸像ながら、実寸のガンダムは、でけぇ!って感じ。感動したぜ!


出口には、しっかりミュージアムショップがある(笑)。缶バッジ9種全てを購入。それと、ピンバッジのガチャ。11回やって7種類ゲット。まあまあの成果だな。
さらに進むと、ガンダムカフェがある。先程の実寸ガンダムを見ながらお茶を飲む。んー、最高!
いや〜楽しかった。

息子も、着々とガンダム好きに育っているし、満足。満足。