一次試験終了!

 国家資格の学科試験が終わった。
 大昔に2度、そして去年も受けているので、今年は都合4回目。昨年は惨敗だった。

 昨年もそれなりに一生懸命だったんだけど、独学の限界を感じて、今年は資格学校に通学して、昨年にも増して勉強したよ。
 で、今年。手応えはあった。合格の自信もかなりある。でもね、ひとつの科目がスゲー難しかったよ。この試験は、各科目25問が4科目、全て五肢択一式なんだけど、いわゆる「過去問」でまったく見た事がない選択肢がたくさんあった。しかもそれが俺の苦手な科目だったから、「ギリギリ合格だな」って予想してた。

 試験を終えて、その足で資格学校へ行って、解答速報に照らして合否予想をもらう。
 ちなみに、問題冊子には計算などを書き込んでいい。試験終了まで在席していたら、それを持ち帰れる。なので、自分の選んだ選択肢に○をつけたりしておくわけね。資格学校も、社員かアルバイトなんかを受験させて問題冊子を持ち帰ったりしてるんかね。それともすぐに問題は公表されるんだっけ?
 閑話休題。解答速報。その結果は、予想以上の得点だったわ。

合否予想

 正解率によって補正されることもあるが、例年の合格ラインは、各科目13点以上かつ合計で60点以上。余裕じゃん!(笑)
 五肢のうち三つは消して、残り二択までにはできて悩んだ問題も意外と合ってるのがあった。ってことで、まぐれ当りもあるんだけども、正解は正解だよね(笑)。

 次は、9月の実技試験へ向けて、引き続き、通学する。学科よりもっと大変なんだよな。
 ともかく、やるぞ。

桑田佳祐さん、早くよくなって!

 桑田佳祐さん初期の食道がん 全国ツアーをキャンセル(asahi.com 2010.07.28)

 サザンオールスターズのボーカル桑田佳祐さん(54)に初期の食道がんが見つかったと28日、所属事務所が発表した。「幸いにも早期発見により初期段階での治療で済む状態」という。

 8月中に入院し、手術する予定だ。療養のため、10月20日の新アルバム発売を延期し、10月28日から年内いっぱい予定されていた全国ツアーのスケジュールもすべてキャンセルする。新シングルは予定通り8月25日に発売する。

 桑田佳祐さん……サザンオールスターズといえば、俺が中学生の頃のデビュー以来、ずっとファン。
 最近、TwitterのTL(タイムライン)でも仲間と共感しあったのだが、桑田さんの作詞・作曲は希有の天才だと思う。
 軽妙に韻をふんだ小気味良いちょっとエッチな詞。俗っぽくいえばそれまでだが、桑田さんは、ちゃんと女性の事を大切に思い、男女というもの——と敢えて言わせていただく——を素晴らしい事だと理解されている方だと思う。一見すると悪ふざけっぽいけど、そういう事をきちんとしたうえでのふるまいで、男がみてもあこがれる、かっちょいい人だ。
 バラードから激しい曲まで、なんでも巧みに作ってしまう、すばらしき才能。

 食道がんということで、仕事柄もっとも大切な咽については心配だが、これはもう、大丈夫だと信じて待つしかない。
 新作アルバムの発売延期もちょっとさびしいけど、今までのたくさんの曲を聴いて待ってます。
 桑田さん、大変でしょうけど、ゆっくりしっかり治療・養生して、またお元気に復活されるのを心から祈ってます。

た、ち、あ、が、れ、立ち上がれ♪

 先日結成された政党。その党名から主題歌の一節を想起し、すぐにガンダムっぽい!と思ったのだが(ツイッターでも、そういう意見が多数だった——まぁ俺のタイムラインなので同じような嗜好(指向)の人が多いというのもあるけど——)、その政党名の英語表記が……。
 この政党の関係者に、ガンダム好きがいるのを確信した(笑)。

藤田まことさん、お疲れさま。

 去る2月17日朝に、俳優の藤田まことさんが逝去された。
 昨日、ツイッターのタイムラインでその訃報を目にした時は、「ソース(信用できそうな情報元)出ないでくれ……」と願ってしまった。まじに。

 俺にとって、藤田さんといえば、もう中村主水につきる。物心ついた頃から……と言ったら大袈裟だが、小学生の頃から見ていた「必殺シリーズ」の代名詞と言っても過言ではないキャラクターの主水は、格好良かった。
 昨年前半の「必殺仕事人2009」にも出演され、確かにかつての「キレ」は無くなっているなぁというのは否めないながらも、痛々しさというのは無く、やはり「必殺」の顔として、大きな存在感を持っていたのが嬉しかった。

 ともかく、好きな役者さんが、また逝ってしまった……。

 ご冥福をお祈りします。

準備完了

 アップルケア サポートラインに電話をして、iPhone3G/8GBのAPP(Apple Care Protection Plan /アップルケアプロレクションプラン)の解約申込をした。APPはアップル純正の延長保証で、加入すると、保証やサポート相談がiPhone購入日から2年間になる。先日iPhone3GS/32GBに機種変更したので、3G用のを解約した次第。
 これ、解約すると、残期間分を日割計算で返金してくれるんだよ。3Gは去年の7月12日に買ったので、今日付けのAPP解約で、約半額が返金される。
 APPは、対象製品を譲渡する時に一緒に譲渡できたり、解約返金があったりと、なかなか良心的な延長保証サービスだと思う。アップル品質。

 それと、ソフトバンクショップに行って、分割支払金の残金を一括払いにする手続きもしてきた。

 これで、iPhone3Gを売り払う準備は整った。

フロイライン リボルテック ヨーコ

 そろそろ新しいデッサン人形が必要かな? と思い、フロイライン リボルテックのヨーコを購入(どこかと同じような前振りだが、気にしない)。

フロイライン リボルテック No.010 ヨーコ フロイライン リボルテック No.010 ヨーコ

海洋堂 2008-10-01
売り上げランキング : 22
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 評判の良いフロイラインシリーズだからね、発表された時から欲しかったし、ちゃんと発売日に量販店に行ったのよ。しかし、店頭で実物を観て、その日は購入をやめた。
 だって、顔が違いすぎるんだもん。目が変なんだよね。積まれた商品全部(いや、全部は確認してないけど、20個くらいは見比べた)が同じように変な顔だったので、こういう仕様なんだろう。
 しかし、フロイラインはひとつは欲しかったので、思い切って購入。さらに思い切って、目を修正してみる。

 ↓修正前
フロイライン ヨーコ 修正前

 ↓修正後
フロイライン ヨーコ 修正後

 あまり変わってないかもしれないけど、こういう作業は上手じゃないので、いじり過ぎると元より変になるだろうから、お手軽なレタッチのみで。
 瞳の輪郭を少し太く、マスカラっていうの? 瞼の上の睫毛ラインを目尻側へ少し引っ張るように修正。
 本当は眉毛も消して書き直したかったんだけど、それで大失敗したら嫌なので、このくらいでやめた。

 可動は、さすがリボルテック。プロポーションも文句なし。うむ。デッサン人形として申し分ないね。

マクロスF(第10話)を観た

 劇中劇?で、マクロスゼロの撮影をしているエピソード。もちろん、それ自体に重点はないんだけど、面白いな。マクロスシリーズは全作品がちゃんと歴史のライン上につながっている設定なので、今回のFからみたらゼロは60年くらい前にあった史実だから、こういう描写もありなわけだね。

99→100

 うちの近所のショップ99が一昨日閉店。今日、ローソンストア100になった。
 1年くらい前に、ショップ99とローソンの業務提携が発表された時、ローソンが吸収合併するかもと思ったが、その後、いつの間にかローソンが筆頭株主になってたんだ。

 ショップ99の広報ページによると、

株式会社九九プラスは、2007年3月に業務・資本提携し、2008年1月に筆頭株主となった株式会社ローソン(本社:東京、社長:新浪剛史)および株式会社バリューローソン(本社:東京、社長:河原成昭)との取り組みを本格化しますので、お知らせいたします。

 1.グループ統一PBブランド「バリューライン(VL)」商品の発売
 2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 3.新フランチャイズ・チェーン(FC)パッケージによる試験店の展開
 4.ATM(現金自動出入機)の試験導入
 以上です。

2.「SHOP99」、「ローソンストア100」の統合を目指した試験店の展開
 ◎店舗名称を「ローソンストア100」にして出店します。
 ◎価格は一部商品を除き100円(税込105円)、売場レイアウト・棚割り・什器備品は「SHOP99」の仕様をベースに展開します。
 ◎中食は全品、バリューローソンとの共同開発商品を販売します。
 ◎1号店は2月26日オープン予定の「中野南台店」(東京都中野区)。3月までに7店出店(関東エリアを予定)を見込んでいます。

【検証点】
 ◎ローソンのブランド力・MD(商品政策)力、九九プラスのオペレーション力・MD力といった両者の得意分野を合体。より収益性が高く、集客力のある店舗フォーマット構築を目指します。
 ◎他社生鮮コンビニ、コンビ二エンスストア、100円ショップ、食品スーパーなどに対する競争力を検証し、お客さまにいっそう支持される店舗作りを進めていきます。

 との事で、試験店舗なんだね。んでも、目と鼻の先に本家ローソンもあるんで、ちょっと鬱陶しいぞ。

 ともかく、店内に流れる強烈なテーマソング「♪ あなたも私も きゅっきゅきゅきゅっ! しょっぷ きゅっきゅ きゅっきゅきゅきゅっ!」 ってのが聞けなくなるのが寂しい(笑)。

6年待ったのだ……!

 今日は、4月期人事異動の内示を受ける日だった。実は3日前に内々示は聞いていたのだが、これほど、躍る心で内示を待った事があっただろうか。

 異動先は、千代田区。

 待ちに待った時が来たのだ! 東京よっ! 私は帰ってきたーーー!

 昇任ではないが、それは自分の不徳のいたすところであると、重々承知している。役職現状維持(ラインポストに残れただけマシか(笑))で長距離新幹線通勤が解消される第一希望の勤務地への異動ってだけで、まずは感謝しなきゃいけないと思う。通勤時間110分が35分になり、通勤手当上限超過分である年間数十万円の自費負担がなくなるんだからね。

 と、浮かれるのはここまで。
 当然、どこに異動しても職務は職務。さらに「甘えの理由」もなくなるわけだし(笑)。